このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

美味しい焼きそば弁当を作るコツは?歴史やアレンジ具材も徹底紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月 5日

休日ランチやバーベキューの〆の定番といえば、焼きそば。全国各地のご当地焼きそばの人気も高い、B級グルメの代表格である。日本国民のソウルフード、今回はその焼きそばにスポットを当ててみた。焼きそばのルーツや下ごしらえの方法、ちょっと変わった具材や焼きそば弁当のアレンジ方法など、知っていたら誰かに自慢したくなるネタばかりだ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼きそばの発祥地はどこ?

日本の国民食として愛されている焼きそばだが、意外にもその発祥地は外国である、ということをご存じだろうか。焼きそばのルーツは中国発祥の「炒麺(チャオメン)」であるといわれている。チャオメンとは、中華麺を炒めた料理で、しょうゆもしくは塩で味付けすることがほとんど。

日本で現在のような焼きそばが誕生したのは終戦直後、1950年ごろという説が有力だ。日本での焼きそばも当初は発祥地中国のチャオメンのように塩やしょうゆで味付けされていた。しかし、当時、麺の材料となる小麦粉などは非常に高価だったので、キャベツでボリュームを増やしていたらしい。そうするとキャベツから水分が出るのでどうしても味が薄くなってしまう。そこで、味の濃いソースを使用するようになった、といわれている。こうして発祥地中国のチャオメンとはまた違った、日本独自の「焼きそば」が誕生したのである。

2. 焼きそばを美味しくする下ごしらえ

焼きそばを美味しく作るのに大切なのは下ごしらえである。ここでは下ごしらえのポイントをいくつか紹介しよう。

麺は水洗いしておく

焼きそばを作る前に、麺を水洗いしておく。さっと洗ってペーパータオルで水気を切ったあと、酒としょうゆで下味をつけておく。麺には油がついているのでソースの味がつきにくい。水洗いすることによって油を除去し、麺とソースのなじみをよくするのである。

具材は切っておく

焼きそばを美味しく作るには、手早さがカギ。あらかじめ具材は食べやすい大きさに切っておくと手際よく調理できるだろう。もやしは面倒でもヒゲ根を取っておくのがよい。この下ごしらえをするだけで食感がまったく異なる。

3. 焼きそばにおすすめの具材

焼きそばの具材といえば、キャベツ、にんじん、豚肉あたりを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、具材をかえることで、また違った美味しさが楽しめるのもまた、焼きそばの魅力である。ここでは、一風変わったおすすめ具材を紹介しよう。

セロリと牛肉

セロリと牛肉を炒めて、オイスターソースで味付けしよう。セロリのシャキシャキの食感やさわやかな風味、牛肉の旨みが一度に味わえるなんとも贅沢な焼きそばのできあがりだ。

納豆

意外にもソースと納豆の相性はバツグンなのである。具材はシンプルに納豆と長ネギだけで。ソースと納豆、奥深いハーモニーが味わえる焼きそばだ。

なすとチーズ

具材になすとひき肉を加え、仕上げに上からとけるチーズをかけると洋風のオシャレな焼きそばのできあがり。とけたチーズがなすと麺にからまりたまらない美味しさだ。

4. 焼きそばの盛り付け方のコツ

せっかく美味しくできた焼きそば。盛りつけ方にもこだわりたいところだ。センスのよい盛りつけ方や焼きそばを弁当に入れるときのコツをまとめてみた。

目玉焼きをトッピング

焼きそばに目玉焼きをトッピングしてみよう。これだけでグンと美味しそうに見えるから不思議だ。テクニック不要の簡単な盛り付け方のコツだ。目玉焼きをスクランブルエッグにかえて、オムそば風にしてみてもよいだろう。

焼きそば弁当の盛り付け方

続いて弁当に盛り付ける際のコツを。焼きそばはあら熱がとれてからソースをからめると、麺同士がくっつきにくい。また、焼きそばをパンにはさんで焼きそばパン弁当にするのも食べやすくておすすめだ。

結論

シンプルながらも奥深いソース焼きそば。アレンジ次第でさまざまな味が楽しめたり、弁当のおかずになったりするので大変便利である。下ごしらえをしっかりとすることでプロ顔負けの美味しい焼きそばができるので、ひと手間を惜しまずに、絶品焼きそばを作っていただきたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ