このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

これで失敗しない!焼き魚をふっくらジューシーに焼くコツとは

投稿者:ライター 万代未希(まんだいみき)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月26日

焼き魚は、和食の定番といっても過言ではない。調理工程は魚を焼くだけと、一見シンプルに思われがちだが、パリッとした皮やジューシーな身に仕上げるためには、ちょっとしたコツがいる。旬の魚を焼き魚として自宅で美味しくいただくため、ここで焼き方のコツや保存方法について紹介しよう。

1. 焼き魚の焼き方:グリル編

焼き魚を作る際、グリルを使用する人も多いのではないだろうか。グリルを使った焼き魚の焼き方手順やコツについて確認しよう。
まず大切なのが焼き加減だ。焼き魚を作ったことのある人なら、皮部分が焦げてしまったり、外だけ焼けて中身が生焼けだったりした経験を持つ人もいるかもしれない。焼き魚を上手に焼くためには、強い火力を遠ざけた状態で焼くのが理想的といわれている。そうすることで、魚全体に熱が加わり、表面だけでなく中までしっかり火が通るようになる。ではグリルでその状態に近づけるにはどうすればよいのだろうか。

片面焼きグリルの場合

熱源が上部についている片面焼きグリルでは、魚をひっくり返す必要がある。まずは、魚を入れる前に5分ほど強火でグリル内を温めよう。次に火加減を弱めてから、盛りつけ時に裏となる部分を上にして焼きはじめる。美味しそうな焦げ目がついたら表側を上にしてひっくり返して焼いていく。この焼き方の順序がきれいな焼き目をつけるポイントだ。またひっくり返すのは基本1回だけ。何度もすると身崩れを起こしてしまうため注意が必要だ。火加減も強めだと焦げてしまう可能性があるため、中火~弱火ぐらいで焼くように気をつけたいところである。

両面焼きグリルの場合

両面焼きグリルは上下のバーナーで両面同時に焼き上げるため、裏返す手間や時短になるのが魅力だ。焼き方の工程としては、あらかじめ5分ほど強火でグリル内を温める点や火加減については片面焼きと同様である。大きく異なるのは、魚の向きを表側にして焼くことだ。この向きのまま美味しく焦げ目がつくまで焼き上げれば完成となる。
これらのコツさえ踏まえればふっくらジューシーな焼き魚に仕上がるだろう。また、魚が網にくっついてグリルから取り出す際に皮が剥がれてしまうこともあるかもしれない。これは、あらかじめ油を網に薄く塗ることで防ぐことができる。

2. 焼き魚の焼き方:フライパン編

焼き魚は、フライパンでも美味しく焼くことができる。フライパンを使えば、グリルを洗う手間が省け、後片づけの際の負担も軽減することができるだろう。また、グリルに比べ、煙やにおいが少なく済むのも魅力のポイントだ。フライパンを使った魚の焼き方を説明しよう。
まずフライパンで焼く際、魚のくっつき防止のため、クッキングシートやクッキングペーパーを敷くのがおすすめだ。アルミ箔でも代用できる。次に魚をのせて弱火~中火で両面をこんがり焼いていく。このとき、焼き魚から脂がにじみ出ることもあるが、こまめに拭きとることで皮をパリッと仕上げることができる。
ふたを使用する場合は、片面を焼いてからひっくり返し、ふたをして蒸し焼きにする。最後はふたを外して、両面を一気に焼き上げてこんがり焼き目をつければ完成だ。

3. 焼き魚は冷凍保存できるのか

焼き魚を作ったはいいが、余らせてしまうこともあるかもしれない。その際、冷凍保存している人も多いのではないだろうか。しかし、スーパーなどで売られている魚の中には、冷凍処理が施されたものを解凍して販売しているものも少なくない。いったん火を通してから再び冷凍保存してしまうと、鮮度や味の劣化は避けられないだろう。
そのため、焼き魚を調理する場合は、できるだけその日のうちに食べきる量にすべきである。またそれでも余ってしまったという場合はラップで包んだのち、フリーザーバッグに入れて空気に触れない状態で保存するようにしよう。空気に触れると、酸化してしまい風味や色合いが損なわれ、冷凍焼けを起こしてしまう。また、冷凍保存したものは、リゾットや雑炊、パスタなど調理方法をアレンジしてみると美味しくいただくことができるかもしれない。

結論

焼き加減や手順を見直すだけで、皮はパリッと身はふっくらジューシーな焼き魚に仕上げることができる。今回紹介したポイントに気をつけながら、自宅で美味しい焼き魚定食をいただいてみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ