このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

味付けの種類豊富でダイエットにも!美味しいロールキャベツの食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月24日

ロールキャベツは、実は味付けのバリエーションが豊かなことはご存知だろうか。今回はロールキャベツの作り方のコツと、試してもらいたい食べ方をご紹介する。ダイエット中でもカロリーオフして食べることができるので、ぜひ試してほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ロールキャベツの特徴

タネを作り、一枚ずつキャベツで巻いて、崩れないよう気をつけてじっくり煮込む...。ロールキャベツには、そんな手間のかかるイメージをお持ちかもしれない。確かにキャベツをむく時に葉が破れたり、上手く巻けなかったり、煮ているうちに崩れてしまったりと、つまずくポイントが多いのも特徴だ。しかし、第一の難所「むく」作業は、簡単に乗り越えることができる。

実は、世界中のいたるところで食べられているロールキャベツ。これを機に、世界の人気料理をマスターしよう。

2. ロールキャベツのキャベツのむき方

ロールキャベツを調理する時には、キャベツの葉を一枚ずつむいてタネを包むが、この作業が意外と厄介。そのままむくと葉が破れてしまい、使えなくなることもよくある。

そこで、ぜひ試してもらいたいキャベツのむき方がある。キャベツの芯を包丁で取り除いた後、キャベツの下部から葉先に向かって全体を手で叩く。軽くノックするように叩いていくと、葉が勝手に根元から離れてくる。また、取り除いた芯の部分に水道水を流し込むと、葉がさらに浮いてくるので、優しく根元をちぎれば、キャベツが破れることなく上手にむくことができる。

3. ロールキャベツで試したい食べ方

ロールキャベツはどんな味付けをしても合う、バリエーションの広い料理だ。中にはロールキャベツを焼いてからケチャップやウスターソースをかけて食べる人もいる。とにかくロールキャベツは煮ても焼いても美味しいので、ぜひ色々と試してみてほしい。ここでは、定番の味付けから変わり種までのラインナップを紹介する。

トマトソース煮ロールキャベツ

トマト缶とケチャップで味付けした、ロールキャベツの定番中の定番。煮込むうちにスープが濃縮され、まるでソースのようになる。先にロールキャベツを焼き、後からトマトソースにショートパスタを加え、最後に上から粉チーズをかけると、おしゃれなご馳走になる。

ブイヨンで美味しくさっぱりロールキャベツ

ロールキャベツの王道、ブイヨンで煮込んだあっさりめの味付けも人気が高い。タネを鍋に敷き詰めた後に、適量の水とブイヨンを加えてよく煮込む。ひき肉のうまみがたっぷり出たスープは、ぜひとも飲み干してほしい。

ロールキャベツのホワイトソース煮

牛乳のまろやかさが、キャベツとひき肉のうまみを引き立てる。中にチーズを入れると、さらに絶品だ。チーズをたっぷりとかけてオーブンで焼けば、グラタン風に。ロールキャベツとチーズの相性は最高だと言える。

ロールキャベツ入りスープカレー

ロールキャベツをスープカレーの具にする、変わり種のアレンジ方法だ。タネの中にウインナーを入れても美味しい。子どもにも食べやすく、家庭の人気レシピになること間違いない。

4. ロールキャベツをカロリーオフするダイエット中の食べ方

ダイエット中には、ロールキャベツに使うひき肉や味付けのカロリーが気になってしまう方もいるだろう。しかし、実はロールキャベツ自体のカロリーはそれほど高くないので、味付けを工夫すればカロリーオフして食べることができる。

和風出汁でたっぷり煮込む

おすすめなのが、たっぷりの和風出汁で煮込む食べ方だ。おでんの具にロールキャベツが入っている場合があるように、和食としても食べることができる。たっぷりと汁を吸わせたロールキャベツは少量でも満足感が得られ、うまみが溶け出た出汁を飲めば、さらにお腹も膨らむ。

タネに豆腐をまぜる

カロリーオフの工夫として、タネのひき肉に豆腐を混ぜ込む方法もある。牛ひき肉、合びき肉の代わりに鶏ひき肉を使えば、さらにカロリーオフできる。スープで煮込むことで、タネがパサつくことなく美味しく食べることができる。

結論

ロールキャベツを調理する際、キャベツをむく時に葉が破れてしまい、苦手意識が芽生えるかもしれないが、少しの工夫によって驚くほど簡単になる。また、ロールキャベツにはどんな味付けもマッチするので、日々の食卓に登場するレパートリーのひとつとして、心強い存在になるだろう。ぜひともマスターしてほしい料理と言えそうだ。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ