このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

和洋中何にでも合う!ハレの日食材・鯛をもっと美味しく食べるレシピ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月25日

魚の中でも鯛は、高級魚として知られる存在。特に日本では縁起物として扱われることから、ハレの日の食材としての印象が強い。しかし、鯛の美味しさはハレの日だけにあらず。鯛は、日常の和食や洋食、中華にも、幅広く使うことができる万能食材なのだ。今、まさに旬を迎えている鯛を、家庭で美味しく食べるためのレシピについて学んでいこう。

1. 鯛はどんな魚?

鯛の種類

一般的に鯛と呼ばれて販売されているのは、真鯛である。そのほかにも黒鯛やチダイなどがいる。金目鯛は、名前こそ鯛だが、キンメダイ科の深海魚なので、生物分類学上は異種である。真鯛は鮮やかな赤色にブルーの斑点が浮かび上がる、美しい体色が特徴。「めで鯛」などと呼ばれるゆえんは、この美しい色合いと、長寿であることが関係しているようだ。

特徴と旬

真鯛は日本海、太平洋側ともに、日本各地で漁獲が確認されている。養殖も盛んで、愛媛県がダントツで多い。年中手に入れることができるが、産卵前にあたる桜の季節が旬である。このころの鯛は桜鯛と呼ばれ、特に珍重されている。

目利きのポイント

魚は、表面に張りがあり、ドリップが出ていないものを選ぶのが基本。鯛は一尾丸々の状態で販売されていることも多い。この場合は、表面の色が美しいもの、目が濁っていないものをチョイスすること。

2. 鯛で作るワンランク上の和食レシピ

昆布締めがおすすめ

鯛は淡白な白身の魚。クセがなく、あっさりとしているところが、和洋中問わずに使える理由でもある。そんな鯛を家庭でより美味しく食べるのなら、昆布締めがおすすめ。昆布で締めることで、旨味をぎゅっと濃縮できる。本格和食店で食べるような味わいが、簡単に再現できる。作り方は、鯛の刺身を昆布で挟むだけ。日本酒で湿らせたキッチンペーパーで昆布の表面を拭くと、より洗練された味わいになる。

鯛めし

豪華見えするうえ、鯛の味わいを余すことなく堪能できる鯛めしも、家庭向きの鯛料理のひとつだ。作り方もいたって簡単。小ぶりの鯛であれば丸のままでもいいが、処理のことを考えると、切り身を使う方が簡単。洗った米に酒と水を等量ずつ加え、塩、昆布をのせて浸水させる。鯛の切り身は表面の水気を拭き、魚焼きグリルを強火にして表面だけ焼き色をつける。あとは米の上に乗せて、普通に炊き上げるだけ。鯛は皮を取り、ほぐしてご飯と混ぜる。生姜、紫蘇、みつばなどの薬味をたっぷりと混ぜ込むと、また違った味わいに。お茶漬けやおにぎりにしても絶品だ。

3. 洋食・中華に変身!鯛のアレンジレシピ

鯛の洋食レシピ

洋食にアレンジするのなら、まずはポワレがおすすめ。フランス料理の一種で、カリッとした表面と柔らかな中身とのコントラストが、美味しさの決め手である。水気を拭いた鯛に塩胡椒をふり、薄く小麦粉をまぶして、バターでこんがりと焼き上げよう。途中でバターを表面にかけながら焼くとよい。仕上げはレモンを添えて。鯛はトマトとの相性もよいので、貝類を合わせたブイヤベースにしても旨い。

鯛の中華レシピ

中華料理では、魚を蒸しあげて、タレをまわしかけて食べる方法がある。これは鯛にぴったりのレシピだ。作り方は簡単だが、プレゼンテーション次第でとても華やかな料理になるので、人を招く際にも活躍してくれる。鯛の切り身を蒸し器で蒸しあげ、仕上げに白髪ねぎ、生姜の千切り、好みでパクチーなどをトッピング。あとは醤油とごま油、少量の砂糖を混ぜ合わせたタレをかけるだけ。蒸したときに出る汁も一緒に盛り付けると、旨みを存分に味わうことができる。

結論

鯛はハレの日の食材と決めずに、積極的に家庭料理に取り入れてみよう。鯛は他の魚に比べてドリップも出にくく、生臭さも気になりにくいので、実はとても扱いやすい。魚料理初心者にも、おすすめできる魚と言えそうだ。パスタやエスニック料理との相性も抜群。早速、週末の献立に取り入れてみては?

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ