このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スイーツ界に漆黒のニューカマー登場!?「活性炭」でヘルシーおやつ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2018年9月20日

このところ黒いロールケーキや黒いアイスクリームなど、真っ黒なスイーツを見かけるようになってきた。この黒さのワケは、なんと食用の活性炭。食トレンドとして定着しつつある炭。気になるその存在について調査してみた。

1. 食べる炭「活性炭」とは?

アメリカのSNSなどで昨今話題を集めているのが、漆黒のスイーツやフードの写真だ。黒さをもたらす素材は、ずばり「活性炭(Activated Charcoal)」。とびきりクールな見た目の料理が仕上がることで、今やすっかり定着した感がある食トレンドの1つだ。

活性炭とは、木炭とは異なるもので、分離や除去などの目的により吸着効果を高めるために高熱処理されたもの。もともと脱臭効果や水質浄化などでおなじみの炭だが、食用やサプリメント、薬用にパウダーやカプセル状で流通している。

2. スイーツやスムージーに黒をプラス

真っ黒な天然の着色料として食べても問題がない活性炭は、無味無臭ゆえに、あらゆる料理に応用することができる。なかでも、見た目のインパクトと美的センスが重要視されるスイーツの世界では、今後ますます需要が増えていくことだろう。

そんな活性炭スイーツだが、家庭でも市販のパウダーを入手すれば簡単にアレンジOK。クッキーやパン、ケーキの生地に加えたり、自家製アイスに入れたり、スムージーなどのドリンクに加えるなど自在。手作り真っ黒スイーツで子どもたちを驚かせ、喜ばせてみてはいかがだろう。

結論

黒い食べ物というと、イカ墨や黒ゴマ、海苔、黒トリュフ、黒ニンニク、黒豆などがあげられるが、活性炭はその決定版といえるかもしれない。トレンドはさておき、毎日の食卓を活性化させる隠しアイテムとして、まずはパウダーを1袋入手してみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ