このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

シンプルながら旨みたっぷり!本当に美味しいペペロンチーノの味付けとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年3月30日

にんにく&唐辛子の風味をオリーブオイルに移し、香りを楽しみながら味わうペペロンチーノ。基本の作り方はじつにシンプルだが、レシピによっては味噌を加えたり、出汁の旨みを絡ませたり、牡蠣を入れて濃厚に仕上げたり、いろいろな味付けが楽しめる。今回は、ペペロンチーノの味付けの種類や、さまざまなアレンジ料理について紹介しよう。

1. ペペロンチーノの味付けの種類

みじん切りにしたにんにくや輪切りにした唐辛子をオリーブオイルで炒めて、茹でたスパゲッティを絡ませたペペロンチーノ。基本のレシピは材料が少ないので、簡単に作れるのが嬉しいポイントだ。しかしシンプルな味だからこそ、毎回のように同じ味付けでは飽きてしまうという人もいるだろう。

では飽きずにペペロンチーノを味わうにはどうすればいいのだろう。それは味付けに変化をもたらせることだ。たとえば、しょうゆをプラスして和風味にしたり、オリーブの実やアンチョビを加えてワインに合うようにしたり、カブの葉を加えて香りを引き立たせたり。

ちなみに唐辛子の代わりに柚子こしょうを使うと和風味に仕上がる。また、いかの塩辛を加えて炒めるとコクが出て味のまとまりがよくなるという。さらに、ししとうを使用するとさわやかな辛味が味を引き締めて、より美味しく仕上がるのだ。

2. ペペロンチーノ味をスパゲッティ以外で楽しむ

パスタの王道といっても過言ではないペペロンチーノ。ちなみに別名、スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノと呼ばれており、アーリオはにんにくでオーリオはオイル、ペペロンチーノは赤唐辛子の意味である。味付け方法はいろいろあると先述したが、ここではスパゲッティ以外のアレンジレシピを紹介しよう。

ひとつめはブロッコリーのペペロンチーノ風だ。材料はブロッコリー・にんにく・赤唐辛子・塩・オリーブオイル・黒こしょう。まずブロッコリーを食べやすい大きさにカットし塩を入れた熱湯で茹で、ザルにあげて水気をきっておく。

赤唐辛子は種を取り、にんにくは薄切りに切っておこう。次にフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火にかける。にんにくがキツネ色になるまでじっくりと炒めたら赤唐辛子、ブロッコリーの順で加えてさらに炒め最後に塩と黒こしょうで味を調えたら完成だ。

3. ペペロンチーノのアレンジレシピを作るポイント

ペペロンチーノのアレンジレシピを作るポイントは何なのだろうか。ペペロンチーノといえば、欠かせないのがにんにくだ。にんにくはすりおろして使用すると細胞が壊されるため、有効成分が多く生まれるという。にんにくパワーをしっかり摂りたい人は、薄切りではなくすりおろして使用するとよい。ただし、すりおろしてからしばらくそのままにしておくと変色しやすいため、使用する直前におろすことが大切だ。

また先述したアレンジレシピのブロッコリーのペペロンチーノ風の場合、お子さんが食べるなら赤唐辛子を抜いたほうがいいだろう。そのときは大人の分だけあとからラー油を加えるという楽しみ方もある。

結論

ペペロンチーノの味付けやアレンジレシピを紹介したが、理解を深めてもらえただろうか。定番はもちろん、ベーコン・たけのこ・カブ・ごぼう・ブロッコリー・きのこ・エビなど、さまざまな食材をプラスすれば、飽きずに楽しめる。冷蔵庫の残りものを片付けたいときにもおすすめのペペロンチーノ。ぜひ、いろいろな食材を使用し、味付けを工夫したりアレンジしたりして美味しく味わってほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ