このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

冷凍保存のチャーシューでマンネリな献立を打破しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月21日

チャーシューは、少量作っても大量に作っても、手間はそれほど変わらない。材料の豚肉が安く手に入ったときに大量に作り、食べきれない分は冷凍保存しておこう。チャーシューとしてそのまま食べるだけでなく、さまざまにメニューにアレンジすれば、飽きがくることもない。ここでは、下味いらずの青菜炒めやエスニック風煮物、子どもに大好評の串焼きアレンジを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 冷凍保存したチャーシューを青菜炒めに!

中華の炒め物に肉を使う場合、あらかじめ下味をつけることが多い。下味をつけて寝かせる時間は、野菜を切ったりテーブルセッティングをしたりと、ほかのことをしている間だけでも十分だ。それほど余分な時間が必要というわけでもないが、億劫と言えばやはり億劫なことではある。

前日のメインだったチャーシューが、少し余っているという場合はラッキーだ。チャーシュー自体にしっかり味がついているため、野菜と炒め合わせるだけで簡単に一品できてしまう。チャーシューを作ることにたっぷり時間をかけたおかげで、翌日は多少の手抜きができるのだ。料理の腕前が上がれば家事全体の効率もアップし、その分、家での休養時間も確保できるというものである。

チャーシューと炒め合わせる青菜は何でもよい。キャベツ・ニラ・レタス・ネギ・ホウレンソウなど、何と炒め合わせても、チャーシューの味わいが野菜の味を包み込んでくれることだろう。好みに応じて、あるいは冷蔵庫の野菜室と相談したうえで決めてほしい。味付けも、塩コショウやオイスターソース、ナンプラーだけでも十分美味しい。より中華風の雰囲気を出したい場合は、野菜はチンゲンサイやクウシンサイなどを選べばよいだろう。

2. 冷凍保存したチャーシューが豪快な串焼きに変身!

これは、冷凍保存しておいたチャーシューを串に刺して、焼くだけのもの。アレンジメニューとは呼べないほど簡単な料理だが、子どもからの人気はダントツなので是非紹介しておきたい。串刺しの肉に豪快にかぶりつくことは、原始のアクティブな本能を刺激するのだろうか。子どもの喜ぶ表情が見たい気持ちが大きいと、パパたちは今日もせっせと料理に精を出せるかもしれない。

串焼きにアレンジするつもりなら、チャーシューはあらかじめ串焼き用の形と大きさに切って冷凍しよう。冷凍庫の中で安全に保存できるなら、串を打った状態で冷凍してもよい。冷凍のまま焼く場合は、初めはごく弱火から始めれば、表面だけが焼け焦げ過ぎることもなく、美味しく焼き上げることができる。

チャーシューを串焼きにする場合、肉に味はついているので、バーベキューソースなどが特に必要ないのも有難い。ソースを派手にこぼされたりすると後始末が大変になるが、チャーシューの串焼きならその点は安心である。串に打つという作業を面倒がる方がいるが、子どもが喜ぶなら多少の手間はいとわず、時にはサービスしてやろう。

3. 冷凍保存のチャーシューをエスニック風にアレンジ

保存したチャーシューのアレンジレシピとして最後に紹介するのは、チャーシューのエスニック風煮込みだ。ココナッツミルクを使った、タイ風のグリーンカレーをイメージしながら作ってみてほしい。この料理には鶏肉を使ったレシピが多いが、ココナッツミルクは豚肉ともよく合う。フィリピン料理やベトナム料理には、豚肉とココナッツミルクを組み合わせたメニューが多くある。

煮込み料理にチャーシューを使うメリットの1つは、調理時間を短縮しても味がしっかりとすることだ。肉と野菜を一緒に煮込むと肉の旨みがスープに溶け、スープを吸った野菜は肉の旨みもあわせ持つことになる。煮込み時間を短縮してしまうと肉と野菜の味がまとまらないということがあるが、チャーシューには味がついているため、生の肉を使った時短煮込みよりは、ずっと美味しくなる。野菜の味がやや淡白に仕上がっても、チャーシューと一緒に食べることで補えるだろう。

平日の夕食に煮込み料理を出すことは時間的に難しいが、冷凍保存のチャーシューを上手に利用すれば、チャーシュー丼やチャーシュー麺とはひと味違った味付けと雰囲気で、改めて楽しむことができるだろう。

結論

せっかくチャーシューを作るなら、まとめてたくさん作って冷凍保存しよう。青菜と炒めたり、串に刺して焼いたり、エスニック料理にアレンジしたりして、さまざまに楽しめば飽きないし、味の世界も広がる。あるときは子どもを楽しませ、あるときは時短料理ができるのも、チャーシューの懐の深さである。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ