このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

眠っている調味料を使いこなす!使い道いろいろ、カレー粉のすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年10月 5日

結局使い切れずに賞味期限を迎えることが多い調味料のひとつとしてよく名前が挙がるのが、カレー粉。意識して使わないと減らないという家庭も多いと思うが、実はどんな料理にも合う調味料なのだ。今回はカレー粉の使い方やメリット、保存のポイントなどを解説していく。

1. カレー粉で本格的なカレーに挑戦!

市販されているカレー粉に使われている香辛料の種類はおおむね10~30種類。カレー粉はそれらが絶妙なバランスで調合されている、いわば万能スパイスミックスなのだ。個別にスパイスを買って調合するよりも、ずっと手軽に楽しむことが出来る。

市販のカレールウでも勿論美味しいが、カレー粉から作るカレーはやはり格別だ。基本のカレーから本格的なインドカレーまで、カレー粉ひとつでさまざまな味のカレーを作ることができる。また、油分も控えられるので、さっぱりとヘルシーに仕上がるというメリットもある。作り方も、細かく切った野菜や肉とカレー粉を炒め、トマト缶やヨーグルト、スープなどを混ぜるという実はシンプルな工程で出来るので、是非一度挑戦してみてほしい。

2. カレー以外の使い方とメリット

カレー以外のカレー粉の使い方がわからないという方には、いつもの料理に一振りしてみることをおすすめする。おにぎりや麺類などをはじめ、揚げもの、炒めものなどに使うと味付けの幅を広げられる。魚や肉の臭みを消したり、食欲を増進させたりと、スパイスの利点はさまざまだ。子どもが苦手な野菜や魚などにカレー粉をプラスすることによって、食べやすくすることもできる。

また、スパイスは食材を日持ちさせるという効果もあるので、お弁当のおかずにもおすすめだ。配合されているスパイスには抗酸化作用を持つものが多く、新陳代謝アップ、疲労回復などさまざまな効果が期待できる。各メーカーによって辛さが異なるので、子ども向けの料理に使う際には特に注意しよう。

3. 保存の際の注意点

カレー粉を開封したら、食欲をそそるスパイスの香りがする。この香りを長持ちさせるためには、日光の当たらない冷暗所に保管することだ。夏の暑い時期は冷蔵庫に入れる必要があるが、それ以外の季節なら開封前は室温の低いキッチンの収納棚などに置いても良いだろう。

冷蔵庫に入れて保管するときは、ジッパー付保存袋やタッパーなどの密閉容器に入れておくと良い。カレー粉の香りが飛んだり、ほかの食品についたりするのを防ぐことができる。開封したら3ヶ月程度を目安に使い切る。

結論

カレー粉は、使うとさまざまな利点のある万能スパイスだ。本格カレーにこだわるも良し、いつものメニューにちょい足しして違った味を楽しむのも良し。眠らせたままにするのはもったいない調味料なので、積極的に使ってみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ