このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スコーンに深みのある味わいを!旨みを最大限に引き出す食べ方!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月10日

アフタヌーンティーのおともとしてテーブルに並ぶ上品あふれるスイーツ、スコーン。日本だけではなく、世界中でアフタヌーンティーのときに食べられるスイーツとして知られている。そんなスコーンをみなさんは美味しく食べることができているだろうか?今回は、スコーンの美味しい食べ方と、ダイエット中の人におすすめの食べ方について紹介していこう。

1. スコーンはパン?スイーツ?特徴と実態

アフタヌーンティーに使用されるスイーツとして知られるスコーンではあるが、見ためや味から、パンなのかスイーツなのか、少し微妙だと感じている人も多いと思う。
もともとスコーンはスコットランド発祥のスイーツで、最初はパンを目的として作られていたそうだ。そのためスコーンという名前は、オランダ語で「良質の白パン」という意味といわれている。しかし、ジャムやクリームなどと相性がよく、紅茶の味を邪魔しない味わいから、いつからかスイーツとしてアフタヌーンティーの席に提供されるようになったそうだ。
現在ではチョコレートを混ぜたチョコスコーンや、フルーツを入れたフルーツスコーンなどさまざまなアレンジレシピが存在する。アレンジが可能で、お茶との相性がよいということから、現在もアフタヌーンティーの代表スイーツとしてテーブルに並んでいる。

2. 即実践!スコーンの美味しい食べ方

スコーンはさまざまな調味料・食材と相性がよい。そのままでも美味しく食べることができるが、ここではスコーンにひと味プラスすることで、さらに味に深みを与えるスコーンのおともと食べ方について紹介していく。

はちみつ

スコーンの甘みに、さらに奥深い甘みを加えるために使用するはちみつ。少しとろみのついた形状がスコーンにマッチし、スコーンの旨みをワンステップあげることができる。日本でも気軽に手に入れることができるので、比較的使用しやすい調味料だ。

果実ジャム

スコーンにいちごジャムを使用することは多いが、いちご以外の果実ジャムもスコーンと相性がよい。ブルーベリージャムやオレンジジャムなどはスーパーで容易に手に入れることができる。口の中でスコーンの甘みとフルーツの甘みが最高のコラボレーションを実現させてくれるだろう。

クロテッドクリーム

イギリスなどのヨーロッパで「スコーンのおともといえばこれ!」といわんばかりに有名なクロテッドクリーム。白色のクリームの形状をしており、柔らかい口当たり。スコーンの甘みと旨みを最大限に引き出してくれるクリームとして、スコーン好きを魅了しているおとものひとつだ。

3. これで大丈夫!スコーンをカロリーオフで食べる方法

スコーンは、含まれている材料の関係からどうしてもカロリーが高くなってしまう。「スコーンは好きだがカロリーが気になって食べられない」という人もいるかもしれない。ここではスコーンをカロリーオフで食べる食べ方について紹介していく。

スコーンを手作りする

市販で販売されているスコーンは、砂糖など高カロリーの元凶となる材料が多めに使用されている。家庭で手作りスコーンを作ることにより、自分好みの味・材料の分量を決めることができる。砂糖少なめの手作りスコーンを作ることで、カロリーオフでスコーンを食べることができるだろう。

クリームやジャムを使用しない

スコーンのおともといえるクリームやジャムを使用しないのもカロリーオフで食べる方法のひとつ。またスコーンは、温めて食べるのもおすすめだ。クリームやジャムを使用しなくてもよいという人は、ぜひ実践してみてほしい。

スイーツとしてではなく料理として食べる

スコーンはスイーツという枠にとどまらず、料理としてもアレンジが可能だ。ベーコンやチーズなどと一緒に加熱することで、洋風の料理へと様変わりする。間食やスイーツとして食べるのではなく、料理として食べることでカロリーを気にせず食べることができるだろう。

結論

スコーンは昔からさまざまな国で食べられているスイーツ。簡単に作ることができるので、一度家庭で作ってみてもよいだろう。生地にブルーベリーを入れてみたり、イチゴを入れてみたりすることで、新しいスコーンの味を堪能することができるのでぜひ試してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ