このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

肉のうまみが凝縮!肉食の国イギリスが誇る家庭料理・ローストビーフ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

2019年1月 3日

イギリスの料理について、良い印象を持っていない人もいる。残念ながらイギリスは、同じヨーロッパのフランスやイタリアに比べて料理で評価される機会が少ない。しかしそんなイギリスにも誇れる料理はある。それが、ローストビーフだ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. イギリス料理の特徴

イギリスは四方を海に囲まれており、暖流の影響で複雑な気候風土を持つ。牧畜が盛んで、果樹や農作物も多い。そんな背景もあり、イギリスの料理は、品質の高い食材を、素材の持ち味を最大限引き出す調理法で調理する。コースが確立しているフランス料理と比較すれば「単調」などと評されることもあるが、言い方を変えれば「シンプル」なのである。
イギリス料理の長所を挙げるとすれば、
  • 家庭料理を起源とした永い伝統を持つ料理がある
  • 食材の持ち味を生かしている
  • 健康的な手作り料理が多い
といったことであろう。そんなイギリス料理で真っ先に思い浮かぶのが、ローストビーフではないだろうか。

「ロースト」という調理法は、イギリス料理のまさに代表的な手法だと言えるだろう。本来ローストは、大きな肉の塊をオーブンで蒸し焼きにすることを指し、西洋料理の基本的な調理法の一つである。肉質が良く、温度と加熱時間が適切であれば、だれが焼いてもおいしくできるとさえ言われる。ローストされたものは内部に肉汁を保ち、肉のおいしさが閉じこめられている。まさに肉の素材そのものを楽しむ、イギリスらしいシンプルな料理なのである。

2. ローストビーフの楽しみ方

ローストビーフは牛肉を塊のままオーブンで蒸し焼きにする、イギリスの伝統的な家庭料理である。日曜日には家族そろって教会へ礼拝に行き、戻ってきたら家族みんなでテーブルを囲み、ローストビーフを食べる。ローストビーフは日曜日の午後に食べる定番のメインディッシュなのである。ローストビーフは冷えてもおいしいので、塊肉を切った切れ端や残った分を、サラダやサンドイッチに使うことで翌日でも楽しめる。
スウェーデン人旅行者のカルムという人は「イギリス人は他のどの国の人々よりも、ローストビーフの作り方を心得ている」と言い、感動したという。ローストビーフ以外はおいしいものがないなどと言われてしまうイギリス料理ではあるが、ローストビーフにかけては群を抜いているのである。
イギリスの家庭料理にはシンプルなものが多く、一人分の食事はすべて一つの皿に載せる。家庭でローストビーフを作るときには一緒にポテトを添えて焼く。天板に残った焼き汁は、ヨークシャー・プディングに使われる。そして、一皿にローストビーフ、ヨークシャー・プディング、ホースラディッシュソース、ポテトを盛り付けて食べるのである。

3. 人はなぜ肉が好きなのか

イギリス料理は酷評されがちだが、ローストビーフの人気は高い。シンプルな調理法により、肉本来の味わいが堪能できることも、理由の一つであろう。ローストビーフは高温短時間で仕上げ、肉の周囲は少し焦がして香ばしく、内側は程よい生焼けである状態が出来の良い仕上がりとなる。レアの肉は人によっては血なまぐさいと感じるほど、いわゆる「肉肉しい状態」である。
何千年も昔に野生動物を飼いならしはじめた頃から、人間は肉食をはじめたとされている。しかし私たちが肉を好むのは、単に長い期間、肉を食べてきたからという理由だけではないだろう。肉を食べることで、生命維持に不可欠なたんぱく質、糖質、脂質、塩味のすべてを感じることができる。これが本能的に「生きる」感覚を刺激するのだ。植物性食品からは決して味わえないようなものが肉にはあり、それが火を通すことによって、またその火の通りが不均一であることによって、複雑な味わいを形成し、味覚が刺激されるのである。
ローストビーフはたんぱく質の一部が凝固しているが、内側はレアな状態である。スライスすれば肉汁があふれ出す。これが本来の人間の肉を求める感覚を刺激するのかもしれない。

結論

イギリス料理のウリは洗練さではない。素材の良さを引き出す、本来調理法としてあるべき姿であると言えるのではないだろうか。今やローストビーフはイギリス以外でも食べられる定番料理となった。豪華でありながら作りやすい料理である。ぜひどんどん作ってみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ