このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

デスクの引き出しに常備したい!小腹が減ったら【生】のアーモンド

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2017年7月12日

仕事中、小腹が減ったらデスクでついつい何かつまんでしまう人にオススメの「生アーモンド」。老化防止や消化酵素の活性化に効果を発揮する「生アーモンド」について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「生」にはビタミンEが豊富に含まれている

アーモンドは「生」「ロースト」「フライ」の3種類がある。ローストアーモンドやフライアーモンドと比べると、生アーモンドの方がビタミンEの含有量が優位に多いのがオススメする理由。ビタミンEは、抗酸化作用に優れているそう。脂溶性ビタミンとして細胞膜に存在し、老化の原因である活性酸素の攻撃から、細胞膜を守る働きをしてくれる。

2. 「生」なら「生きた酵素」が摂れる

アーモンドに火を通してしまうと、酵素が変性して効果を発揮しきれないといわれている。生きた酵素を体に摂り入れ得るなら、生がいいのだ。
生アーモンドは食べる前に12時間水に浸し、水を切って洗う。浸水中には1〜2回水を換えよう。水に漬けるのは、発芽を促し、アーモンド中の酵素を活発にするためだ。また、ミネラルの吸収を阻害する物質であるフィチン酸や渋みのもとであるタンニンなどを除去することもできる。

3. 1日25粒〜30粒のヘルシー習慣を

アーモンドの持つ不飽和脂肪酸のオレイン酸は、腸内環境を整え、悪玉コレステロールを下げる働きを持っている。
さらに豊富に含まれる食物繊維には、腸をコーディングして脂の吸収を阻害したり、便の量を増やしたりといった効果も。
カロリーが高いので、食べ過ぎには注意だが、1日25~30粒を目安に食べれば健康生活に役立つといわれている。

結論

小腹を満たしながら、ビタミンや酵素、食物繊維を摂取できる生アーモンド。デスクの引き出しに常備しておくことをオススメしたい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ