このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

焼き鳥弁当をじっくり堪能したい!美味しい食べ方の紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月23日

酒にも、ご飯にも合う焼き鳥。肉類の中ではヘルシーとされる焼き鳥は、子どもから大人まで、世代を超えて愛される魅力がある。今回は、そんな焼き鳥を弁当に入れることに注目しよう。手作りで、プロ顔負けの味が再現できる焼き鳥弁当の美味しい食べ方を紹介する。

1. 焼き鳥弁当のご飯は冷ましてから入れるべし

焼き鳥弁当のご飯。ホカホカで温かいご飯は食欲をそそるが、ちょっと待ってほしい。弁当にするなら、詰める際にコツが必要だ。まずは、弁当に詰める前に食材を冷ましておこう。とくに、弁当のご飯の熱は侮れない。

冷えていないうちにご飯を詰めてふたをすると、蒸気が弁当の中にこもる。ふたの裏についた水滴は、余計な水分となって焼き鳥の味をも損ねてしまうのだ。蒸気や水滴が付着することにより、弁当内で細菌が繁殖しやすい状態となる。とくに夏場に焼き鳥弁当を作るなら、細菌が繁殖しないように気をつけるべく、ご飯はまず冷ましてから、を徹底しよう。

冬場は夏よりも気温が低く、食材やご飯も冷めやすいため細菌の繁殖は比較的心配が少ない。しかし、弁当を携帯する環境によっては、細菌が好む温度下で管理することも考えられるだろう。弁当に詰める際は冷やして、食べるときは温めていただくのがおすすめだ。

2. 焼き鳥弁当に合わせるメニューとは?

焼き鳥弁当のメインはなんといっても、焼き鳥だ。そのほか、弁当に合わせるメニューにはどのようなものがあるだろうか。おすすめのおかずメニューを紹介する。

小松菜を使って、旨みたっぷり煮びたし

こちらは料理初心者でも簡単にできる副菜メニュー。小松菜と厚揚げを使用した旨みたっぷりの煮びたしを作ってみよう。小松菜を束のまま熱湯で茹で、厚揚げを湯切りしたらめんつゆで味付けする。このとき、めんつゆを使うことで失敗なく仕上がるだろう。焼き鳥との相性もよく、また、小松菜の鮮やかな緑が弁当に彩りを添える。ただし、弁当に汁気は大敵。弁当箱に詰める際は、水気をよく切ったうえでアルミカップなどに入れ、汁もれ対策を万全にしよう。

パプリカを使った、さっぱり味のピクルス

弁当を作るシーンを考えると、家族で出かける前・出勤前など、時間に制限があるだろう。忙しい家事の合間でも立派なおかずメニューを作りたいなら、常備菜としても活用できるパプリカのピクルスを試してほしい。赤・黄色のパプリカを細切りにして茹で、煮沸した瓶の中にマリネ液と一緒に入れる。ローリエも加えると風味が豊かになるだろう。唐辛子を1本加えるとピリ辛に仕上がるが、小さな子どもに作るなら唐辛子は抜いておく。彩り鮮やかなピクルスは、さっぱりとした酸味が楽しい。こってりした焼き鳥の味とも相性バツグンで、彩りのよい美味しい弁当が目指せるおかずだ。

3. 焼き鳥弁当の美味しい食べ方

焼き鳥弁当のご飯の詰め方をチェックして、合わせたい副菜メニューも網羅。最後は、焼き鳥弁当のメインである焼き鳥に注目して美味しい食べ方を探っていく。

美味しい食べ方その1:柔らかく仕上げる

焼き鳥弁当ではできたてをいただくことは叶わないため、冷めても柔らかでジューシーに作っていきたい。美味しい食べ方として紹介する方法のひとつめは、柔らかくすること。そもそも、肉が硬いと感じる原因は、加熱などによってタンパク質が変性することにある。そこで、「ハチミツ」を使って柔らかくしよう。ハチミツに含まれるブドウ糖と果糖がタンパク質にくっつき、硬くなりすぎるのを防いでくれる。下ごしらえとして表面に薄く塗り、30分程度置くだけでOKだ。また、ハチミツには浸透性があるため少量で構わない。ぬりすぎは味に影響が出るので気をつけよう。

美味しい食べ方その2:タレを持参して「追いタレ」で

タレ味の焼き鳥を弁当にするなら、焼き鳥のタレを別に持参して、食べる際に加えてみよう。このタレは追加でかける、いわゆる「追いタレ」だ。タレをかけることで、焼き鳥のできたての風味が復活するだけでなく、ご飯にもタレがしみて美味しい。このタレは弁当を温める前にかけて、ご飯とともに加熱しよう。

結論

ご飯やおかずとの相性がバツグンの焼き鳥。子どもも喜ぶメニューであるため、家族に焼き鳥弁当を作っても喜ばれることだろう。美味しく仕上がるポイントやおすすめの副菜メニューを使って、とっておきの焼き鳥弁当を目指してみてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ