このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

甘みを生かす!とうもろこし(スイートコーン)の美味しい食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2018年11月30日

鮮やかな黄色で食卓をパッと明るくしてくれるとうもろこし(スイートコーン)。シャキシャキした歯ごたえと、自然な甘みが特徴のとうもろこしは、まるごとかぶりついてその美味しさを楽しむ人も多いだろう。今回は、とうもろこしの甘みをより生かす下処理のコツと、美味しい食べ方を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. とうもろこし(スイートコーン)の下処理の方法

夏が旬のとうもろこし(スイートコーン)は、その中でもとくに7月~8月が1番美味しく食べられる。主な成分は糖質で、米や麦と並ぶ世界三大穀物のひとつであり、栄養価が高く野菜としてだけではなく主食にも向いている。
とうもろこしを食べるためにはただ茹でるだけではなく、茹でる前の下処理が大事なので伝授しよう。まず、茹でる前に皮をむく必要があるが、このとき薄皮を1、2枚残しておくのが下処理での重要なポイントだ。皮を残しておくと茹であがったあと水分がとびにくく、みずみずしい仕上がりなるためだ。さらに薄い皮と一緒に、色素が入っているひげを残しておくことで茹であがりが鮮やかな色になる。下処理のコツを掴めば、茹でた後に粒がシワシワにならず、風味も落ちにくいのでぜひ実践してほしい。

2. とうもろこしの生の食べ方とは?

とうもろこしは茹でるのが一般的だが「フルーツコーン」とよばれる品種は生で食べられる。名前の通りフルーツのように糖度が高く、実が柔らかいのが特徴である。美味しい生の食べ方として、まず鮮度がよいものを選ぶことが大切だ。通常、スーパーや八百屋で売っているとうもろこしは生の食べ方には向いていないので、直接農家から買えるところに行って生食用の新鮮なものを手に入れるのがよいだろう。
生の食べ方でおすすめなのは、もちろんかぶりつくことだ。通常のとうもろこしと比べるとそのジューシーさやシャキシャキした食感は格別だ。果汁のような甘みが口いっぱいに広がり、とうもろこしの美味しさを存分に楽しめるだろう。しかし鮮度が何よりも大事なとうもろこしは、生の美味しさを堪能できる期間が収穫後2日以内ととても短い。生で食べられるとうもろこしに運よく出会えたときは、その美味しさをぜひ確かめてほしい。

3. とうもろこしの加熱方法

とうもろこしの加熱方法としてポピュラーなのが、茹でる・蒸す・電子レンジの3種類である。それぞれの加熱方法について詳しくみてみよう。

・茹でる場合

水から茹でる場合は、鍋の中にとうもろこしがかぶるくらい、たっぷりの水をいれる。火にかけるとき、浮かないように落としぶたをするのがおすすめだ。沸騰してから3分~4分ほど茹でよう。水から茹でるとふっくらした仕上がりになる。お湯から茹でる場合は、沸騰した鍋にとうもろこしをいれる。茹で時間の目安は3分~4分ほど。シャキシャキした食感の仕上がりになる。

・蒸す場合

鍋に適量の水をいれ蒸し器にとうもろこしを皮ごと並べる。加熱して蒸気が出始めてから5分ほどで完成だ。

・電子レンジを使う場合

とうもろこし全体に水をかけたら、隙間ができないようにラップでしっかりとくるみ電子レンジにいれる。加熱時間の目安は600Wで3分。ちなみに皮付きの場合は、皮がラップの代わりになるのでラップは不要だ。
どの加熱方法も、加熱後塩水にくぐらせると粒にしわができにくい。とうもろこしは鮮度の落ちがとにかく早いので、買ったらすぐ加熱しておくことをおすすめする。

4. とうもろこしは揚げると美味しい!

とうもろこしを美味しく食べるためには揚げる方法もおすすめだ。加熱したとうもろこしを横3等分にしたあと縦4等分~6等分する。あとは切ったものに薄く片栗粉か小麦粉をまぶして揚げるだけという簡単な手順だ。とうもろこしが美味しそうなきつね色になったら引き上げよう。完成したら、塩をふったりバター醤油にひたしたりと楽しみ方はたくさんある。衣の香ばしさがとうもろこしの甘みをさらに引き立てていて、おやつにもお酒のつまみにもおすすめだ。
とうもろこしは切るとどうしてもバラバラになりやすいが、バラバラになってしまったものはかき揚げや炊き込みごはんに活用しよう。揚げるという方法をまだ試したことがない人は、簡単なのでぜひ試してみてはいかがだろう。

結論

とうもろこしは、素材の味を生かした食べ方がおすすめだ。凝った調理でなくても、甘みを楽しめる食べ方はたくさんある。ぜひ、旬な時期の美味しいとうもろこしを堪能してほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ