このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アレンジは無限!男の焼きそばと、焼きそばに合う献立

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年1月 8日

焼きそばは、カレーやラーメンと並んで男が作る代表的なレシピのひとつではないだろうか。たかが焼きそば、されど焼きそば、である。中に入れる食材や味付け次第で焼きそばのアレンジは無限に広がる。焼きそばを主役にした献立で、食卓を豪華に彩ることも可能だ。今回は、焼きそばにおすすめの食材や副菜、栄養バランスを考えた焼きそばなどを紹介する。

1. 焼きそばのおすすめ食材とは

中華麺と肉や野菜をいっしょに炒め、ソースをからめて作るやきそば。具材次第でアレンジが無限に広がる奥の深い料理だ。焼きそばに入れると美味しいおすすめの食材を見てみよう。

基本の焼きそばのおすすめ食材

基本の焼きそばは、豚バラ薄切り肉・キャベツ・玉ねぎ・もやしの4つの食材があれば十分だ。中華麺と具材はまず、別々に炒めることがポイント。中華麺を炒めたら一度お皿に取り出し、つぎに、具材を炒めよう。具材に火が通ったら、先に炒めておいた中華麺を投入し全体にソースをなじませればできあがりだ。お好みでかつお節と青のりをふりかけ、紅ショウガを添えて食卓に並べよう。

海鮮焼きそばのおすすめ食材

ちょっと豪華な焼きそばを作りたいときにおすすめなのが、海鮮焼きそば。豚肉の代わりに、エビやホタテ、イカなどの海鮮を使って作ってみよう。海鮮焼きそばの場合は、ソースではなく、塩や鶏ガラスープといった調味料での味付けがおすすめだ。

ヘルシー焼きそばのおすすめ食材

野菜をたっぷりいれてヘルシーな焼きそばを楽しみたい場合は、次のような食材がおすすめだ。豚バラ薄切り肉・キャベツ・玉ねぎ・もやし・ニンジン・しめじ・エリンギ・えのき・マイタケ・ニラ・水菜などの野菜が焼きそばに合う。中華麺を半分にし、野菜を多めにすればよりヘルシーな焼きそばのできあがりだ。

2. 焼きそばに合うおすすめ副菜

焼きそば一品だと食卓が寂しいと感じる人は多いかもしれない。焼きそばに合うおすすめ副菜として、からあげや餃子などの揚げものが挙げられる。ガッツリ系の男らしい食卓となるだろう。次に、冷ややっこやナムル、サラダといったさっぱりしたものもおすすめ副菜だ。ソースを使った焼きそばは味が濃くなりがちなので、素材の味を楽しめるこれらの副菜はよい箸休めとなるだろう。おすすめ副菜をほどよくチョイスしながら、焼きそばをメインとした食事を作ろう。

3. 焼きそばは栄養バランスがよい

肉も野菜も一度にとれる焼きそば。焼きそばの栄養バランスはいかがなものだろうか。豚バラ肉とキャベツ・玉ねぎ・もやしを使った基本のソース焼きそばのカロリーは、1人分約635kcalほどになるといわれている。30代男性の1日に必要なカロリーが2300kcalといわれているので、1食分としてはちょうどよい栄養バランスといえるのではないだろうか。キャベツだけでは十分な食物繊維が摂れないので、ニンジンやピーマンを足すなどして栄養バランスをさらによくしてみよう。

4. 焼きそばは節約献立にもなる

焼きそばは案外節約献立にもなることをご存知だろうか。焼きそばに入れるためのキャベツを購入するときに1玉買っておけば、ほかの献立に使いまわすことができて便利だ。また、節約献立の味方ともいえるもやしは、年間を通して価格が抑えられている。さらに、副菜がなくても1食分の食事が成り立つため、焼きそばは節約献立のトップバッターともいえるだろう。

結論

肉も野菜も摂れ、大人も子どもも大好きな焼きそば。具材を変えたりして、ソース焼きそばや塩焼きそばなど、さまざまな種類の焼きそばを作ることが可能だ。食材の使いまわしの工夫で節約献立にもなる。餃子やナムルなどの副菜を組み合わせ、焼きそばをメインとした献立を立ててみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ