このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

起源は同じ?チャーハンとピラフの違い

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月17日

外食だけでなく家でも、実にさまざまな国や地域の料理を食べている私たち。中にはとてもよく似ているけれど違う、という料理もたくさん存在する。例えば「チャーハン」と「ピラフ」。家でもよく食べる身近な料理だが、その違いについて改めて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 調理法の違い

チャーハンとピラフはどちらもお米を使ったアレンジ料理。大きな違いは、調理法にある。

ピラフよりもよく食卓に登場するチャーハン。炊いたご飯さえあれば、あとは家にある残り野菜や肉類、ハムなどの具材と一緒に炒めるだけ。時間がない時にもチャチャっとできて助かる料理のひとつだ。そう、「炊いてあるご飯を炒める」のがチャーハンだ。

一方のピラフは、家での登場回数はチャーハンよりも多くないかもしれない。その理由は、調理法にもあるだろう。「生のお米を炒めてから炊く」のがピラフだ。炊く際には、ブイヨンなどのスープを使うのが一般的。

ちなみにチャーハンとよく似た料理に「焼き飯」がある。一説によると、この違いは卵を入れるタイミングといわれている。チャーハンは卵を入れてからご飯を加えて炒めるが、焼き飯はご飯を炒めてから卵を入れる。焼き飯には卵が入らないこともある、という違いも見られる。

2. 味つけの違い

チャーハンとピラフはその味つけにも違いがある。

チャーハンは知っての通り、中華料理。味つけは、しょう油やごま油などでされる。お店などでは、ラードが使われることも多い。提供されるのも、もちろん中華料理店。ちなみに、中華料理店ではないお店でチャーハン的な料理を提供する場合は、名前を焼き飯としていることが多い。

ピラフは、バターを使って生米を炒め、ブイヨンやスープストックなどの洋風味つけのスープで炊く。日本の喫茶店ではチャーハンのように主食としても食べらているが、ヨーロッパなどでは肉料理の付け合わせとして添えてあることが多い。

このように本来は調理法や味つけに違いがあり、専門店ではもちろんそのように作られていると考えてよい。しかし便宜上、チャーハンとして出されている料理が炊飯器で炊いて作られていたり、ピラフとして出されている料理が炊いたご飯を炒めて作られていたりもする。その場合、味つけが中華風か洋風かという違いで、区別されていると思って良いだろう。

3. チャーハンとピラフの起源

チャーハンとピラフの由来は、実は一緒だと考えられている。その起源といわれているのは、「プラーカ」というインド料理。鶏肉や豚肉を煮込んだ煮汁でお米を炊き、炊き上がったら肉と一緒に炒めたものだ。

このプラーカがトルコなどを経由してヨーロッパのフランスに伝わり、「pilaf」となり、その後日本にも伝わりピラフとなった。

一方でプラーカは、東にも伝わり、中華料理のチャーハンとなった。またそれが日本に伝わると、焼き飯になったといわれている。

4. まだまだある似た料理

世界には、プラーカを起源にし、変化したと推測される料理がまだまだある。

フランスでピラフとして広まった後、スペインでは「パエリア」に、イタリアでは「リゾット」にと、今ではその国を代表する料理のひとつに変化している。このパエリアがアメリカへ渡り、「ジャンバラヤ」の元になったともいわれている。また、マレーシアなどで食べられている「ナシゴレン」など、アジア各国にも似たような米料理は多数存在する。

結論

同じ起源からさまざまな国に伝わり変化した料理、チャーハンとピラフ。どちらも日本人の主食であるお米と野菜、肉類または魚介類を一緒に食べることができる一皿として家庭でも親しまれるほどの定番料理になっている。今度いただく時は、ここで知ったうんちくを家族に披露しながら食べてみてはどうだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ