このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

じゃがいも選びから調理のコツまで!ポテトサラダの美味しい作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月25日

ササッと一品追加したい時に、作り方を知っていると便利なポテトサラダ。ここでは、ポテトサラダに使うじゃがいもの選び方から、下ごしらえのコツ、時短可能な作り方を紹介する。ぜひ基本の作り方を押さえて、レパートリーに追加しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポテトサラダ向き食材の選び方

スーパーで買うことができるじゃがいもには数種類あるが、ポテトサラダに向いている品種は「男爵」だ。加熱するとほくほくし、形が崩れやすいため「潰す」系の料理に向いている。「メークイン」はしっとりとして加熱しても潰れにくく、ポテトサラダにはあまり向かないが、煮物やカレーなどじっくり火を通す料理に向いている。
なかでも、よいじゃがいもは皮が薄くて滑らかな、大きすぎないものだ。少し硬いくらいのものが新鮮で、柔らかいものは古くなってしまっている可能性がある。芽が出ているものは、味が落ちるだけでなく、間違って食べると芽に含まれているソラニンという物質が食虫毒を引き起こすので要注意だ。また、全体が緑になっているじゃがいもも、毒素を含んでいるので避けよう。

2. ポテトサラダの下ごしらえと基本の作り方

ポテトサラダを美味しく作るために重要な下ごしらえは、じゃがいもを茹でる作業だ。じゃがいも本来の甘さを引き出すため、皮付きで丸ごと、水からゆっくりと茹でるのがポイント。水から茹でるとじゃがいもに均一に火が通るが、熱湯で茹でてしまうとじゃがいもの外側に火が通りすぎてしまい、食感が損なわれてしまう。茹で上がったら冷めないうちに潰し、味付けをする。そのためには、いかに迅速に皮をむくことができるかが大切だ。
この皮むきにもコツがある。茹でる前のじゃがいもの皮に、深さ1mm程度の切れ目を一周入れておこう。じゃがいもが茹であがったら、氷水に10秒間だけ浸して冷やす。氷水から取り出してじゃがいもの両端の皮をひっぱると綺麗に剥ける。氷水に入れすぎると冷めてしまうので、10秒間を厳守してほしい。
皮をむいたじゃがいもはボウルに移し、熱いうちに塩・コショウ・酢を馴染ませながら、木べらまたはフォークで粗くつぶす。じゃがいもの粗熱がとれてから、きゅうり・玉ねぎ・ハム・茹で卵といった好みの具材とマヨネーズを加えて和える。生野菜を加える場合は、軽く塩もみして水気を十分に絞っておくのがポイントだ。

3. 電子レンジでポテトサラダの時短調理!

時間がないけどもう一品何か足したい、そんな場合は時短バージョンのポテトサラダがおすすめだ。じゃがいもの皮をむいて縦に包丁を入れ、1cm幅のいちょう切りにする。水を大さじ1程度、コンソメ顆粒を少々加えて600wの電子レンジで3分程度温める。さらに5分ほど蒸してから、マヨネーズで和えれば完成だ。味が物足りない場合は、コンソメや塩コショウをプラスしてもよいだろう。調理時間が短縮できるので、急いでいる時は電子レンジを上手に利用しよう。

結論

ポテトサラダは、じゃがいも本来の味が表れるため、じゃがいもを選ぶ段階から品種にもこだわって、状態のよいものを選んでほしい。あとは基本の作り方に忠実に従えば、じゃがいもの旨味を存分に楽しむことができる。時短バージョンでも十分美味しく作ることができるので、両方ともマスターして、場合によって作り方を使い分けよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ