このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カットの仕方でプロ級!?【アボカド】の人気料理

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年7月29日

ニューヨークのカフェからブームが起こり、健康志向の人々の朝食として今や定着した感がある「アボカドトースト」。「森のバター」といわれるアボカドを、朝からしっかり摂れるパワーブレックファーストについて紹介しよう。

1. 栄養満点ブレックファースト「アボカドトースト」

「森のバター」と呼ばれるアボカドは、ビタミンEをはじめ20種以上ものビタミンやミネラルを含む、極めて栄養価の高い果物。皮をつるりとむくだけで手早く調理できるので、どんなハードワーカーでも手軽に栄養をとりやすい、現代人にとってのお助け食材だ。

そんなこともあってかブームとなったのが、「アボカドトースト」なる栄養満点のブレックファースト。好みのパン×アボカドの組み合わせが基本形だが、パンだけ先に焼いて生のアボガドをのせる、パンと一緒にアボガドも焼く、あるいはさらに他の具材を組み合わせたり、味付けに変化を持たせたりと、レシピのバリエーションは無限大。そのうえ、鮮やかな緑色がフォトジェニックなアボカドが主役ゆえ、SNS映えもバツグン。日本でも、注目を集めている。

2. アボカドはトーストしても美味!

いつもは生でサラダに投入したり、醤油をかけてお刺身のように
食するアボカドだが、意外にも焼いて温めても、ほっくりしてうまい。

パンと一緒にアボカドも焼く、カンタンレシピから紹介しよう。

【作り方】

1. アボカドの皮を剥き、種をとってボウルに入れ粗くつぶす。
2. そこに、レモン汁、オリーブオイル、塩・胡椒を入れ混ぜる。
3. パンに2をのせ、チーズをふる。ピザ用チーズをのせてもOK。
4. 3をトーストして、焼けたら皿に移し、パセリなどを散らして完成。

アボカドはマッシュにせず、カットするだけでもOK。トマトやオニオンを混ぜてもうまい。さらに栄養満点にしたいなら、最後に
フライドエッグやポーチドエッグをトッピングすれば、食べごたえも十二分だ。

3. カットの仕方で変化をつける!

子供のために作る場合などは、少々見栄えも意識したい。そこで、アボカドのカットに変化をつけてみるのも一興だ。

ポテトチップスで使う波形カッターで切ったり、ドーナツ型に切ったり、サイコロ型に切ったり、極薄に切ったりと、子供と工作気分でカットしていっても楽しい。味付けもマヨネーズベース、クリームチーズやバター×ハチミツなどお好みで。

【作り方】

1. アボカドをいろいろな形状にカットする。
2. マヨネーズとケチャップor醤油orスイートチリソースなどをまぜておく。
3. パンをトーストする。
4. パンに2やクリームチーズを塗り、アボカドをきれいにのせ、タマネギのスライスやハーブを散らして完成。
5. 甘いバリエーションとして、トーストにバターを塗り、アボカドとナッツをのせハチミツやメープルシロップをかけてもうまい。

結論

昔、喫茶店で食べていたピザトーストの現代版のようなアボカドトースト。忙しい朝でも栄養を手早くチャージできるし、もちろん休日のブランチや、ワインに合わせるフィンガーフードにも最適。ぜひ一度、お試しあれ!

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ