このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

帽子をイメージしたケーキ【シャルロット】のカロリーや糖質は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月21日

シャルロットはケーキの一種で、女性の帽子をイメージしたビジュアルに見覚えのある人も多いだろう。そんな見た目も華やかで美味しそうなシャルロットだが、ケーキである以上はカロリーが気になるところ。糖質も高いように思えるが、シャルロットのカロリーや糖質はどれほどなのだろうか。

1. ビスキュイ生地やババロアが特徴的なシャルロットはカロリーが高め!

シャルロットの大きな特徴は、ケーキの周りにビスキュイ生地を貼り付けていて、さらに中にはババロアが入っていること。これらそれぞれのカロリーをチェックしていこう。
シャルロットに必要な材料はレシピによっても異なるが、ビスキュイ生地を作るための卵・小麦粉・砂糖や、ババロアに使う生クリームはほとんどのレシピで必要となるだろう。それぞれ100gのカロリーは、卵(全卵):151kcal、卵(卵黄):387kcal、小麦粉:367kcal、砂糖(グラニュー糖):387kcal、生クリーム:430kcalとなっている。卵はビスキュイ生地では全卵を使うが、ババロアには卵黄しか使わないので両方を調べた。また、ババロアは既成品を使うこともあり、そちらは100gで218kcalとなっている。
ほかにもトッピングとしてさまざまなフルーツを使うが、ベースとなる生地やクリームだけでも非常にカロリーが高いことがわかった。すべての材料を100gずつ使うわけではなく、また一度に1ホール食べることもないとは思うが、食べる量には注意が必要だろう。

2. トッピングのフルーツによっても変わるシャルロットの栄養素

シャルロットのトッピングでよく使用されるフルーツとしては、イチゴや洋梨などがあげられる。イチゴに含まれている栄養素の中で、注目すべきはビタミンCだ。ビタミンCはシミやシワの予防に効果的だといわれているほか、免疫力を高める効果も期待できる。また、イチゴの赤色のもとになっているアントシアニンはポリフェノールの一種で、眼精疲労の軽減や視力回復に効果的だともいわれている。
一方、洋梨には、塩分の排出を促すカリウムや、体力回復効果があるといわれるアスパラギン酸など、身体にうれしい栄養素が含まれている。

3. 高カロリーなシャルロットは糖質にも要注意!

シャルロットに使われている材料を見てみると、糖質も高めであることが予想できるだろう。カロリー同様、シャルロットに使われることが多い材料の100g中の糖質を調べてみると、卵(全卵):0.3g、卵(卵黄):0.1g、小麦粉:73.3g、砂糖:100g、生クリーム:3gとなっていた。卵の糖質は無視できる程度の数値だが、小麦粉・砂糖はやはり高糖質だ。いずれの材料も使う量が多いため、必然的にシャルロットの糖質も高くなってしまう。
カロリーだけでなく、糖質という点でもシャルロットの食べすぎには要注意だ。

4. シャルロットを自分で作る際のカロリーオフする食べ方とは?

ここまででシャルロットはカロリー・糖質ともに高いことがわかった。洋菓子店で購入する場合は仕方ないにしても、自分で作るならカロリーオフする食べ方を工夫することも大切だろう。
シャルロットのカロリーオフする食べ方として、まず考えられるのはカロリーや糖質がより少ない材料を選ぶことだ。たとえば生クリームは、動物性脂肪ではなく植物性脂肪のものを使うことでカロリーが抑えられる。小麦粉をグルテンフリーの粉に変えたり、砂糖をカロリーオフのものに変えたりといった方法もある。そういったヘルシーな材料を使うことで、カロリーオフする食べ方ができるだろう。
また、カップケーキのように小さめに作るのもひとつの方法だろう。ホールケーキを切り分けるのではなく、あらかじめ1人分サイズを作ることで食べすぎを防ぎやすくなる。

結論

ケーキであることから予想はできていたが、やはりシャルロットはカロリーも糖質も高いスイーツだ。帽子をイメージした華やかな見た目にサクサクのビスキュイ生地と誘惑も多いが、食べすぎないように十分注意しなければいけない。自分で作る際にはカロリーオフする工夫についても考えてみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ