このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豆腐料理をより美味しくするテクニック!豆腐の水切りを知ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年10月25日

白和えや豆腐ステーキなど豆腐を使った料理を作るときに欠かせないのが豆腐の水切りである。料理を行う前にしっかりと豆腐の水切りを行うことで料理の仕上がりが変わってくる。ここでは、そんな豆腐の水切りについて紹介する。

1. 重しを乗せる

豆腐の水切りにはいくつかのやり方があるが、一般的なのは重しを置いて水分を取る方法だ。豆腐をキッチンペーパーなどで包み、皿などの台に載せてから重しを乗せる。重しは皿などで構わない。土台を斜めにしておくと水が切れやすい。固く絞る場合は徐々に重しを重くしていくと、豆腐も崩れにくい。

2. 煮込み料理には「茹でる」方法もある

重しによる水切りは、豆腐の味を維持したまま水抜きができるので、オススメであるが、20分ぐらいは重しを乗せて置いておく必要があり、時間がかかるのが難点だ。一方で、煮込み料理での豆腐の水切り方法としては、「茹でる」方法がある。沸騰したお湯で水分を飛ばすため型崩れしにくく、麻婆豆腐などを作る前によく用いられる。ただし、茹でることによって生の豆腐の風味は失うので、すべての料理に向いているわけではない。料理によって使い分けると良いだろう。

3. 時間がないなら電子レンジを活用

すぐに水切りをしたいという場合には、電子レンジを活用することもできる。キッチンペーパーを二重に巻いた豆腐を耐熱皿におき電子レンジに入れ、豆腐1丁であれば500wで3分ほどの加熱で豆腐の水分は抜ける。レンジから取り出してそのまま冷ますとさらに水気が抜けていくので、さまざまな料理にも対応できる。

結論

水切りを覚えておくことで豆腐を使った料理のバリエーションも増えてくるはずである。マスターして美味しい豆腐料理を作ってみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ