このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クグロフを作るときは、カロリーを考慮して材料や配合を選ぼう!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月 1日

マリー・アントワネットの好物だったと言われる、クグロフ。ヨーロッパの地方によっては、今も休日の朝食として食べられているらしい。クグロフは私たちにとって、お菓子としてのイメージが強いが、朝食にも相応しいのか?カロリーは許容範囲内なのだろうか?また、朝食用のクグロフとおやつ用のクグロフには、何か違いがあるのだろうか?カロリー面も含めて、クグロフについて探ってみよう。

1. カロリー低めのクグロフは朝食向き?

そもそもクグロフを作る際、材料や配合に特に決まりはない。クグロフ型という型があり、この型で焼いたケーキの総称がクグロフである。日本には鯛焼き型があり、この型で焼いたものは、中身があんこであろうとカスタードクリームだろうとチョコレートクリームだろうと、また、生地が抹茶味であろうとココア味であろうとクロワッサン生地であろうと、すべて鯛焼きと呼ぶのと同じである。
であれば、クグロフにもこってりと甘いものがあってもよいし、甘さとカロリーを控えたものがあってもよいことになる。生地のフレーバーや配合も自由だし、中にフルーツなどを入れてもよい。砂糖がけやコーティングをするか否かも自由だ。よって、どれぐらいのカロリーに仕上げるかも自由である。
ヨーロッパでも、クグロフは、休日限定で朝食に出される。このことから考えると、朝食のクグロフは、普段とは違う休日らしさを楽しむためのものなのかもしれない。甘く作ったクグロフは、クリスマス・イースター・誕生日・結婚式などのお祝い用にも好まれる。もっと頻繁に食べたいという思いから朝食に取り入れられたのだろうか?いずれにしても、朝食用とするなら、できるだけ甘さもカロリーもを控えたレモンとヨーグルトのクグロフなどがふさわしいかもしれない。

2. おもてなし用に!高カロリータイプのクグロフ

次に、カロリーを気にせずクグロフの美味しさを追求してみよう。チョコレートが好きな方なら、どんなお菓子を作るにしてもチョコレートを使いたいものだ。それはクグロフも例外ではない。チョコレートを使ったクグロフの魅力は、そのしっとりとした口溶けにある。プレーンのクグロフをしっとりと仕上げられないわけではないが、チョコクグロフは、カカオマスとココアバターの働きによって、初心者でもなめらかに仕上げやすい。ゲスト用であれば、カロリーのことを気にするのではなく、失敗の少ないチョコクグロフを作るのも1つの方法だ。しかし、大きなチョコクグロフをどーんとテーブルに置いただけでは、色彩的に寂しいという気もする。そんなときは、刻んだナッツでデコレーションするとよいだろう。アーモンドやクルミなど好きなナッツを選べばよいが、写真のようにピスタチオを散らしても、美しく仕上がる。
チョコレートがあまり好きではない人や、ダイエット中のゲストに供する場合は、プレーンのクグロフを焼き、チョコレートをコーティングにするとよいだろう。コーティングなら、ホールで焼いたクグロフの半分だけに施すといった調整もできる。半分だけチョココーティングしておく心遣いがゲストに伝われば、その細やかな気配りが喜ばれることだろう。

3. キャラメルソースがけクグロフのカロリーは?

せっかく焼いたクグロフの仕上がりがポソポソしてしまって、舌ざわりがよくない...というときのお助けアイテムが、キャラメルソースだ。写真のようにキャラメルソースを添えれば、キメの粗いクグロフも、たちまちしっとりと美味しくなるのがありがたい。もちろん、焼き上がりが成功したクグロフに添えても、一段と美味しくなるだろう。
問題は、ソースをプラスした分、当然カロリーもアップすることだ。キャラメルソースの一番簡単な作り方は、市販のキャラメルと牛乳を電子レンジで溶かして、混ぜ合わせる方法である。つまり、キャラメルソースのカロリーはキャラメルのカロリーにほぼ等しい。好みによって生クリームなどを加えれば、当然のことながらカロリーはさらに上がる。
したがって、カロリーを気にする人に供する場合は、初めからキャラメルソースにクグロフを浸した状態で出すのはやめておこう。ソースはあくまでも別添えにし、好みでクグロフにかけてもらうようにしたい。大抵の人はソースをかけてしまうだろうが、こちらの責任が少しは軽くなる。美味しいものを提供して恨まれたのでは割に合わないので、カロリーが高いものを食べるのは自己責任だということは、きちんと子どもにも教えておくべきだろう。

結論

大きな型を使って焼けば、お祝いのお菓子にも、おもてなしにも、豪華なおやつにも、そしてお洒落な朝食にもなるクグロフ。あるときはカロリーを気にし、またあるときはカロリーを二の次とし、中身を変えてさまざまに楽しもう。クグロフの焼き型を1つ持っておけば、料理のバリエーションがさらに広がる。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ