このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ご飯のお供から調味料まで!浅漬けでカロリーオフ生活をはじめよう

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年1月24日

定食を頼むと、必ずと言ってよいほど、ご飯のお供として添えられる浅漬け。毎日の食卓にも浅漬けが並ぶ家庭は多く、箸休めとして、口のリフレッシュとして日本人の食生活になくてはならない存在だ。毎日食べるからこそ、浅漬けのカロリーや栄養についてきちんと知っておきたい。

1. 塩で漬け込んだ浅漬けは低カロリー?

ぬか漬け、しば漬け、粕漬けなど、漬物にはいろいろな種類があるが、浅漬けは、野菜をシンプルに塩でもみ、そのまますぐに食べる漬物のことをいう。使う調味料は塩のみなので、カロリーが低いのが特徴だ。

例えば白菜の浅漬けなら、100gあたり16kcal。一食分はだいたい50gほどなので、8kcalとかなり低カロリーだ。生の白菜のカロリーと比較してみると、白菜のカロリーは100g14kcalなので、浅漬けにしてもほとんど変わらないことが分かる。

2. 浅漬けは野菜の栄養をまるごと摂取できる

浅漬けは、野菜を塩でもんで漬けるだけ。加熱調理をすると生野菜に豊富なビタミンが壊れてしまう心配があるが、浅漬けなら、ビタミンはもちろん、ミネラル、食物繊維など野菜の栄養をそのまま体に取り込むことができる。

例えば、先ほどの白菜の浅漬けを例に栄養を見てみると、白菜の浅漬け一食あたり50gの栄養素は、たんぱく質、脂質は白菜にもともとないのでわずかだが、ビタミンKと葉酸の成分がとても高い。もともと白菜50gにはビタミンKが29.5μg、葉酸が30.5μg含まれている。浅漬けにすると水分が抜けるので単純比較はできないが、参考までに数字を紹介すると、白菜の浅漬け50gにもビタミンが28.5μg、葉酸が41.5μg含まれている。

注意したいのが塩分だ。浅漬けに使う塩の量は、一般的に食品の重さに対して約2%と言われている。野菜をたくさん摂りたいからと浅漬けを食べ過ぎてしまうと、塩分の過剰摂取になる可能性もある。食べ過ぎには気を付けよう。ちなみに、白菜の浅漬け一食分で食塩の量は1.15gだ。食塩の一日の必要摂取基準は一日8.0gではあるが、食事の中で食塩は気付かぬうちに取っているので、やはり、浅漬けは基準の一食分で抑えておきたい。

3. 浅漬けの糖質は野菜の種類に左右される

浅漬けは砂糖を使わないので、糖質は低い漬物だ。糖質の違いは、漬ける野菜に何を使うかによる。糖質の低い野菜を使えば糖質は低いし、糖質の高い野菜を使えば糖質が高い浅漬けになる。そこで、ここでは野菜の糖質について紹介する。

浅漬けに向いていて100gあたりの糖質が低いものは、白菜1.9g、きゅうり1.9g、小松菜0.5g。なす2.9gや大根2.7g、キャベツ3.4gも多少上がるが、まだまだ低い方だし、浅漬けとして美味しく食べられるのでおすすめだ。注意したいのは、にんじん。100gあたり6.4gもの糖質を含む。にんじんの浅漬けは栄養価が高く、食感もよい。ついポリポリとたくさん食べてしまいがちなので、食べる量には気を付けよう。

4. 浅漬けを調味料として使ってカロリーオフ!

カロリーや糖質が低い浅漬けそのものはダイエット向きだが、ほどよい塩気からついご飯が進んでしまい、結果的にカロリーオーバー、糖質の取り過ぎということになりかねない。浅漬けを食べながらカロリーオフする食べ方は、浅漬けを調味料として使う方法がおすすめだ。

例えば、浅漬けのヘルシーコールスロー。千切りにしたキャベツを塩で軽くもんで3~4分置く。キャベツの余分な水分はしっかり絞る。ここにマヨネーズと黒コショウ、そして、好きな野菜の浅漬けの千切りかみじん切りを加えて和える、というだけのシンプルな料理だ。実は、キャベツに浅漬けを加えることで、調味料がごく少量で済むのがポイント。マヨネーズの分量はいつもの3分の1でOKだ。

結論

浅漬け自体のカロリーは低く、適量であれば毎日食べる分には問題ない。しかし、さらに工夫をすることで、単なるご飯のお供から万能調味料へと変化する。好きな野菜の浅漬けを味付け代わりに取り入れるなどして、料理のカロリーオフに大いに活用しよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ