このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

手作りのガラムマサラはどれくらい保存できる?保存方法の解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月10日

カレーをはじめとしたさまざまな料理に、刺激と香りをお手軽に足せるガラムマサラ。さまざまなスパイスを買い揃え、自分オリジナルのガラムマサラの配合に挑戦するのも楽しいが、スパイスは鮮度が命。保存方法や保存期間がわからないと一度にどれだけ作り置きしていいものかわからず困ってしまう。ここでは、ガラムマサラの保存方法について解説したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自分で作ったガラムマサラの正しい保存方法

さまざまなスパイスを組み合わせて作るガラムマサラは、鮮度が命。正しい保存方法でないと香りがすぐに飛んでしまう。自分で作ったガラムマサラは、なるべく空気に触れないように密閉できるタッパーやガラス瓶などで保存しよう。軽く炒って火を通してからすりつぶしたガラムマサラは、正しい保存方法であれば1ヶ月ほど持たせることができる。

ガラムマサラの劣化を防ぎたいのであれば、保存場所にも気を付けたい。ガラムマサラに限らず、スパイスの鮮度は光や熱、湿気によって落ちていく。ガラムマサラの風味を損ねずに保存したいのであれば、湿気の少ない冷暗所に置いておくのがよいだろう。

冷蔵庫は内外の温度差で湿気てしまうことがあるので、あまりガラムマサラの保存には適していない。

2. 鮮度のよいガラムマサラを楽しみたいならその都度作るのが正解

正しく保存できていれば多少は日持ちするとはいえ、やはり新鮮なガラムマサラの方が香りがよい。ミキサーやミルサーで手軽に粉末にできる環境が整っているのであれば、生の状態のスパイスをそれぞれに適した状態で保存しておき、使いたいときにその都度作った方が香りのよいガラムマサラを楽しむことができておすすめだ。

とくに、生のまま粉末にしたガラムマサラは、香りや刺激も強いが劣化も早い。生スパイスの香りを楽しみたいのであれば、その都度作る位のつもりでいた方がガラムマサラの香りを楽しむことができるだろう。生のまま作ったガラムマサラを作り置きするのであれば、使う前に香りが飛んだり変質したりしていないか、しっかり確認してから使うように気を付けたい。

3. ガラムマサラの冷凍保存について

基本的には少量作っては使い切る、ということを繰り返すのがおすすめのガラムマサラだが、どうしてもまとまった量を作り置きしたいのであれば、冷凍保存がおすすめだ。冷凍庫は湿度や温度が一定に保たれているため、フリーザーバックなどを使ってなるべく空気を抜いた状態で冷凍保存すれば最高の保存場所になる。とくに夏場は、低湿度の冷暗所に置いたとしてもガラムマサラの風味が落ちてしまいがちなので、冷凍庫を上手く活用して香りを保ったまま保存したい所だ。

ガラムマサラに限らずスパイスは冷凍すれば長期保存することが可能なので、ガラムマサラに使う原料のスパイスも併せて一緒に冷凍保存しておくといい。曳く前の状態のホールスパイスであれば、2年程度冷凍保存することが可能なので、覚えておくといいだろう。

4. 冷凍保存したガラムマサラは解凍も不要!

冷凍庫で保存したガラムマサラは、凍ることがないため解凍する必要がない。使いたいときはそのまま取り出して使うだけなので、気楽に冷凍しておくことができる。ただし、いくら冷凍庫で保存しているとはいえ、フリーザーバックからの出し入れを繰り返してしまっては冷蔵保存と同様に温度差で結露が生じかねない。

それなりの量のガラムマサラを作り冷凍保存するのであれば、何回分かに小分けした状態で冷凍庫に入れておくといいだろう。

結論

手作りのガラムマサラは、ほんの少し加えるだけで料理を引き立ててくれるが、よい香りを維持したいのであれば保存方法にはよく注意しておこう。ちなみに、料理にガラムマサラを使うときは、最後の仕上げに加えるのが基本だ。ガラムマサラを加えてから炒めたり煮込んだりしてしまうと、せっかくの香りが飛んでしまうのでガラムマサラを加えるタイミングには気を付けてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ