このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

簡単なのに本格的!韓国肉料理プルコギの美味しい作り方を公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年1月31日

甘辛いタレが食欲をそそる韓国の肉料理「プルコギ」。家庭でも簡単に作ることができるメニューだが、細かい作り方を意識したことはない人も多いのでは。今回は、プルコギを美味しく仕上げるためのポイントをいくつかピックアップしていく。下ごしらえのコツや簡単な手順のほか、食材の選び方もチェックしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ご飯が進むガッツリ肉メニュー!プルコギの食材の選び方

プルコギは、甘い味付けのタレに漬け込んで下味を付けた肉を、野菜と一緒に焼いて食べる韓国料理。そのままでも美味しくいただけるが、サンチュなどの葉野菜で巻いて食べることもある。

醤油・砂糖・酒・ニンニク・果物の果汁などをベースとした甘辛のタレも特徴だ。使用する肉は牛肉で、牛もも肉や切り落としなどの薄切りの肉を選ぶ。基本的には牛肉を使うが、鶏肉や豚肉でも美味しく作ることができるので、自宅にあるもので代用してもOK。野菜も、冷蔵庫にあるものを何でも使えるのがプルコギの利点だが、タマネギ・ピーマン・ネギ・シイタケなどのキノコ類、ほかに豆もやしなどがあると、韓国メニューらしさが楽しめる。

プルコギはもちろん、ごはんとの相性バツグン。サンチュやサニーレタスなど、生で食べる葉野菜で巻くのも格別だ。大葉や香菜などの香味野菜をポイントに加えて、味の変化を楽しんでみてはいかがだろう。

2. 調理が簡単になるプルコギの下ごしらえのコツとは

醤油・砂糖・酒・ニンニク・果物の果汁をベースとしたタレに、肉を漬け込んでおく。保存袋などに入れてタレをよく揉み込むと、酒や果汁の効果で肉が柔らかくなり、旨みも増す。野菜は薄切りにして準備。

肉を焼いたときの肉汁で野菜を炒めるのもよいが、簡単に美味しく仕上げるなら、肉と一緒に野菜もタレに漬け込んでおくと、味にまとまりがでるのでおすすめ。野菜の歯ごたえを楽しみたいなら、別にしておいて後からさっと炒め合わせるようにする。

3. 簡単で美味しく仕上がるプルコギの作り方

本場韓国では、中央が山形に盛り上がった専用鍋「プルコギパン」を使用して、鍋の淵にたまったタレにつけながら食べるのが一般的。日本の家庭ではなかなか準備できないことが多いので、プルコギを炒める際にはフライパンを使おう。

漬けダレに粉唐辛子を好みで加えると、ピリッとした辛さが楽しめる。肉と野菜を一緒に漬け込んでおくと、味付けが簡単で調理も楽。万能ネギやニラなどの香味野菜を使用する場合は、漬け込まず最後に加えるようにする。タレをからめながら中火でじっくりと炒め、最後に強火で水気をとばして仕上げる。鶏肉や豚肉を使用する場合も、基本的な作り方は同様だ。肉にタレが満遍なくしみ込むように、一口大の大きさに切って調理するとよいだろう。

結論

プルコギを家庭で作る時は、肉と一緒に野菜も漬けダレに漬け込んでおくと、味が均一になって簡単に美味しく仕上がる。しっかりタレを揉み込んでおくこともポイントだ。タレが十分にしみ込むことで肉が柔らかくなり、旨みも増す。具材として野菜をたっぷり使ったり、葉野菜で巻いて食べると、一品でも栄養バランスは格段にアップする。味のアクセントにコチュジャンをつけたり、キムチを一緒に巻くのも美味しいので、ぜひ試してほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ