このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カヌレの簡単な作り方!コツをつかめば誰でもプロ級?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月20日

小さく愛らしい見た目とほのかな甘みが特徴的なカヌレは、最近人気の焼き菓子。カヌレは材料も少なく、簡単に作れるお菓子のため、スイーツ作り初心者にもおすすめだ。しかし、美味しく作るためにはいくつか注意すべきこともある。今回は、そんなカヌレの作り方とポイントを紹介していこう。

1. 美味しいカヌレを作るためのよい食材の選び方

カヌレを作るうえで、まず大切なのは食材の選び方だ。よい食材の選び方がわかれば、カヌレの美味しさもより引き出せるだろう。カヌレの食材の選び方のポイントには、次のようなものがある。

■卵は鮮度と飼育方法に注目

カヌレはもともとワインづくりで余った卵黄を有効活用するために生まれたお菓子なので、メイン食材は卵だといえる。
卵を選ぶうえでまず注意したいのは鮮度だ。卵は殻に入っているため、肉や野菜などのように自分の目で鮮度を確かめるのは難しい。そのため、基本的には賞味期限を見ることになるが、ものによっては賞味期限ではなくパック詰め日や採卵日が書かれているものもある。いつ詰められたのか、いつ採れた卵なのかがわかればより正確に鮮度を把握できるので、できればこうした表記がされているものを選ぼう。
さらによい卵を選びたいなら、パッケージやPOPに書かれている鶏の飼育方法にも注目しよう。ほとんどの鶏はケージ飼育されているが、中には平飼いや放し飼いなど自然に近い方法で飼育されているものもある。これは自然に近い方法で飼育されると鶏のストレスが少なく、美味しい卵を産むといわれているためだ。
ちなみに、赤い卵は栄養価が高い、美味しいという話もよく耳にするが、卵の色は栄養や味には影響しない。殻の色は鶏の品種によって、黄身の色は与える餌などによって変わる。

■牛乳類には6つの種類がある

普段何気なく牛乳を買っているかもしれないが、実はいくつかの種類に分かれている。一般的に牛乳と呼ばれるのは、「成分無調整牛乳」「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」の4種類。これ以外にも、「加工乳」と「乳飲料」が牛乳類に含まれている。加工乳は牛乳にバターやクリームなどの乳製品を加えたもので、特濃牛乳などはこれにあたる。とくにこだわりがなければ、成分無調整牛乳や成分調整牛乳を選ぶのが無難だ。濃い味が好みなら特濃などの加工乳をおすすめする。逆に薄い味が好み、乳脂肪分を抑えたいという場合には、低脂肪牛乳や無脂肪牛乳を選ぼう。
また、乳飲料の中には特定の栄養素を加えたものもあるので、栄養が気になるならそれらを選ぶのもおすすめだ。

2. レシピや材料によるがほとんど下ごしらえが必要ないカヌレ

カヌレの下ごしらえとしては、バニラビーンズの準備があげられる。バニラビーンズにはエッセンスになっているものやペースト状になっているものもあるが、さやつきのものを使うこともある。その場合、さやをナイフで割り、中から種を取り出す下ごしらえが必要だ。バニラビーンズのさやと取り出した種は、牛乳と一緒に鍋にいれて火にかける。こうすることで、バニラの香り付けができるのだ。
また、レシピによっては薄力粉と強力粉を混ぜて使うケースもある。その場合は、粉をふるいにかけて合わせる下ごしらえも必要となる。

3. カヌレをうまく作るためのコツは生地にあり!

カヌレはそれほど難しいお菓子ではないが、気を抜くと失敗してしまうこともある。カヌレをうまく作るためのコツはチェックしておこう。
カヌレをうまく作るコツは、冷蔵庫でしっかりと生地を休ませること。なぜなら、生地を休ませないままに焼いてしまうと、焼いているうちに型から生地がはみ出してしまうのだ。味にはそれほど影響はないともいえるが、カヌレ独特のコロンとしたかわいい見た目にはならない。この見た目も、カヌレの大きなポイントなのだ。どれだけ生地を休ませるかはレシピによっても異なるが、基本的には冷蔵庫で一晩程度となっている。また、冷蔵庫から取り出してすぐに焼いてしまうとうまく火が通らないので、常温に戻してから焼くのもコツのひとつだ。

結論

生地を寝かせる関係上、思い立ったその日のうちに食べることはできないが、カヌレは必要な下ごしらえが少なく簡単な作り方の焼き菓子だといえる。お菓子作りに不慣れな人が挑戦するのにおすすめだ。夏場でなければ、常温で数日は置いておけるので、おやつに作り置きしておくのもよいだろう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ