このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ケバブは冷凍保存できる!?美味しく食べる解凍術とは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月 6日

ケバブは、スパイシーな味わいが人気のトルコ料理である。フェスやイベントで購入するのが一般的ではあるが、じつは家庭で作ることも可能だ。ここでは、ケバブを家庭で冷凍保存する場合の風味を落とさないための工夫や、美味しく食べる解凍術について紹介したい。

1. ケバブの種類はさまざま!どんなバリエーションがある?

ケバブと聞いて想像するものは、人によってさまざまである。串に刺さっているもの、肉の塊をそぎ落としたもの、トルティーヤやピタに挟まれているもの。どれが本当のケバブなのか惑わされそうだが、じつはすべてケバブと呼んでも間違いではない。

それも、ケバブの意味は「焼いた肉」という非常にざっくりとしたものであり、肉の種類はラム、鶏、牛などどんなものでもケバブに使うことができる。要するに、ターメリックやクミンなどのスパイスに漬け込んだ肉を焼いたものであれば、ケバブと呼ぶことができるのである。ケバブは、非常に多くのバリエーションを持つ料理だ。

2. ケバブはどう冷凍保存する?気を付けたいポイントとは?

ケバブの冷凍保存は、店で完成品を購入してきた場合と、家で作った場合では方法が異なる。このふたつのパターンに分けて、別々に見ていこう。

■店で購入してきたケバブの冷凍保存法

店でケバブを購入する場合は、加熱されたものを持ち帰ることがほとんどだ。風味を落とさないためにも、できればその日のうちに食べてしまうのが理想だが、買いすぎてしまった、後日食べるためにとっておきたいという場合は冷凍しておこう。
  • ケバブは粗熱をとり、冷めるまで待つ。
  • ケバブを1回に食べきれる量に分けてラップでくるむ。
  • フリーザーパックにまとめる。
  • 冷凍庫に保存する。

■家でケバブを作る場合の冷凍保存法

家でケバブを手作りする場合、まとめて作り置きをしておくと時短にもなる。さらに下味をつけて冷凍すると、細菌の繁殖を抑える効果があるとされており、この方法はおすすめだ。
  • 下味をつけて、あとはひと手間加えるだけの、焼くだけでよい状態にする。
  • 1回に食べきれる量に分けて、ラップでひとつずつくるむ。
  • フリーザーパックにまとめる。
  • 冷凍庫に保存する。
どちらも食べきれる分だけを分けて冷凍するというのがポイントだ。まとめて冷凍してしまうと、解凍して再度冷凍するときに風味が低下するというリスクがある。

3. 冷凍したケバブの正しい解凍法は?賞味期限はどのくらい?

冷凍肉を解凍する場合、その解凍方法によって、肉の風味の低下具合が異なる。以下、おすすめ順に紹介する。
  • 冷蔵庫で解凍する
    肉の温度変化を抑えられ、旨みを多く含んでいるドリップの流出を防ぐことができる。ただし、肉の解凍には時間がかかるというデメリットがある。
  • 流水で解凍する
    水道の水で解凍する方法である。まずはじめに、ビニール袋に入っている肉を、そのままボウルや鍋に入れる。蛇口から水を流し、肉に直接水がかからないように流水を当てる。この方法も時間をかけてゆっくりと解凍できるため風味を損なうリスクは少ないが、水道代のことを考えるとエコとはいいにくい。
  • 電子レンジで解凍する
    電子レンジは解凍にムラが出たり、急激な温度変化を与えるため風味を損ないやすい。ただし、一番のメリットは時間がかからないという点で、調理までに時間がないという人には大変便利な方法である。
店で購入したケバブを解凍する場合は、冷蔵庫に入れてある程度解凍できたら電子レンジで加熱するという方法がおすすめである。いずれにしても、冷凍と解凍によって多少の風味の低下は生じるものと知っておくと安心できる。

一般的には、冷凍肉を美味しく食べられる賞味期限は、約1ヶ月とされている。しかし、冷凍焼けという言葉があるとおり、実際には肉の乾燥や酸化が起こり、風味が低下することがある。冷凍しているから大丈夫と安易に考えず、なるべく早めに食べきるように心がけよう。

結論

ケバブは冷凍保存が可能な料理だ。とくに下味をつけて冷凍しておく方法は、時短にもつながり家事の負担を減らすための工夫にもなる。食べきれる量をくるんで冷凍する、解凍にはなるべく時間をかける、冷凍後は早めに食べきるといったポイントを押さえ、美味しいケバブを堪能しよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ