このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

脳を活性化させる食べ物とは?受験生におすすめの夜食メニュー

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年1月26日

受験生と言えば、夜遅くまで勉強しているというイメージがあるだろう。そんな受験生に対して応援できることのひとつが夜食の差し入れだ。ただ、夜食と言ってもどういったものが受験生にとってプラスな食べ物なのかを考えて差し入れしているという人は、意外と少ないのではないだろうか。そこで、受験生にとっての夜食について考えるとともに、おすすめの夜食メニューをいくつか紹介したい。

1. 受験生の夜食におすすめのもの

■脳のエネルギーになる食事

受験生の食事と考えた時に、やはり一番大事になってくるものが、脳を活発に働かせることのできる栄養素だと言える。通常、我々の脳のエネルギーの源になっているとされているものがブドウ糖だ。空腹時イライラしたりするのは、血液中の血糖値が低下することで、脳にブドウ糖がしっかりと補給されていないためとも考えられている。
学生の朝食抜きは良くないと言われる原因がそれだ。そんなブドウ糖をもっとも効率よく摂れるものが炭水化物。そのため、受験生の食事には炭水化物は大事な栄養素だと言える。

■リラックス効果のある飲み物

受験生ともなると、脳を働かせている時間はかなり長いものだ。身体の疲労と同じように、脳もたくさんの量の情報を処理しようすると、疲労がたまりやすくなると言われている。身体に疲労がたまった場合、身体をゆっくりと休ませればよいが、脳というのは意識せずとも活動しているため、脳の疲れを自然に回復させるのは難しいと言われている。
そんな脳の疲れを回復させるために効果的なもののひとつがリラックスだ。「緊張と緩和」という言葉があるが、このホッとした時の緩和の状態によって脳がリラックスしている状態になる。飲み物の中には、そういったリラックス効果のあるものも多いため、受験生も取り入れると良いだろう。

■脂肪分の多いものは控える

詳しい原因はまだわかっていないが、脂肪分の摂取のしすぎは眠気を増大させるという説もある。つまり、受験生の食事に脂肪分が過剰に多いものは不向きだと言えるのかもしれない。

2. ブドウ糖の摂れる簡単夜食メニュー

■だしおにぎり

炭水化物を効率的に摂るのであればやはりおにぎりがおすすめだ。中でも手軽に作れるおにぎりが、だしおにぎりだ。夜食ということもあって、できるだけ具を使わずにおにぎりを作りたいのであれば、だしおにぎりがベストだと言えるだろう。

■焼きおにぎり

焼きおにぎりはホクホクのご飯の美味しさだけでなく、醤油の少し焦げた香りが食欲をそそる。

3. リラックス効果のある飲み物メニュー

■カモミールティー

リラックス効果の高い飲み物といえば、カモミールティーだろう。カモミールには神経を興奮させるドーパミンの影響を抑える働きがあるとされているため、脳を休ませるのに最適な飲み物だ。また、そういった働きにより、安眠効果もあるとされている。受験生にとっては質の良い睡眠をとることも大事であるため、まさにカモミールティーは受験生におすすめの飲み物だと言える。ただし、カモミールには眠気を誘う作用があるため、勉強が終わる頃に飲んでゆっくりと脳を休め、質の高い睡眠をとるのが良いだろう。

■受験生にとってのカフェイン

よく、眠気覚ましにコーヒーを、という話を聞くが、カフェインには中枢神経を覚醒させる効果があるため、眠気覚ましになるというのは間違いではない。またそれだけでなく、大脳の海馬という記憶をつかさどる器官があるが、海馬は中枢神経ともつながっているため、カフェインは記憶力アップにもつながると言われている。
ただし、カフェインの摂り過ぎは、カフェイン中毒を引き起こすこともあれば、夜眠れずに昼間眠気が襲ってくる状態になることも多い。そのため、たまに眠気を覚ますためにコーヒーを飲むのは良いが、生活リズムを壊す恐れもあるため、受験生がコーヒーを常習するのはあまりおすすめできないとも言えるだろう。

結論

受験生の中には「頑張れ」と言われることにプレッシャーを感じてしまう人も多い。そんな時におすすめなのが、こういった夜食の差し入れだ。言葉で頑張れと伝えるのではなく、夜食をそっと差し入れすることで、受験生の応援に変えてみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ