このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

しっとりと柔らかな唐揚げ、コツは揚げる直前につける意外なもの!?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月 3日

唐揚げは、下ごしらえ次第で味に大きな違いが出る。ひと手間をかけることで、ジューシーで柔らかな唐揚げを、誰でも簡単に作ることができるのだ。ここでは、そのポイントを紹介する。

1. 鶏肉のどこの部位を唐揚げにするべきか?

唐揚げには、鶏もも肉を使うのが一般的だ。脂身がほどよく入っているため、しっとりとジューシーで、食べ応えもある。一方で、脂肪分が少なくカロリーも低い鶏むね肉は、ダイエットメニューにはよく登場するが、唐揚げにはもの足りなさを感じるかもしれない。パサつきやすい食感が苦手な方もいるだろう。しかし今回紹介するやり方ならば、むね肉でもふわっと柔らかい食感に仕上がるので、試していただきたい。

2. ふっくら柔らかい唐揚げのコツは?

下ごしらえのひと手間で、できあがりの味が大きく変わる。ふっくら柔らかな唐揚げに仕上げるためのポイントを紹介しよう。

ポイント1
むね肉をよく観察すると、繊維があるのが分かる。この繊維を絶つように切ることで、柔らかく仕上げることができる。繊維の流れと直角に包丁を入れるイメージで、肉に対して包丁をななめに入れるのがコツだ。もも肉であれば、繊維は気にせず一口大に切ればよい。

ポイント2
下味をつける直前に、ボウルに入れた水の中で鶏肉をもみ込む。こうすることで、鶏肉が水分を吸収する。特にむね肉の場合、こうすることでパサついた食感がかなり抑えられる。

ポイント3
下味をつける作業は、手でもみこむと味がよくしみる。ボウルを使ってもよいが、ビニール袋やジッパー付き保存袋に入れて行うと手も汚れず、やりやすい。時間があれば、下味の調味料に30分ほど漬けておくと、旨みが増してジューシーに仕上がる。

3. 外側をカラッと香ばしい唐揚げにするには?

内側の柔らかさに相反する外側の食感のバランスも、唐揚げの醍醐味。カラッと揚がる衣づくりのポイントを紹介する。

ポイント1
下味をつけた後、サラダ油をもみ込んでから衣をつけると、油で薄い膜ができ、カリッと香ばしい仕上がりになる。

ポイント2
揚げる際に、一度に肉を入れると油の温度が一気に下がり、べチャっとした衣になってしまうので、2回~3回に分けて揚げる。途中で焦げそうになった場合は、火を止めよう。

ポイント3
2度揚げする。1度目は170℃位の中温で1分~2分揚げ、いったんバットやザルにあげて4分ほど置くと、余熱で内部に熱が通る。2度目は1度目よりやや高温で40秒~1分ほど揚げると、カラッと仕上がる。

結論

美味しい唐揚げは、丁寧な下ごしらえから。油の温度の上がり過ぎ、下がり過ぎにも注意して、ジューシーで柔らかい唐揚げを目指そう!

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ