このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大人の贅沢!チョコレートの効果と種類

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2017年12月18日

食べ過ぎると鼻血が出る!という経験をしたことがある人もいるかもしれないチョコレート。虫歯になる、太る等マイナスイメージのあるチョコレートだが、実は嗜好品としても健康食品としても優秀な食べ物だ。そんなチョコレートの効果や種類を改めて紹介しよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 奥深い歴史と歩み

チョコレートは、今のような形になるまで、実は飲み物だった。その歴史は紀元前1500年まで遡る。

メキシコ生まれのカカオ

チョコレートの原料であるカカオのもっとも古い記録は、なんと紀元前1500年のオルメカ文明だ。メキシコ海岸沿いからスタートし、アステカ帝国を経て中南米、アフリカ、アジア等へ広がって行った。

最初は飲み物

18世紀頃まで飲み物として飲まれていたチョコレート。濃厚過ぎて水も一緒に添えられていた。ココアメーカーとして有名なバンホーテンの創業者であるオランダ人、カスパルス・ファン・ハウテンが1828年にココアを発明し、イギリス人のジョセフ・フライが1847年に固形チョコレートを発明。1875年にスイス人のダニエル・ピーターがミルクチョコレートを開発。最後に、スイス人で今も有名なチョコレートメーカーの創業者、ルドルフ・リンツがチョコレート製造に欠かせないコンチェという機械を発明し、この「チョコレート4大革命」によりようやく今のチョコレートの形になったのだ。

2. チョコレートの健康効果

実はチョコレートには多くの健康効果が期待されており、疾病予防や身体機能改善の効果がある。

心臓病予防

ダークチョコレートに含まれるフラノバールというポリフェノールが含まれている。様々な研究から、フラバノールが血圧低下作用や抗動脈硬化作用を有することが明らかとなった。ミルクチョコやホワイトチョコにはフラバノールがほとんど含まれていないうえに、砂糖がたっぷり含まれている。食べるならダークチョコだ。ただし、ダークチョコレートであっても、苦味を調整した成分調整されたものもフラバノールの含有率が低くなっているので、表示をしっかり確認したい。

認知症予防

鬱病やアルツハイマー型認知症の脳では、学習・記憶等の能力を促進させる「脳由来神経栄養因子(Brain-derived neurotrophic factor)※BDNF」という物質が減少する傾向にある。上昇させるには運動が有効との研究結果だったが、運動以外でもチョコレート、中でもカカオポリフェノール70%以上のダークチョコレートを食べることで上昇することが分かった。

癌予防

カカオポリフェノールは何と癌予防にも効果がある。カカオポリフェノールの抗酸化作用が癌の抑制効果を有するのだ。チョコレートを多く摂取するスイスの胃癌発生率は日本の4分の1という研究報告もある。

ストレス対策

チョコレートには、近年注目されているアミノ酸であるγ-アミノ酪酸(GABA)やアルカロイドの一種であるテオブロミンが含まれている。これらの物質は、高い抗ストレス・リラックス作用を有する。ほんのひとかけら味わうだけでストレス対策になる。

紫外線対策

カカオ由来のフラボノールには紫外線からの保護作用がある。そのため、ポリフェノールが多いチョコレートを食べると紫外線に対する抵抗性が上昇すると言われている。

便通改善

カカオプロテインというたんぱく質が便のカサを増し、善玉菌のエサになる役割を果たす。この整腸作用によって便通が改善される。

血圧降下

血圧が高い人ほど大幅に血圧改善される可能性がある。カカオポリフェノールの効果なので、やはりカカオ分70%以上のダークチョコを食べよう。適量を食べれば、BMIや体重を増加させず血圧だけ有効に下げることが出来る。

3. チョコレートを食べる注意点

カロリーや脂質

純粋なチョコレートならともかく、フルーツや砂糖の多いチョコレートや、ミルクチョコレートを好きなだけ食べるのはおすすめ出来ない。おやつとして毎日摂取する場合、必ず質と量に気を付けよう。

種類と量に注目

大人が嗜むならカカオ含有率70%以上のチョコレートが最適だ。健康効果はポリフェノールとプロテインにある。最近は日本でも美味しい高ポリフェノールチョコレートが沢山出ている。また、量も1日25g程度なら体重増加の心配なく健康効果を狙える。甘さが気になる人はダークチョコレートを食べよう。

結論

健康効果を取り入れる視点で考えてみると、チョコレートには大人こそ食べるべき魅力が詰まっている。1日の摂取量を決めて楽しもう。子供にダークチョコレートが苦すぎる場合は自宅でココアを作ってみてはどうだろうか。牛乳で割れば砂糖控え目でもマイルドになるので、子供のおやつにおすすめである。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ