このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豚の角煮、どれを使った作り方がベスト?普通の鍋、炊飯器、圧力鍋?

豚の角煮、どれを使った作り方がベスト?普通の鍋、炊飯器、圧力鍋?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年11月29日

豚の角煮は、とろりとした脂と肉の部分がバランスよく煮汁になじんだ仕上がりになっているかが肝だろう。作り方は大まかに分けて、ごく普通の鍋、炊飯器、圧力鍋を使った3通りが一般的だ。どの作り方に軍配が上がるか、それぞれの利点について考えてみたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. どんな材質の鍋が向いている?豚の角煮の作り方

まず普通の鍋による豚の角煮の作り方だが、一口に鍋と言ってもアルミ製、ステンレス製、土鍋など材質はさまざまだ。材料の金属などにより熱伝導率が異なり、一般的な鍋の素材として最も熱伝導率のよいものは銅である。銅製の鍋の欠点は、手入れが比較的難しいことと値段が高めなことだが、煮込み料理用として1つは持っておきたいものと言えるだろう。

アルミ製の鍋もすぐれた熱伝導率を持つが、欠点は焦げやすいことだ。アルミ製の鍋を使って豚の角煮を作る場合は、はじめにフライパンで肉の表面を焼き固めた後に、鍋で煮込めばよいだろう。どこの家庭にもあるステンレス製の鍋は、他の材質のものにくらべて熱伝導率の点でやや劣る。下茹でなどには便利なのだが、煮込み料理用には他の材質の鍋もぜひ持っておきたい。

もう1点、煮込み料理に向いた鍋の条件として大切なのは厚さだ。鍋に厚みがあると、熱が均等に伝わるので、仕上がりにむらがない。その点を考えれば、土鍋を用いた作り方も豚の角煮にはぴったりだ。長ネギの青い部分を鍋底に敷きつめて煮込んだ豚の角煮は、切り分けて皿に盛る前に、土鍋に入ったままの状態で家族に見せよう。ほっこり美味しそうな姿に歓声が上がるだろう。

2. 圧力鍋を使った豚の角煮の作り方

圧力鍋を使った作り方の利点は、何と言っても調理時間が短くて済み、光熱費も節約できることだろう。圧力鍋を使うと、なぜ調理時間が短くて済むのだろうか?物理の授業で教わったことを思い出してみてほしい。水の沸点は圧力が高くなるにつれて上がる。高温になった水蒸気は、圧力鍋の外に逃げられず、鍋の中の水分を熱し続けるのだ。高温を保ち続けることで、逃げ場のない水蒸気が食材に浸透し続け、料理は柔らかく、芯までよく味がしみ込んだ仕上がりとなる。結果的に、調理時間も短縮されるのだ。豚の角煮で言えば、赤身の部分の筋っぽさが気にならないくらい柔らかく仕上がるのも大変嬉しいところだ。

圧力鍋を使った作り方にデメリットがあるとすれば、やけどの可能性があるため、小さい子どものいる家庭では取り扱いに注意が必要なことくらいだ。鍋に直に触れなくても、蒸気だけでもやけどにつながるので、子どもにはよく言い聞かせておかなくてはならない。大人でも、急いでふたを開けるのは禁物だ。煮汁の味を肉になじませるためにも、火を止めてからふたをあけるまでには時間の余裕を持ちたい。

3. 炊飯器を使った豚の角煮の作り方

炊飯器を使って豚の角煮を調理する最大のメリットは、スイッチを入れたら料理ができ上がるのを待つだけという手軽さにある。通常の鍋では、火加減を調整したり肉を裏返したりといったように、なかなか鍋の前を離れられない。圧力鍋にしても、タイミング悪く電話がかかってきたため、火加減調節ができなくて焦がしてしまったという失敗もあるはずだ。圧力鍋はとても高温になっているので、こうした放置は危険ですらある。

その点、炊飯器を使った作り方なら、炊飯器に放り込んだら豚の角煮のことはしばし忘れて、他の料理を作ってもよいし、のんびり雑誌でも読みながらでき上がりを待っていてもよいのである。

もう1つの利点は、仕上がりに失敗がないということである。焦げつく心配がない上に、具材に味が均一にしみ込み、加熱むらも生じないのは嬉しい。圧力鍋も、料理の完成度としては申し分ないが、やはり焦げつきの可能性に不安が残る。炊飯器の機種によってスペックが異なるので、絶対に炊飯器がベストというわけにはいかないが、炊飯器による作り方は、一度は試してみる価値があるだろう。

結論

どんな調理器具を使った豚の角煮の作り方がベストか。答えは各自異なるだろうが、どの作り方にもそれぞれの利点がある。この機会に、今まで試してみたことのない作り方にトライしてみてはいかがだろうか。これまで以上の仕上がりに、目を見張ることになるかもしれない。飽くなき探求心と工夫によって、あなたの料理の腕前はまだまだ進化する。

この記事もCheck!

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ