このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

具材を巻くだけ!家庭で簡単に作れるお手軽春巻きの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邊里英(わたなべりえ)

2019年5月13日

春巻きはいっけん手が込んでいて難しいと思われがちだが、実は簡単に作ることができる家庭料理である。普段の食事としてだけではなく、テーブルに華を添えてくれることからおもてなし料理として食卓に出すのもおすすめだ。ここでは基本的な春巻きの作り方と、具材のバリエーションについて紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 基本の具材はなに?オーソドックスな春巻きの食材の選び方

巷では春巻きをアレンジしたものが溢れており、実は基本的な春巻き自体をよく知らないという人もいるだろう。いろいろな具材を使ってのアレンジが幅広く楽しめるが、まずは基本的な春巻きに使う食材についてを抑えておこう。

基本的な春巻きに使う材料は、春巻きの皮や春雨、豚肉、たけのこ、ニラ、干ししいたけだ。そして、それに使う調味料と言えば、醤油やみりん、オイスターソース、酒、鶏がらスープの素、ごま油、片栗粉である。
レシピによって多少違いは出るが、豚肉やたけのこ、しいたけ、オイスターソース、ごま油、鶏がらスープの素を使えば、本格的な春巻きの味に近づけることができるだろう。

この基本的な具材以外に、エビチリ春巻きやポテト春巻き、ささみチーズを包んでも美味しいのでおすすめだ。春巻きに限らずだが、絶対にこれを使用しないといけない、というものはないので、冷蔵庫にあるものから好みの食材を選んで皮に巻けば、それだけで立派な一品の完成だ。

2. 春巻きに必要な下ごしらえとは?

基本の春巻きを作るとき、食材や調味料の数が多くて難しいし手間がかかる、と感じるかもしれない。しかし、ざっくりと手順をまとめると具材を炒めて餡でとじ、春巻きの皮に包んで油で揚げるだけである。

野菜をカットするという工程を除けば、下ごしらえが必要な食材は春雨と干ししいたけくらいだ。ここでは、その春雨と干ししいたけの下ごしらえ方法について紹介しよう。

春雨の戻し方

春雨は沸騰した湯に入れ、菜箸などでかき混ぜながら中火で2分ほど茹でる。ザルにあげて水気を切ってから粗熱をとり、3等分くらいに切り分ける。春雨は1本の長さがかなり長いものもあり、そのままでは食べにくい。春雨の皮に巻いたときに折れ曲がらない程度の長さが理想的だ。

干し椎茸の戻し方

春巻きに使う椎茸は生のものでもよいが、干し椎茸を戻したときの汁を使うと旨味がアップするため、ぜひ干し椎茸を選んで戻し汁ごと利用しよう。
干し椎茸は軽く水洗いをしてから冷水にとり、ラップで落としぶたをして長ければ半日から1日かけて戻す。時間がかかることを念頭におき、時間に余裕を持って戻しておこう。

手間と時間をかけて丁寧に作った春巻きは格別であることに間違いないが、それほど時間をかけられないという人は手軽な方法でもよい。忙しい中でも工夫をしながら料理を楽しんでみてほしい。

3. 春巻きを上手に巻くコツはある?失敗しない巻き方とは

春巻きの皮を注視して触ってみると、裏表で手触りが異なることがわかる。なめらかな面を外側にセットして具材を乗せていこう。春巻きの皮を接着させるためには、水溶きの小麦粉を使用する。揚げているときに皮が剥がれてしまっては、せっかくの時間と努力が無駄になる。水で溶いた小麦粉は多めに使ってしっかりと接着しておくのがポイントだ。

春巻きの皮を巻く方法

  • 春巻きの皮を常温に戻す。
  • 下側の右角に具を乗せて、角をふんわりと折りこむ。
  • 上側の右角を中央に向かって折る。
  • 右下の具を包んだ角の部分を一巻きする。
  • 下側の左の角を持って、中央に向かって折っていく。
  • 端まで巻いていき、巻き終わりを水で溶いた小麦粉でしっかり止める。
春巻きは具材をギュッと詰め込まず、ふんわりと包み込むのがポイントだ。具材を詰め込みすぎると皮が破れる原因にもなるため、欲張らず控えめに乗せるようにしよう。また、具材に水分が多く含まれると皮が破ける原因となる。具材を炒め調味料を入れた後に水溶き片栗粉で餡を作り、固めることを忘れずにしよう。

結論

春巻きは見た目も華やかでハードルが高いと感じるかもしれないが、実は手軽に作れる料理である。また、アレンジの幅が広く、必ずしも基本の春巻きにこだわる必要はないだろう。具材の作り方や皮の巻き方がわからないという人は、作り方をよく読んでから春巻き作りに挑戦してみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ