このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豚肉の角煮の味付けはこれ!作り方からアレンジ方法を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月27日

煮込むことでジューシーさと、柔らかさが増す豚肉の角煮。しかし、味付けや煮込む時間のタイミングなどで仕上がりの味が大きく変化する一品だ。今回は、難しいと思われがちな豚肉の角煮の味付け方法、煮込むタイミング、アレンジレシピにいたるまで、豚肉の角煮のすべてを紹介していく。

1. 豚肉の角煮以外にも存在する角煮の種類!牛肉と魚の角煮

みなさんは豚肉以外の角煮を食べたことがあるだろうか。じつは豚肉以外にも牛肉や魚を使用した角煮が存在する。ここでは牛肉と魚を使用した角煮について紹介していく。

牛肉の角煮

牛肉の角煮はその名の通り、豚肉ではなく牛肉を使用した角煮だ。豚肉とは一風変わった旨みを秘めており、少しかたいイメージのある牛肉も箸で容易に裂けるほど柔らかくなる。ごはんが止まらなくなる、少し高級感すら感じる一品だ。作り方も基本的に豚肉の角煮と一緒なため、ぜひ一度挑戦してみてほしい。

魚を使用した角煮

魚を使用した角煮には、カツオやマグロなどが使用される。肉のイメージのある角煮だが、魚を角煮にしても変わらず絶品だ。噛みしめるごとに魚介の旨みと、醤油ベースのタレが口の中で広がる。こちらも基本的には豚肉の角煮と作り方が一緒である。魚介と醤油の旨みを堪能してほしい。

2. 豚肉の角煮の簡単な作り方と美味しい味付け

難易度が高いと思われがちな豚肉の角煮ではあるが、作り方はさほど難しくない。ここでは、豚肉の角煮の作り方と味付けについて紹介していく。

下準備

豚肉の角煮を作るにあたり、まずは、豚肉を適切なサイズに切り分ける。その後、豚肉のくさみを取り除くため、米のとぎ汁を使用し煮込んでいく。このとき、なるべく濃いとぎ汁を使用するのがポイントだ。濃いとぎ汁を使用することでくさみを完全に除去することができ、タレの味も染み込みやすくなるのだ。これと併用して茹で卵を作っておこう。

豚肉の下茹で

米のとぎ汁を使用し豚肉を煮込んでいく。普通に30分、落しぶた蓋を使用し30分を 3セット繰り返し3時間じっくり待つ。煮込む時間をしっかりとることで柔らかい豚肉に仕上がる。煮込む際に、水分量を少し多めに入れておくことがポイントだ。水分が蒸発していき、水分量が少なくなった際、追加で水分を入れると鍋の温度が低下してしまい、煮込む時間が長くなってしまう。それを防ぐためにも最初の段階で鍋いっぱいにとぎ汁を入れておこう。

豚肉の角煮の味付け

豚肉は茹であがったところで、豚肉の角煮の味付けをしていく。煮込んだ豚肉を冷水で表面を軽く洗い流しておく。新たな鍋に、水・醤油・砂糖 ・酒を入れ、豚肉の角煮のタレを作っていく。そのタレの中に先ほど煮込んだ豚肉・茹で卵・生姜を入れ30分ほど煮込んでいく。その後は火を止め、アルミホイルやキッチンペーパーを上にかぶせ30分ほど放置する。夏場など室温が高い場合は、冷蔵庫に入れ30分放置しよう。鍋がある程度冷えたところで完成だ。食べるときは、再度温めて盛り付けを行おう。

3. 豚肉の角煮の味付けを行うタイミング

豚肉の角煮のキモとなる豚肉を煮込む工程は、最重要工程といっても過言ではないだろう。ここでは豚肉をとぎ汁で煮込み、味付けを行っていくタイミングについて詳しく紹介していく。

豚肉は3時間という長い時間茹でる必要があるが、それに比例して完成後の肉の柔らかさも、柔らかくなっていく。もちろん時間を管理し、煮込んでいくのもよいが、味付け工程に移る目安がある。基本的に長時間茹でることで豚肉が少しずつ縮こまっていく。この縮こまった状態が次の工程に移るタイミングといえる。

また、豚肉を煮込んでいくにつれ、肉から脂が出てくる。煮込んでいると、一定以上脂が出てこなくなるタイミングがある。そのタイミングも次の工程に移るポイントといえるだろう。時間で管理するのもよいが、豚肉の状態・脂の状態を見極め味付けの工程に移るのもよい。

4. 飽きずに食べられる豚肉の角煮のアレンジレシピ

豚肉の角煮は、いろいろなアレンジレシピに使用できる。チャーハン・丼物・サンドイッチ・炊き込みごはんなど、レパートリーは豊富だ。今回はそんな中でも、豚肉の角煮を使用した肉じゃがを紹介していく。

肉じゃがの味付けには豚肉の角煮のたれを使用する。まず、豚肉の角煮の表面に浮いているラードを可能な限り取り除いていく。そのタレの中に、豚肉の角煮の豚肉と茹で卵、適切なサイズに切り分けたじゃがいも、いんげん・好みで人参や玉ねぎなどを入れ煮込む。

普通の鍋で煮込むのもよいが、圧力鍋を使用するとより早く作りあげることができる。数10分ほどごとに、じゃがいもの柔らかさを確認する。じゃがいもなどのかたい野菜が、柔らかくなったところで完成だ。

豚肉の角煮をタレまでそのまま使用し、野菜を入れ煮込むだけで簡単に作ることができる一品。肉と野菜を同時に摂取することができ、栄養も満点だ。豚肉の角煮が余ってしまった場合などに、ぜひ実践してみてほしい。

結論

少し煮込む時間は必要だが、味付けなどのポイントを押さえることで誰でも絶品な豚肉の角煮を作りあげることができる。少し手の込んだ料理なだけあって、食べごたえも満点だろう。適切に保存を行うことで、作り置きも可能なので、時間があるときなどに挑戦してほしい一品といえる。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ