このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

普段はできないレシピにもチャレンジ!10連休に作るべき大物料理

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年4月26日

今年のゴールデンウィークは、なんと最大で10連休!こんなに長い休みは、早々訪れるものではない。旅行やレジャーの予定を立てている人も多いことであろう。もし、自宅でゆっくりする日があれば、忙しい毎日では絶対に挑戦できないような大物料理にトライしてみてほしい。今回は、オリひとおすすめの大物料理を厳選!さぁ、あなたは何を作る?

1. 10連休にトライしたい肉の大物料理

Tボーンステーキ

大物料理といえば、やはりガツンとメインになる肉料理が思い浮かぶ。まずおすすめしたいのは、Tボーンステーキ。Tボーンとは、その名の通りTの字型の骨がついた部位だ。片側にヒレ、片側にロースがついている、ボリュームたっぷりの肉である。普通のスーパーではあまり販売されていないところも、特別感があってよい。ペッパーたっぷりのステーキに焼き上げてほしい。

角煮

時間がかかる料理と言えば、煮込み料理。特に角煮は、一度茹でこぼす必要があり、また煮込んだ後、一度冷ますことでより味がしみて旨いので、時間のある日限定のメニューだ。煮込み料理に総じて言えることだが、少し多めに作れば、翌日にアレンジすることができて便利だ。角煮ならば丼、ラーメンのトッピングなどにも使える。ぜひ、多めの分量でトライしてみてほしい。

2. 10連休にトライしたい粉物の大物料理

自家製ピザ

粉物はこねる楽しさがあり、子どもと一緒に作るのもおすすめだ。ピザは発酵時間が短めなので、粉物のなかでは比較的手軽に作ることができる。生地から手作りすると、美味しさは格別!具材もいろいろと用意して、ピザパーティーを楽しみたい。

自家製ハンバーガー

バンズからパティまで、すべて手作りのハンバーガーもイベント感があってよい。パンズは卵を入れたレシピにすると、フワフワ感が楽しめる。パティはぜひ、牛肉100%で作ってみよう。ステーキ用のヒレ肉などを自分で挽肉にすると、旨さは倍増。この場合は、レアで食べたいところだ。アボカドやチーズ、トマト、チリソースなど、トッピングにもこだわりたい。子どもが食べる場合は、小さめサイズにすると◎。

自家製餃子

餃子も皮から手作りすると、いつもとは比べ物にならない、もちもち美味しい仕上がりに。粉と水と塩を混ぜてこねるだけなので、思っているよりもずっと簡単にできる。餡も、普段とは少し趣向を変えてみるとよい。青菜と鶏肉、エビと大葉とザーサイ、ラム肉とパクチーなど、いくつか作ってみると面白い。

3. 10連休にトライしたい、そのほかの大物料理

自家製ラーメン

スープから作るラーメンも、休日限定のメニュー。スープのベースは、鶏ガラが手軽でおすすめだ。これに煮干しや昆布、かつお節などの海鮮系をミックスしてもよいだろう。麺は製麺所などから取り寄せると、さらに本格的になる。トッピングのチャーシューや煮卵も、ぜひ手作りしてみよう。

魚介のパエリア

スペイン生まれの炊き込みご飯であるパエリアは、見た目にも美しく、豪華な雰囲気が出るところがよい。異国気分を味わいたいという人にもおすすめだ。ムール貝やアサリなどの貝類やエビ類を入れると、味わい深くできあがる。サフランをしっかりと湯につけてふやかしておくと、美しい色合いに仕上がる。具材を用意していって、野外で作るのも楽しい。専用フライパンがなければ、普通の鉄のフライパンでも十分に作ることができる。

結論

休日は時間に追われることなく、ゆっくり料理ができるところも嬉しい。普段なら作ることのできない、手間や時間のかかるレシピにも挑戦しやすい。お酒を片手に作る、なんていうのも乙だ。今回のゴールデンウィークは10連休。行楽地はどこに行っても混雑間違いなし。空いた休日は、大物料理にチャレンジするのが正解だ!

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ