このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

旨辛チーズタッカルビを家でも楽しむ!フライパンで作るコツは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月21日

野菜や甘辛く味付けした鶏肉を、トロトロのチーズにからめて食べるチーズタッカルビ。韓国の鉄板料理で、日本でも美味しいと話題になった人気メニューだ。そんなチーズタッカルビは特別な材料や調理器具を使用しないため、家でも簡単に作ることができる。今回は、フライパンでチーズタッカルビを作る方法や保存方法、付け合せにおすすめのメニューなどを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しいチーズタッカルビの作り方

チーズタッカルビは、本場韓国の料理店では鉄板で提供されるメニューだ。日本の大手ネット通販サイトでは、チーズタッカルビ専用の鉄板や鍋などの調理器具も販売されている。これらの要素から、読者の中には「チーズタッカルビは、お店で食べる料理」と思っている人もいるだろう。

しかし、チーズタッカルビの作り方は野菜を炒めたりチーズをとかしたりすればよいので、専用の鉄板がなくてもフライパンやホットプレートなど家庭にあるもので作ることができるのだ。

家庭にあるフライパンでの作り方は、まず熱したフライパンにごま油をひき、そこにカットして野菜を入れる。野菜をすべて入れたら、甘辛く味付けした鶏肉をのせてフタをするのだ。フライパンに野菜を入れるときは、火が通りにくい野菜から入れて、火が通りやすい野菜は上へ重ねるのがポイント。この作り方をすることで、じっくりと蒸し焼きしながら、野菜に鶏肉の旨みを加えることができるのである。野菜や鶏肉に火が通ったら、具材を左右に広げて中央に溝を作る。その溝にチーズを入れ、チーズがトロトロにとけたら完成だ。

2. チーズタッカルビを温める方法と保存方法

完成したチーズタッカルビをフライパンごと食卓に並べる場合、冷めてチーズが固まることもあるだろう。そのときは、またフライパンを火にかけて温めるとよい。しかし、チーズは火が通りやすく焦げやすいので、フライパンで温めるときは注意が必要だ。チーズタッカルビをフライパンで温め直すときはチーズを追加して弱火で調理する。トロトロにとけたら火から外すようにすると焦げを防ぐことができるので覚えておこう。

また、大きなフライパンでチーズタッカルビを調理した場合、一度に食べきることができず残ってしまうこともあるだろう。そんなときは、廃棄せず密閉できる容器に入れて保存しておくとよい。チーズタッカルビを保存するときにプラスチック製の保存容器を使用すると、コチュジャンの色が容器に付着して取れにくくなることもある。そのため、保存容器はガラス製のものを使用するか、プラスチック製のものを使用する際はラップを敷いてからチーズタッカルビを入れるようにしよう。

冷蔵庫で保存する場合は、約5日間保存可能。5日以上保存したいという人は、冷凍保存可能なポリ袋に入れて保存するとよい。保存容器に入れたチーズタッカルビを温める場合は、電子レンジを使用すると簡単に温め直すことができるので試してみてほしい。

3. チーズタッカルビの付け合せでおすすめのメニューは?

チーズタッカルビを主食にする場合、何を付け合せにすればよいのか迷う人もいるだろう。チーズタッカルビは甘辛い味付けで食べごたえもあるため、冷たい系の前菜や優しい味わいのスープ、和風のおかずなどが付け合せにおすすめだ。

冷たい系の前菜では、冷奴やごま風味のチョレギサラダなど。どちらもさらりと食べることができるメニューなので、味の濃いチーズタッカルビと相性がよい。スープはわかめスープや卵スープにすると、飽きずに食べ進めることができるだろう。和風のおかずは、出汁巻き卵や大根の煮物などにすると箸休めになる。

チーズタッカルビはお酒とも相性がよいので、付け合せは居酒屋で提供されるようなメニューを選ぶのもおすすめである。

結論

美味しいチーズタッカルビは、鉄板がなくてもフライパンがあれば簡単に作ることができる。できたてのチーズタッカルビをフライパンのまま食卓に出せば、みんなでディップしながらわいわい楽しめるだろう。さつまいもやトッポギなど好きな具材を加えて、オリジナルのチーズタッカルビをフライパンで作ってみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ