このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コク深く旨い生姜焼きを作る秘訣は漬け込みにアリ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月 3日

ごはんのおともにぴったりの生姜焼きは、どの世代にも人気の料理である。比較的調理が簡単であるため、料理のレパートリーに入れているという人も多いのではないだろうか。しかし、料理上手が作る生姜焼きと自分が作る生姜焼きの出来栄えに“差”を感じる人もいるだろう。その差の原因は“漬け込み”にあるのかもしれない。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 漬け込みタレを制する者は生姜焼きを制する!

豚肉を生姜タレに漬ける。漬けた肉を焼いて完成!このように生姜焼きはじつにシンプルな料理といえる。では、何が生姜焼きの味を左右するのだろうか。おわかりの通り生姜焼きの肝は"タレ"である。タレの調合こそ、味わい深い生姜焼きを作るポイントなのだ。

生姜焼きの漬けタレは生姜汁、酒、醤油、さらに甘みの要素として砂糖やみりんを加えるのが一般的な作り方である。
ここで、ひと味違う生姜焼きを作るコツを紹介しよう。ポイントは砂糖やみりんの代わりに"ジャム"を入れることである。ジャムを加えることで甘みや酸味、旨みが増し、さらにほどよいとろみがあるため、タレが肉に上手く絡むようになる。まさに生姜焼きのタレの甘みの要素にぴったりの食材なのだ。
さらに砂糖を使用した場合と比較して、ジャムを使用した漬けタレに漬けた豚肉は、焼きあがりにも差が出る。美しい"照り"が出るのだ。
2人分の生姜焼きを作る場合は、ジャムを漬けタレに大さじ1.5杯ほど加えるのが適量である。もちろんお好みで量は加減してほしい。

漬けタレに使用するジャムの種類は何でも構わない。しかしとくにおすすめしたいジャムは、オレンジママレードである。ママレードにはほどよい苦みがあり、何ともいえない深みのある生姜焼きに仕上がるのだ。どの家にも冷蔵庫にひとつやふたつ、使いかけのジャムがあるのではないだろうか。ぜひ生姜焼きの漬けタレの材料として使ってみてほしい。

2. 生姜焼きの漬け込み時間短縮テクとは?

生姜焼きを作る際は、豚肉の厚みや大きさにもよるが漬けタレに漬け込む時間も重要である。2人分(200g)の豚肉に対しては、約10分~15分の漬け込み時間が必要である。
この漬け込み時間を少しでも短縮し、すぐに調理を開始したいという人におすすめの時短ポイントを紹介しよう。

・バットではなく、食品用保存袋に漬け込む

食材の漬け込みにはよくバットを使うが、漬け込みにスペースを取ることや、食材がすべて浸る量の漬け込み液を作らなければならないというデメリットもある。そこで便利なのが、食品用保存袋である。少ない調味液で効率よく味をしみ込ませることができる。

・食品用保存袋の上からしっかりもむ

さらにもみ込むことでタレが素早く豚肉の繊維の中まで浸透し、漬け込み時間の短縮を図れる。もみ込むことで生姜焼きの工程の半分の漬け込み時間でもしっかりと下味を付けることができるのだ。
漬け込み終了後、焼きに入るのだが、その際には漬け込み液も一緒に入れて焼くのがおすすめである。漬け込み液を絡めながら焼きあげることで照りが生まれ、目にも美味しい生姜焼きに仕上がるだろう。ただし、漬け込み液は焦げやすいので注意しよう。

3. 一晩漬け込み噛むほどに味が出る生姜焼きを目指す

生姜焼きは約5分~15分漬け込むだけでも美味しく仕上げることができる。しかし一晩漬け込むとさらに旨みやコクが増し、美味しくなる。
漬け込む際は、食品用保存袋に漬け込み液を入れ、空気を抜いて口を閉じる。このまま一晩冷蔵庫の中で寝かせよう。この状態で保存すれば、約3日は保存することも可能である。
漬け込んでおくと、生姜焼きを食べたいときにすぐに焼いて食べることができるため好都合だ。夜、仕込んでおけば朝食の際にはただ焼くだけで済むため、本来漬け置きに要する約15分を短縮できるのだ。
旨みがアップするうえ、調理時間を短縮できる生姜焼きの一晩漬け置き。ぜひおすすめしたい調理法である。

4. 生姜焼きが漬け込み冷凍に適するワケとは?

生姜焼きは漬け込み冷凍に適した料理であることをご存知だろうか。じつは冷凍することで豚肉の表面に漬け込み液がコーティングされ、豚肉の乾燥を防ぐ効果があるのだ。
漬け込み冷凍の際に注意したいポイントは、冷凍保存用の袋を使用すること。生肉を保存・解凍するため、丈夫なものが適している。
では、冷凍保存の仕込み手順を紹介しよう。まず豚肉の表面の余分な水分をふき取る。そして豚肉と調味料を冷凍保存用の袋に入れ、軽くもんだあと、袋内の空気を抜き冷凍する。このとき、通常より漬け込み液を少し多めにして、豚肉全体がしっかりコーティングされるよう心がけよう。
生姜焼きの調理をする際には、解凍した豚肉を保存袋のまま大きめの容器(ボウルなど)に入れて、流水解凍する。手順通りに冷凍保存することで、生肉を使用した際と変わりない美味しさの生姜焼きを楽しめるだろう。

結論

生姜焼きは誰にでも簡単に作ることができる料理かもしれない。しかし漬け込みを極めることで、美味しさや仕上がりの美しさがアップすることをおわかりいただけただろう。漬け込み液に使用する調味料の種類や漬け込みに要する時間によっても味は変化する。生姜焼きの"漬け込み"をマスターして、ひと味違う美味しい生姜焼きを目指してほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ