このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

味付けがすべて!多様な場面で使用できる出し巻き卵のイロハを伝授

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月21日

卵の定番料理ではあるが、巻きあげる作業や味付けが難しいイメージのある出し巻き卵。しかし、いまから説明するポイントやコツを覚えておくだけで簡単に美味しく作りあげることができる。そこで今回は、出し巻き卵のイロハについて説明していこう。

1. 味が様変わり!出し巻き卵の出汁の種類と取り方

出し巻き卵に味付けをする要となるのが、出汁だ。出汁はかつお節ベースのものを使用するのが主流だろう。一方で、手軽に使用できるめんつゆなどを使用している家庭もあると思う。
出し巻き卵のベースの基本は、このかつお節・めんつゆの2種類だ。

・かつお出汁で作る出し巻き卵

かつお節で出汁を取る場合は、沸騰した湯にかつお節を入れ、2~4分間放置。その後、かつお節を鍋から取り出し、残ったかつお出汁を使用する。
毎回、かつお節から出汁を取るのが面倒という人は、市販でかつお出汁や顆粒状のものが販売されているので、そちらを使用してみるとよいだろう。このかつお出汁に、醤油やみりんを加え、卵液と混ぜる。

・めんつゆで作る出し巻き卵

一方で、めんつゆを利用した簡単レシピも存在する。めんつゆや、必要に応じて酒、みりんなどを卵液に混ぜよう。
このとき注意すべきは、めんつゆの量だ。味のインパクトが強いめんつゆの量を誤ると、出し巻き卵ができあがった際に、卵本来の味わいが感じにくくなってしまうためだ。また、出し巻き卵を食べるとき、醤油を使用して食べる人も多いと思う。このときに、出し巻き卵自体の醤油風味が強すぎると、味がくどくなってしまう。

2. 出し巻き卵の作り方と上手く巻きあげるコツ

出し巻き卵の作り方とうまく巻きあげるコツについて詳しく説明していく。

・卵液の準備

卵を必要な数量用意し、出汁や醤油などと混ぜ合わせていく。このとき出汁の割合が多いと、巻きあげる工程の難易度が格段に向上するので、慣れるまでは出汁の分量を少なくすることをおすすめする。必須工程ではないが、漉す作業を行うと出し巻き卵の舌触りがよくなるので、時間がある場合などに行うとよいだろう。

・焼く準備

フライパンを中火で温めておく。そのあと油をしみ込ませたキッチンペーパーで薄く油をひいていく。卵液を一滴垂らして、ジュっと音が鳴る程度が焼いてもよい温度の目安だ。フライパンを温めすぎると卵がくっつき、巻きにくくなるので注意が必要だ。

・焼きあげる

フライパンに1/5の分量の卵液を入れていく。このとき、空気で表面が膨らんでくる箇所があるので、箸で刺して膨らみを取り除く。
半熟状態まで焼きあげると、奥側から手前側に向かって折り返すように巻いていく。奥側の空いたスペースにキッチンペーパーで油をひき、卵を奥側に移動させ、手前にも同様に油をひく。
新たに卵液を入れ焼いていくが、このとき奥側の卵の下にも卵液が行き渡るように箸で卵を持ちあげる。焼けたら同様に巻いていき、卵液がなくなるまで同じ工程を繰り返す。

3. プロ顔負けの一品!出し巻き卵味付けのタイミング

出し巻き卵の味は基本的に卵本来の味わいと、出汁の味で決まる。そのため、味で差をつけるには、卵の選定と出汁の作り方が出し巻き卵の味付けのコツといえる。
卵はなるべく鮮度の高いものを選ぶ必要がある。スーパーなどで販売されているときは、見分けがつきにくいので、なるべく採れたての卵を購入するようにする。
出汁の作り方は先ほど説明した通りだが、出し巻き卵にアレンジとして酸味や辛みを与えたいときは、出汁の段階で味付けしておくと全体にまんべんなく行き渡る。

4. ひと手間加えた出し巻き卵のアレンジレシピ

チーズ出し巻き卵
いろいろな料理との相性がよいチーズは、出し巻き卵とも相性がバツグンだ。チーズを入れるタイミングは、卵を巻きあげる直前。卵液にチーズを混ぜてしまうと、巻きあげる際にフライパンにくっつき巻きにくくなってしまう。

出し巻き卵サンドイッチ
ごはんとセットの印象が強い出し巻き卵だが、パンとの相性も最高だ。
まずは、普段通りに出し巻き卵を作るが、このとき出汁の味を少し濃い目にする。焼きあげたあとは、からしマヨネーズを塗った食パンの上にのせ、好みのサイズにカット。
パンが出し巻き卵の味を引き立て、からしマヨネーズとの組み合わせもよい。出し巻き卵のアクセントとして、焼きあげる際にねぎやとうもろこしを合わせるのもありだ。

野菜入り出し巻き卵
出し巻き卵に、野菜を細かく刻んで焼きあげることで、子どもが抵抗なく野菜を摂取できる。ねぎやほうれん草、大葉などさまざまな野菜で試してみよう。刻んだ野菜は、出し巻き卵を巻きあげる際に影響を及ぼさないので、卵液に混ぜてよい。
卵液に入れ混ぜたあとは普段通りに焼きあげる。

結論

出し巻き卵の味付けは、一見難しそうに思うがいたってシンプルだ。和食の定番ともいえる料理なので、作り方などをマスターしておくとよいだろう。出汁次第で味の幅が広がるので、いろいろな食材で出汁をとってみるのも面白い。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ