このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイエット中でもメンチカツが食べたい!気になるカロリーを徹底解析

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月11日

油でこんがり揚げて、サクサクした感触がたまらないメンチカツ。ふと、無性に食べたくなる人もいるのではないだろうか。しかし、メンチカツは作る際に、油であげる工程が必要なためカロリーが気になる。今回は、ダイエット中でもメンチカツを食べることができるのか、カロリーや栄養、糖質など気になる成分を徹底的に紹介していく。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 高カロリーと思われがちなメンチカツは意外に低カロリー?

サクサクした衣に、噛み締めたときに溢れ出る香ばしい肉汁が特徴的なメンチカツ。とんかつと同様に揚げ物のためカロリーが高いと思っている人も多いと思う。しかし、メンチカツはキャベツや玉ねぎなどの野菜も含まれているため、揚げ物の中でもカロリーは多少低めである。ごはんのカロリーと比較してみよう。
ごはん(1杯):235 kcal
メンチカツ(100g):196kcal
以上のように、メンチカツは、ごはん1杯よりもカロリーが低いのだ。
肉もふんだんに使用されているメンチカツは、カロリーとは裏腹に長時間の満腹感を味わうことができる。
低カロリーでヘルシーな料理に比べると、高カロリーではあるが食べごたえや満足感を考慮すると、効率よくお腹をいっぱいにすることができる料理といえるだろう。

2. 美味しいだけじゃ終わらせない!メンチカツに含まれている栄養とは

メンチカツに使用されている合挽き肉には、たんぱく質が豊富に含まれている。メンチカツには、ほかにも玉ねぎやキャベツが含まれているため、ビタミンなども同時に摂取することができるのだ。各栄養分について紹介していく。
  • たんぱく質
    筋肉や髪、爪をつくる栄養であり、人間の動力源となる重要なもの。大豆や魚、肉に豊富に含まれている。
  • ビタミンB6
    おもに玉ねぎに含まれており、たんぱく質の代謝を助ける働きをしている。お酒を飲んでいる場合などに、同時に摂取するとよい。

3. ダイエット中に食べても大丈夫?メンチカツの気になる糖質

近年糖質制限を利用したダイエット方法が流行っており、実施している人も多いだろう。
そのためカロリーより、糖質を気にしているという人もいるのではないだろうか。また、メンチカツはパン粉など糖質が高い食材を使用している。そのため気軽に食べるのは難しい料理といえる。
それでは、メンチカツの糖質について紹介していく。
メンチカツは100 g あたり、糖質が9.6gとなっており、糖質制限などをしている人からすると少し厳しい数値である。そのため、ダイエット中や糖質制限中は、メンチカツを頻繁に食べるのはよくない。メンチカツはパン粉に含まれている糖質が高いため、大幅に下げるのは難しい。多少味には影響が出てくるが、使用するパン粉の量を減らす・食べるときにソースを使用しない、などは糖質を減らすテクニックのひとつだ。ただし微々たるものである。

4. カロリーオフで食すことができるメンチカツの食べ方とは

少しでもカロリーを抑えて食べたい人におすすめする、メンチカツの低カロリーレシピを紹介していく。

・野菜の量を増やす

メンチカツのメインとして使用されている合挽き肉を減らし、キャベツや玉ねぎなどの分量を増やすとカロリーを抑えることができる。野菜のシャキシャキ感が増し、ひと味違った絶品のメンチカツを堪能することができるだろう。
低カロリーで食べる目的以外にも、子どもに野菜を食べてもらうために野菜の割合を増やすのもよい。

・赤身が多い合挽き肉を使用する

メンチカツに使用する合挽き肉には赤身と脂身があるが、赤身の割合を多くすることでカロリーを抑えることができる。理想では赤身8・脂身2の割合がよいとされている。

・エリンギなどを入れて満足感アップ

エリンギを使用することで、メンチカツにボリューム感が生まれる。そのため少量でお腹を満たすことができ、総カロリーを抑えることができるだろう。また、エリンギの風味がよいアクセントとなる。

結論

ダイエット中や糖質制限中の人には、メンチカツは避けてほしい料理ではある。しかし適度に食べる程度であれば、全く問題ないカロリーと糖質値のため、食べる条件を決めて、楽しみにしながらダイエットなどに持ち込むとよいだろう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ