このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

すき焼きの味付は関西風?関東風?美味しさを左右するポイントとは

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月 4日

私たちに親しみがある日本料理のひとつ、すき焼き。いい牛肉をたくさん使ってお祝いの場に用いられることも少なくはない。そんなすき焼きには関西風と関東風というように、大きく分けて2種類の味付方法がある。今回は関西風と関東風の味付の違い、作り方のコツ、アレンジ方法などに注目してみた。より美味しいすき焼きを作るためにぜひ参考にしてほしい。

1. すき焼きは関西風?関東風?味付の種類に迫る!

すき焼きには、大きく分けて関西風と呼ばれるものと関東風と呼ばれる2種類の味付が存在する。2種類の特徴について確認してみよう。

関西風の味付

関西風のすき焼きは、鍋に牛肉を焼く工程から調理がスタート。さらに、砂糖やしょうゆなどを加えていく。関東風のように割りしたは使わず、野菜の水分や砂糖、しょうゆなどの調味料を使って味付をするのが特徴だ。

関東風の味付

牛肉を焼いて味付をする関西風に対して、関東風は割りしたを入れて作るのが特徴である。割りしたを素に、肉と野菜を同時に煮込むという調理法だ。

家庭によって多少の差はあるかもしれないが、関西風か関東風どちらかの味付になじみがあるだろう。それぞれに特徴のある美味しさがあるため、ぜひどちらの味付も試してみてほしい。

2. すき焼きをより美味しく食べるコツ

レシピ通りすき焼きを作っていても何か物足りない...、なぜかうまく作れない...という人は、いまから紹介するふたつのコツを試してみてほしい。これをマスターすることで、より美味しいすき焼きが作れるだろう。

日本酒で味を締めよう

味付をしたあと「何か味が物足りない」と感じてむやみやたらに砂糖やしょうゆなどの調味料を足してはいないだろうか。少しの加減を間違えると全体の仕上がりが悪くなることもあるだろう。そんなときに役立つのは日本酒だ。日本酒を少し加えることで、すき焼きの味を締めてくれる。関西風にも関東風にも合うため、ぜひ試してみてほしい。

白滝や糸こんにゃくを入れる際は注意

すき焼きで定番の具のひとつ、白滝や糸こんにゃく。じつは、これらには石炭カルシウムが含まれており、肉のたんぱく質と混ざると肉の熱凝固が早くなる可能性があるのだ。そんな症状を避けるためにも、肉の隣には白滝や糸こんにゃくを置かないように意識することが肉を美味しく食べるコツだ。

3. すき焼きの具材を入れるタイミングとは?

すき焼きの具材を入れるタイミングを意識することも仕上がりを左右するポイントだ。はじめに関西風では牛肉を焼くが、ここの段階ですべての肉を焼いてしまうとほかの具材を煮込んでいる間に、肉がかたまってしまう可能性がでてくる。そのため関西風を作るとき、肉を入れるタイミングは最初と最後にしよう。

また、関西風と関東風に共通して水分が出やすい野菜を早めに入れることで、ほかの具材が煮えるのに役立つ。豆腐や麩など味をしみ込ませたい具材は、水分が出やすい野菜と同じタイミングで入れるといいだろう。

4. すき焼きに変わり種をプラス!おすすめアレンジ

いつものすき焼きに飽きたという人は、すき焼きをアレンジしてみてはいかがだろうか。定番以外の具材をプラスすることで、いつもとはひと味違うすき焼きが楽しめるはずだ。ここでは3種類のアレンジすき焼きを紹介しよう。

鶏すき焼き

「すき焼きの肉といえば牛肉」という概念を覆す、鶏を使ったすき焼きに挑戦してみてはいかがだろうか。作り方は関西風のように鶏肉を先に鍋で焼いたあと、関東風のように割りしたを入れて残りの具材を煮ていく。関西風と関東風が融合したアレンジ調理法だ。いままでのすき焼きと違う味わいが楽しめるだろう。

海鮮すき焼き

いつものすき焼きに魚やホタテ、イカなどの海鮮をプラスした海鮮すき焼きもおすすめだ。魚は煮崩れしやすいので、煮る時間には注意しよう。すき焼きのタレにからんだ海鮮を卵にくぐらせて食べると、いままでにない美味しさが発見できるだろう。

トマトすき焼き

すき焼きにトマトをプラスしたトマトすき焼き。トマト大を2~3個加えるだけで、いつものすき焼きよりさっぱりとした酸味のある味付が楽しめる。トマト好きにはたまらないすき焼きになるだろう。

結論

すき焼きの味付は家庭によって多少差があるものだが、基本の作り方は同じだ。今回紹介した美味しく食べるコツや具材を入れるタイミングを意識するだけで、より美味しくすき焼きが食べられるかもしれない。いつものすき焼きとは違う味を楽しみたい人は、アレンジを加えてみるのもいいだろう。ぜひ、大きな鍋を大人数で囲みすき焼きを楽しんでほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ