このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

チーズタッカルビとは?辛い、旨いチーズタッカルビの作り方に迫る!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月27日

肉と野菜、そしてコチュジャンをからめて炒めるチーズタッカルビ。韓国料理のひとつで、鉄鍋を使うメニューとして若者から年配者まで、幅広い層から人気だ。そんな辛い・旨いチーズタッカルビとはどのように作るのだろうか。今回は、チーズタッカルビの気になる調理方法をチェックしていこう。

1. チーズタッカルビの基本の作り方とは?

基本の作り方の前に、チーズタッカルビとは何かを説明しよう。タッカルビは、タッ(鶏)とカルビ(あばら骨)を組み合わせた韓国語。意味は「骨のまわりにある肉を使った鶏料理」だ。そのため、チーズタッカルビには鶏肉が使用される。基本の作り方では、チーズと鶏肉は外せない。

本場韓国では骨つきの鶏肉を使用するが、自宅で作るときは鶏もも肉で簡単に作っていこう。まずは鶏肉を下ごしらえ。一口大にカットして、キャベツ・玉ねぎ・にんじんを切っていく。チーズタッカルビのピリ辛感の元となるのは、コチュジャンだ。コチュジャンに醤油・みりん・砂糖を混ぜてタレを作る。鶏肉とタレをボウルの中へ入れ、10分ほど漬け込もう。

これで鶏肉と野菜の下ごしらえは完了だ。ホットプレートを160~170℃に温めて、ごま油を引いて野菜を炒める。しんなりしたらタレに漬け込んだ鶏肉をプレートに入れて、ふたをする。蒸し焼きにして具材に火が通ったら中央を空けてチーズを投入。弱火にして、チーズをとかせばできあがりだ。

この基本の作り方は一例であるため、野菜やチーズの種類は自由に調節し、自分好みのチーズタッカルビを目指してほしい。ピーマンや白菜キムチを混ぜても美味しく仕上がる。

2. チーズタッカルビの素を使って手軽に!

基本の作り方で紹介した以外にも、チーズタッカルビの素を使って作るやり方もある。この方法だと、コチュジャンや醤油などの調味料が要らずに簡単にできるため、チーズタッカルビ初心者にはありがたい。味付けで失敗しないというのも、うれしいポイントだ。

チーズタッカルビの素は輸入食品を取り扱うお店に置いてあることが多い。国内メーカーからも販売されているため、ぜひ最寄りのスーパーマーケットやショッピングスポットで見つけてみよう。なかには韓国料理には欠かせない「トッポギ入り」のものや子どもと食べるにはありがたい「辛さ控えめ」のものもある。

作り方は先ほどの基本の作り方とさほど変わらない。鶏肉にコチュジャンタレを漬け込む前に、ホットプレートやフライパンで具材に火を通していく。火が通った具材にチーズタッカルビの素を加えてからめ、炒めたらできあがりだ。チーズが付属しているものもあれば、別途用意が必要なものもある。忘れずに用意して、チーズをとろりととかしていただこう。

3. チーズタッカルビをアレンジして楽しもう

さて、チーズタッカルビを楽しんだあとに悩むのが「シメはどうする?」「残ったチーズタッカルビの活用方法とは?」という点。ここでは、チーズタッカルビのアレンジアイデアを紹介しよう。

シメはコレ。チーズタッカルビ焼うどん

ホットプレートやフライパン。チーズタッカルビのあとには、出汁やタレの旨みがしっかりと残っている。この美味しい部分を利用して、焼うどんにアレンジ。作り方は茹でたうどんと取り分けておいたタレをからめて、火を通したら完成。具材は少しだけ残しておき、うどんと一緒に炒めよう。仕上げに小口切りにした万能ねぎや、白ごまをトッピング。大人も子どもも楽しめる美味しい焼うどんに仕上がるはずだ。ぜひ、試してほしい。

余ったものを使って...チーズタッカルビ風スープ

具材が余ってしまったら、チーズと一緒に残しておいてスープを作ろう。鶏ガラスープの素をお湯でとき、スープができたらチーズタッカルビの残りの具材を入れる。軽く煮込んでなじませたら、チーズタッカルビ風スープのできあがりだ。辛さがスープによって和らぐため、朝食にもおすすめ。チーズの深いコクを味わいながら、チーズタッカルビアレンジを楽しもう。

結論

鶏肉の旨みを存分に楽しめるチーズタッカルビ。チーズタッカルビは肉料理には珍しく、女性人気の高い韓国料理なので家族にふるまうのにぴったりだ。基本の作り方からアレンジ方法までを頭に入れておき、家族みんなでチーズタッカルビを堪能しよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ