このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ブッシュドノエルを最大限に楽しむ食べ方!至福のひとときを満喫!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年3月18日

ブッシュドノエルといえば筒のような形状にクリームが豊富に使用されているのが特徴的。濃厚なクリームがやみつきになる一品だ。みなさんはブッシュドノエルを食べるときはどのように食べているだろうか?普通に食べても美味しいブッシュドノエルだが、さらにひと工夫するだけでいつも以上に満足度高く、満喫することができるのだ。今回は、ブッシュドノエルの美味しい食べ方・カロリーオフのヘルシーな食べ方について紹介していく。

1. ブッシュドノエルの特徴とは?名前に込められた意味

フランスで頻繁に食べられている伝統的なケーキ、ブッシュドノエル。直訳すると「クリスマスの丸太」となる。北米では、丸太を燃やして神に捧げるという「冬至祭」という祭りが12月24日に行われていた。その行事にちなんで命名されたのではないかといわれている。200年以上の深い歴史をもつブッシュドノエルは、一般の人々だけではなく、文献に残るほど有名な偉人たちにも愛されていたスイーツだ。

周りのクリームを変更したり、中にフルーツを入れたりと、アレンジがしやすく、家庭でも簡単に作ることができることから日本だけではなく、世界中でよく食べられるケーキのひとつ。このようにブッシュドノエルを知るだけでより味わい深く食べることができるだろう。

2. ひと工夫で豹変!ブッシュドノエルの美味しい食べ方

ブッシュドノエルは、そのままでも濃厚で味わい深いが、ひと手間加えるだけで味が豹変する。少し違ったブッシュドノエルを食べたいという人におすすめの食べ方を紹介していこう。

フレーバーティと一緒に

オレンジやシナモンなどがミックスされたフレーバーティの独特の風味は、ブッシュドノエルの旨みを最大限に引き出してくれる。濃厚クリームで満たされた口の中をフレーバーティの風味がより引き立たせてくれるのだ。フレーバーティにもいろいろと種類があるので、その日の気分・季節に合ったものをチョイスし、ブッシュドノエルと一緒に堪能してほしい。

加熱して食べる

冷やして食べるイメージのあるブッシュドノエルだが、切り分けた断面だけを少し加熱することで、ひと味違う甘みを引き出すことができる。製菓用のバーナーでスポンジ部分に少し焦げめをつけることで、風味が増す。加熱のしすぎには注意が必要だが、一度試してほしい食べ方のひとつだ。

凍らして食べる

加熱とは逆に、凍らして食べるのも美味しい食べ方のひとつだ。アイスケーキのように食べることができ、違う感覚で味を楽しむことができる。10〜20分程度冷凍庫に入れておけば、外側のクリームだけが凍りシャーベット状態でも楽しむことができる。市販のものでも、手作りのものでも容易に試すことができるので、ぜひ冷凍ブッシュドノエルを堪能してほしい。

3. 自宅で簡単!ブッシュドノエルのヘルシーな食べ方

チョコレートクリーム・生クリーム・砂糖などが豊富に使用されており、カロリーがどうしても高くなってしまうブッシュドノエル。チョコレートクリームをいちごクリームなどに変更しても多少はカロリーを抑えることができるが、大幅な削減は見込めない。そんなとき、カロリーオフでヘルシーな食べ方が水切りヨーグルトを使用したものだ。

ブッシュドノエルはチュコベースのクリームに覆われ、茶色いイメージのあるスイーツだが、白色の水切りヨーグルトをクリーム代わりに使用することで大幅なカロリーオフを実現することができる。ヨーグルトに含まれているチョコレートとはひと味違うさわやかな甘みもブッシュドノエルにとてもマッチする。気軽に試すことができるカロリーオフの食べ方なので、自宅でブッシュドノエルを作る際などに実践してみてはいかがだろうか。

結論

ブッシュドノエルは、歴史も深くいまなお世界中の人々から愛されるスイーツだ。多くの人に食べられているからこそ、アレンジレシピやさまざまな食べ方が存在する。市販で売られているブッシュドノエルも美味しいが、自宅でも簡単に作ることもできる。手作りの場合カスタードクリームを使用するなど、さらにアレンジを加えることが可能だ。ぜひ一度挑戦してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ