このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

簡単&定番おかずをさらに美味しく!意外なポテトサラダの食べ方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月15日

簡単に調理でき、食卓の定番とも呼べるポテトサラダ。和風・洋風に関わらず、さまざまなメイン料理を引き立てる優秀な副菜だが、いつも同じ食べ方ではさすがに飽きてしまうのではないだろうか。今回は、ポテトサラダの一風変わった美味しい食べ方や、ダイエット中の人でも楽しむことができる食べ方を探ってみよう。

1. 再確認!ポテトサラダの特徴

ポテトサラダは、じゃがいもを茹で、マヨネーズで和えたシンプルな一品だ。ポテトサラダの特徴は、じゃがいもの品種ごとの特徴そのものだと言うことができる。
ポテトサラダに向いているのは、加熱することで崩れやすくなる、ホクホクした食感が持ち味の「男爵」や「キタアカリ」などの品種だと言われている。一方、「メークイン」は固く、崩れにくく粘りが強い。甘味は男爵よりも強く、じゃがいも自体の味わいやコクを感じることができる品種だ。
また、新じゃがいもは、小さくて薄い皮を持った春が旬のじゃがいもだ。みずみずしい口当たりで、男爵やメークインとは違った美味しさがある。メークインや新じゃがいもは、一般的には潰して調理する料理には向かないと言われてはいるが、どのじゃがいもが自分の好みに合うか、いくつかの品種でポテトサラダを作ってみても楽しいだろう。

2. ポテトサラダのためのじゃがいもの切り方

ポテトサラダでじゃがいもの旨味を味わうためには、皮ごと茹でるのが一番よい。しかし、火が通るのに時間がかかって不便だという場合には、「いちょう切り」にして加熱するのがおすすめだ。皮をむいたじゃがいもを十字に4等分し、そのまま切り口と平行に、いちょうの形になるよう切ってから加熱しよう。鍋で茹でる場合も、電子レンジを使用する場合も、火の通りを一定にするために、大きさを揃えることが切り方のコツだ。また、水から茹でるということも、美味しく仕上げるためには大切なポイントだ。

3. ポテトサラダの美味しい食べ方

ポテトサラダは冷やして食べるイメージがあり、調理後に粗熱を取って冷蔵庫で冷やしてから食卓に出す、というのが美味しい食べ方だと思われている。しかし、本当にじゃがいもの美味しさが引き立つ食べ方をするなら、ポテトサラダは温かいうちに食べるのが正解だ。冷えるとじゃがいものでんぷんが固まってしまい、本来のコクや風味を失ってしまう。一度、温かいままのポテトサラダをぜひ試してみてほしい。こんな美味しい食べ方を知らなかったのか、と驚くかもしれない。

4. ダイエット中におすすめなポテトサラダの食べ方

じゃがいもの糖質やマヨネーズの脂質など、ダイエット中には気になる成分がたくさん含まれているのがポテトサラダだ。しかし、じゃがいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくく、また塩分や老廃物などを排出するカリウム、腸内活動を活発にする食物繊維なども含まれている。つまり、ポテトサラダは必ずしもダイエットの敵でなく、糖質や脂質に注意した食べ方をすることが大切なのだ。
ダイエット中の人におすすめの食べ方は、じゃがいもの量を減らしておからを加えることだ。おからの食感はじゃがいもに似ており、カロリーも糖質も抑えることができる。食物繊維をさらにプラスするために、キャベツを加えるのもよい。にんじんやトマト、きゅうりなど、たくさんの野菜を加えてかさ増しすれば、満腹感もバッチリだ。

結論

何となく食べていたポテトサラダでも、じゃがいもの品種や調理の仕方、美味しい食べ方を意識すると、ひと味違った楽しみ方ができる。じゃがいもの糖質やカロリーはダイエット中の人には気になるところだが、おからで代用すれば問題ない。じゃがいもの栄養をダイエットに活かすためにも、ぜひポテトサラダを日頃から作ってほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ