このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

色や切り方で変わる!?ピーマンの肉詰めの美味しい食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2018年12月20日

ピーマンの肉詰めはピーマン料理のなかでもベスト3に入るであろう人気レシピだ。この人気レシピの魅力をさらに高める美味しい食べ方を紹介しよう。ピーマンの色の違い、ピーマンの切り方の違いでも味に変化が表れる。いろいろな食べ方にトライして、新しいピーマンの肉詰めの魅力を発見してみよう。

1. ピーマンの肉詰めはピーマンをどのように切るのが正解か

ピーマンの肉詰めというと、ピーマンを縦半分に切るのが一般的だが、横方向に切る食べ方もあるのをご存じだろうか。それぞれどのような特徴があるのかみていこう。

縦半分に切る場合、縦方向に繊維があるピーマンの性質上、繊維に沿って切ることになるので、横方向に切るよりも苦味は抑えられるといわれている。従って、ピーマンが苦手な子どもが食べる場合は、縦方向に切ったほうがよさそうだ。また、縦に切ったほうが、内側の種や白い筋を取り除きやすく、肉も詰めやすいというメリットもある。ただ、肉を詰めやすいイコール詰めた肉が外れやすいという点も否めないので、縦方向に切る場合は、肉を詰める前に内側に小麦粉をふっておくと肉が外れるのを防いでくれる。

一方、ピーマンを横方向に切った場合は、繊維を断ち切ることになるのでピーマンがやわらかくなるという特徴がある。ひとつのピーマンを3等分ほどの幅で横方向に切り、小麦粉をまぶしたうえで肉を詰めると一口サイズの大きさで食べやすくなる。
また、ピーマンのヘタだけを取るように上部で横方向に切ると、ピーマンの小さなカップができあがる。小さな器に肉を詰める形になるので肉が外れにくく、ピーマンを丸ごと食べることができる。ただ、細いピーマンで、上部を横方向に切ると、種や白い筋が取りにくくなってしまうので、ピーマン選びは大事だといえよう。ころんとした丸い形のピーマンが手に入ったときには、この方法で作ると、ちょっとおしゃれなピーマンの肉詰めに変化するだろう。

2. ピーマンの色で選ぶ ピーマンの肉詰めの美味しい食べ方

ピーマンは緑色のものが手に入りやすく安価なので、ピーマンの肉詰めを作るときには、緑色のものを使うことが多い。しかし、最近では、赤や黄色のカラーピーマンや大型で肉厚のパプリカもスーパーなどで1年中見かけることが多くなり、比較的、手に入りやすくなってきた。これらは品種こそ異なるものの、分類上、すべてピーマンの仲間にあたる。カラーピーマンやパプリカを使うと、いつもと違うピーマンの肉詰めができる。

実は、色の違いは、熟度に関係している。中型で緑色をしたものが一般的なピーマンであり、それが熟してくると、黄色からオレンジ色、そして赤色へと変化する。これがカラーピーマンだ。
そして、大型で肉厚の品種のものがパプリカ。パプリカも、カラーピーマンと同じで、黄、オレンジ、赤と色が変化していく。これら色が付いて熟したものは、緑色のピーマンに比べて糖度が高い。カラーピーマンやパプリカを使って、ちょっと甘めのピーマンの肉詰めを作ってみてはいかがだろうか。カラフルなピーマンの肉詰めは見栄えも最高だ。

3. ダイエット中の人におすすめしたいピーマンの肉詰めの食べ方

ピーマンの肉詰めは、ひき肉の中ではカロリーの高い牛豚の合いびき肉を使い、油をひいて焼き、さらにケチャップをつけて食べるということで、トータルのカロリーは高めにはなる。残念ながら、ダイエット中におすすめの料理とはいいがたい。しかし、ダイエット中でもピーマンの肉詰めが食べたいときには、おすすめの食べ方がある。最も簡単な方法はケチャップではなく、からし醤油をつける食べ方だ。ポン酢もさっぱりとは食べられるが、ポン酢には砂糖が使われているので、醤油より糖質は高い。要注意である。

もっとヘルシーにという人は、ひき肉の中でも低カロリーの鶏ひき肉を使うとよい。水切りをした木綿豆腐を混ぜれば、さらにカロリーダウンになる。また、油を使わずに蒸すことで、脂質も制限できるだろう。

結論

ピーマンの肉詰めは調理法の違いやピーマンの色の選び方によってもさまざまな食べ方ができる。紹介した以外にも、誰もトライしていない食べ方があるかもしれない。ピーマンの色や切り方などを変えてみて、いつもとはちょっと違ったピーマンの肉詰めの食べ方を見つけてみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ