このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

餃子を鍋の具材に!アレンジ方法も豊富な「餃子鍋」を作ってみよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月15日

肌寒い季節に恋しくなる鍋料理。そんな鍋料理の具材に「餃子」を入れてみたことはあるだろうか?具材の旨みが溶け込んだだしやスープをたっぷり吸った餃子は、焼き餃子や揚げ餃子とは一味違った美味しさを楽しめる。今回は鍋の具材として餃子を入れた「餃子鍋」におすすめのだしや味付け、しめなどを作り方とともに紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「餃子鍋」におすすめのだしとは

餃子鍋には、さまざまなだしが合う。さっそくおすすめのだしを紹介しよう。

【定番の中華だし】

定番の中華だしは、水・酒・鶏ガラスープの素・塩で作ることができる。餃子はもちろん、肉・魚・野菜などの具材とも相性がよいため、餃子鍋を初めて作る人や子どもと一緒に食べるときにおすすめだ。

【もつ鍋ふうだし】

もつ鍋ふうのだしは、水・和風だしの素・鶏ガラスープの素・薄口しょうゆ・みりん・おろししょうがを合わせて作ることができる。より味にパンチが欲しいときはおろしにんにくを加えてみよう。キャベツ・ニラ・もやし・豆腐などのもつ鍋に使われる具材と合わせるのがおすすめだ。

【キムチだし】

水・酒・鶏ガラスープの素・キムチ鍋の素を合わせればキムチ鍋ふうのだしが簡単に作れる。白菜やきのこ類、豆腐など、ほかの食材との相性もよい。キムチを入れるとよりコクのある仕上がりになる。また、おろしにんにくや溶けるチーズなどをプラスしても美味しくいただける。

【和風だし】

さっぱりとした鍋にしたいときは、水・めんつゆ・酢を合わせた和風だしがおすすめだ。シンプルなだしのため、合わせる具材も選ばない。辛味もないので子どもも食べやすいだろう。辛いものが好きな方は、お好みでラー油を加えてみよう。

【とんこつふうだし】

水・豆乳・和風だし・味覇などの中華だしを合わせれば、こってり味のとんこつふうだしの完成だ。コクのある味わいだが、豆乳を使っているため比較的ヘルシー。子どもと一緒に食べるときにもおすすめだ。
これらすべての作り方は、材料を鍋に入れて煮立たせるだけでOK。だしが煮立ったら、餃子や野菜などのお好みの具材を加え、火が通るまで煮込めば餃子鍋のできあがりだ。餃子は1から手作りしてもよいが、市販品を使えばあっという間に餃子鍋が完成する。

2. 餃子鍋に合う味付けとは

鍋そのものに味付けしてもよいが、鍋自体の味は昆布だしや鰹だしなどのみにし、食べる際につけダレで味付けしていただくのもおすすめだ。つけダレで味付けをする場合は、ポン酢しょうゆやしょうゆ・酢・豆板醤・ごま油を混ぜ合わせたピリ辛ダレ、しょうゆと練りからしを混ぜ合わせたからしダレ、しょうゆにレモン汁を加えたレモンダレなど、お好みのつけダレで味付けしてみよう。また、ネギやいりごま・刻みしょうが・みょうが・大葉・刻みのりなどの薬味をプラスすると、よりレパートリーが広がる。
小さい子どもがいる場合、子どもが食べられるよう辛い味付けの鍋などは敬遠しがちだが、つけダレで味付けするスタイルならみんなが自分好みの味で餃子鍋を楽しむことができるだろう。

3. 餃子鍋のしめに合うのはごはん?麺?

餃子鍋のしめにおすすめしたいのは、中華麺やちゃんぽん麺などの麺類だ。もともと餃子は中華料理であるため、しめも麺類だと最後まで美味しくいただける。また、一風変わったしめを楽しみたいなら「春雨」もおすすめだ。具材の旨みがたっぷり溶け込んだだしをぎゅっと吸い込んだ春雨は絶品。中華麺やちゃんぽん麺よりもさらっと食べられるため、ヘルシー志向の方にもぴったりだろう。

4. 餃子鍋は鉄鍋で作るのがおすすめ

餃子鍋を作る際には、ぜひ鉄製の鍋を使ってみてほしい。土鍋やアルミ鍋でも作ることはできるが、鉄製の鍋で作ると2つのメリットが得られるのだ。
1つめのメリットは、食材にしっかり火が通るという点。鉄製の鍋は熱伝導がよいため、食材全体にしっかり火が通り、美味しい料理に仕上げてくれる。
2つめのメリットは、鉄分を摂取することができるという点だ。鉄鍋で調理することによって鉄鍋から鉄分が溶け出し、料理と一緒に鉄分を摂取することができる。加熱時間が長ければ長いほどより多くの鉄分が溶け出すといわれているため、鍋料理にはもってこいなのだ。
人体における鉄分の吸収率はあまり高くない。だからこそ鉄鍋を使い、鍋の栄養に加え鉄分まで摂れる餃子鍋を作ってみてほしい。

結論

餃子鍋の作り方はとても簡単。だしを作り、餃子とお好みの具材を加えて煮込めばあっという間に完成する。餃子鍋のためにわざわざ餃子を手作りするのが面倒なときは、市販品の餃子(水餃子用)を使えばOKだ。だしや味付けによってアレンジもしやすいので、ぜひ作ってみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ