このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

段違いの美味しさを自宅でも!手作り焼売の作り方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年3月31日

焼売は市販品を買って食べるものと思っている人もいるかもしれない。焼売を作るのは難しいというイメージが強いが、家庭で餃子を作ることができるのであれば、それほどハードルは高くない。添加物や無駄な調味料が一切入っていない、ボリューム満点の絶品焼売をぜひ一度作ってみてほしい。

1. 手作り焼売に必要な食材の選び方

焼売を作るために必要な食材はいたってシンプルである。
  • 焼売の皮
  • 豚ひき肉
  • 玉ねぎ
  • 調味料
基本的にはこれだけで肉焼売を作ることができる。より豪華にしたい場合は、コーンやきのこ、キャベツといった食材を好みで肉だねに混ぜるとよい。アレンジがしやすいという点も焼売のメリットである。
せっかく焼売を作るのなら食べごたえのある大きいサイズの焼売を作りたいという人もいるかもしれないが、一般的なスーパーでは、大きいサイズの焼売というのはあまり見かけない。焼売の皮は、薄力粉、強力粉、ぬるま湯、塩があれば作ることができるので、皮から作って本格的な焼売にチャレンジしてみるのもよいだろう。

余った焼売の皮は、肉や野菜に巻いて揚げたり、スープに入れてワンタンにしたりと活用の幅が広い。一度作っておけばいざというときに大変便利なものなのでストックしてみてはいかがだろうか。

2. 焼売を作るときに必要な調味料と下ごしらえとは

焼売を食べるときには醤油や酢をかけるが、肉だねの味付けも必要だ。直接肉に味を付けておけば、美味しさが増すだけではなくタレを付けずに味わうこともできるため、減塩にも繋がる。

豚ひき肉に加える調味料は、片栗粉、醤油、酒、ごま油、砂糖、塩が基本である。レシピによって量に差があるが、砂糖は旨みを引き出してコクを加えるため、このなかでもとくに重要だ。

片栗粉は、焼売独特の肉のねっとり感を出すのに不可欠な食材である。片栗粉を使わずに作ると、肉がパサパサしてしまい食べにくさを感じるだろう。

焼売の下ごしらえは、玉ねぎを切る程度のものである。玉ねぎはみじん切りにするが、これは焼売をふんわりと仕上げるためである。できるだけ細かく切るのが望ましいが、難しければフードプロセッサーなどを使うとよいだろう。

また、生姜を加えても美味しく食べられる。生姜を入れることでシャキシャキとした歯ごたえが増し、独特の風味がクセになるだろう。子どもと一緒に食べるときは生姜を抜いたほうがよいが、晩酌のおともにするなら必須の食材かもしれない。

3. 蒸し器がなくても大丈夫!フライパンで焼売を蒸すコツ

焼売といえば蒸すのが基本だが、蒸し器を持っていない家庭もあるだろう。だからといってわざわざ購入する必要はない。ここではフライパンを使って焼売を蒸す方法も紹介していく。

■蒸し器を使う場合

蒸し器を使う場合は、焼売の皮が底にくっついて剥がれないように、下にキャベツやレタスを敷いたり、クッキングペーパーを敷いたりする方法がある。もし準備ができない場合は油を薄く敷くだけでもよいので、可能なもので対応しよう。

焼売を並べるときには、皮同士がくっつかないように並べる必要がある。焼売の皮が破れると中身が見えてしまい見ためにもきれいとはいえない。皮が破れるというのは絶対に避けたいトラブルなので、少しくらい手間をかけても、小分けにして蒸すように心がけよう。

■フライパンを使う場合

フライパンを使って焼売を蒸す場合は、蒸し器を使うときと同様に、下に野菜を敷いてその上に焼売を並べる。焼売の半分以下の位置まで水を注ぎ、ふたをして加熱する。

その後、火を止めて肉だねに火が通っているかどうかを確認して皿に取り出す。蓋を取って水を蒸発させることもできるが、必ずしも水がなくならなくても肉に火が通っていれば大丈夫である。加熱しすぎると食品の水分も失われてしまうので、火を通しすぎない絶妙なポイントを見極めることが美味しく仕上げるコツである。

結論

焼売は餃子に比べてハードルが高いと感じる人もいるかもしれない。しかしそれはただ慣れていないだけであり、一歩踏み出せばその美味しさにやみつきになってしまうこと間違いない。皮同士をくっつけない、加熱しすぎないというポイントに気をつけて、絶品手作り焼売にチャレンジしてみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ