このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コンソメを使って献立の悩みを解消!マルチ活用術とは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月10日

コンソメは、具材と一緒に煮込むだけで美味しいスープができる調味料としてどの家庭にもあるものだが、スープ以外にもさまざまな料理のベースに使えることはご存じだろうか。コンソメを使いこなせるようになれば、もう一品ほしいとなったときに簡単に作り足せるようになり、洋風の献立で悩むことはなくなる。ここでは、コンソメの活用術について紹介したい。

1. もう一品ほしいかも......?コンソメを使ったおすすめの副菜

メインのおかずは決まったものの、もう一品がなかなか決まらない......。すぐに作れて味がしっかりした副菜がほしいときは、コンソメに頼ってみてはいかがだろうか。コンソメには野菜や肉のエキスが凝縮されており、それだけで美味しい味が完成するように作られている。コンソメを上手く使えば、その都度出汁を取るところから始めなくてよい分、手軽に料理を作ることができるのだ。炒めものや煮物など、洋風で味を調えたいときはコンソメを活用してみよう。

また、ポテトチップスの定番にコンソメ味があるように、じゃがいもとコンソメの相性はよい。フライドポテトやポテトサラダの味付けにコンソメを使ってみるのもおすすめだ。手軽に一品作りたいというときは、電子レンジを活用するとよい。ハムやソーセージなどの肉類に顆粒タイプのコンソメ、好みの野菜をカットして深めの耐熱皿に入れ、ラップをゆるめにかけてレンジで加熱すれば、コンソメ風味の蒸し野菜が完成だ。

主菜と並行して副菜を作れば、完成のタイミングを合わせてどちらもできたてを食卓に並べられるようになる。コンソメを使えば、細かい調味料の配分を気にしなくてもよい分、片手間でも簡単に一品作ることができるので、ぜひうまく活用してみてほしい。

2. スープの味付けに悩んだらコンソメでOK!

コンソメを使った副菜の作り方から紹介したが、もちろんコンソメはスープ作りでも活躍する。適当な野菜と一緒に煮込むだけでスープができあがってしまうコンソメは、簡単に汁物を作りたいときに重宝する。

献立を考える際、品数と併せて気を付けたいのは栄養バランスだ。コンソメスープならたいていの野菜を美味しくいただけるので、メインに据えたおかずに不足している栄養を補えるような野菜をスープに使うようにするとよいだろう。また、もう少しボリュームを足したいというときは、ロール白菜やポトフといった具沢山のスープにするとよい。

毎回同じコンソメスープというのも......というときは、具材にトマトを使ったトマトスープがおすすめだ。トマトは栄養豊富なうえ、グルタミン酸という旨み成分も豊富だ。味に深みが出るだけでなく色も鮮やかになり、目でも楽しめるスープになる。

3. こんな料理も作れる!コンソメを使ったアレンジレシピ

いくらコンソメが万能の調味料とはいえ、毎回同じ料理が続くと飽きてしまうこともあるだろう。そんなときは、コンソメを使った一風変わったアレンジレシピに挑戦してみよう。

おすすめしたいのが、白出汁の代わりにコンソメを使った洋風茶碗蒸しだ。作り方は簡単で、溶いた卵にコンソメと水を加えてよく混ぜる。耐熱容器に具材を入れたら、先ほど作った卵液を流し込んで蒸すだけだ。洋風の味付けに合わせて、具材もチーズやマッシュルーム、ハムなどを使うと見た目もお洒落な仕上がりになる。好みで水の代わりに牛乳を使ってみたり、塩コショウで味を調えたりといろいろアレンジしてみるとよいだろう。

そのほかにも、コンソメはたいていの具材と相性がよいので、冷蔵庫の残りものをアレンジするにも向いている。中途半端に残ったおかずの味付けを変えたいというときはコンソメを上手く使えないか試してみよう。

結論

もう一品ほしいというときに、パッと思い付いて作れるようになれば一人前だ。コンソメは何に使っても合う万能の調味料なので、献立に迷ったときはコンソメを使って簡単に何か作り足せないか考えてみるとよいだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ