このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

関西では当たり前!?通好みの【蒸し寿司】とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年4月 6日

熱々の蒸し器から出される、「蒸し寿司」という料理をご存知であろうか?関東近県では見かけることが少ない料理であるが、関西、特に京都や大阪ではポピュラーなものである。ただ、寿司=生という人からすると、蒸し寿司はかなり衝撃を受ける代物かもしれない。と言うのも、蒸し寿司は温かい食べ物なのだ。今回は、そんな蒸し寿司の美味しさにスポットを当てていこう。

1. 蒸し寿司とはどんな料理?

蒸し寿司は、京都や大阪を中心とする関西地方のローカルフード。関西弁で温かいを指す「ぬくい」から、ぬく寿司と呼ばれることもあるそうだ。蓋つきの丼で供されるのが普通で、開けると温かな寿司が登場する。我々が思い描くような寿司は、京都では江戸前寿司や握り寿司と呼ばれることが多く、ただの寿司と言う場合は、蒸し寿司やバッテラ、箱寿司を指すほうが一般的だ。

蒸し寿司の正体

その名の通り、最後に蒸してから提供されるのが蒸し寿司である。内容としては、ばらちらしに近く、ご飯の上にたっぷりと錦糸卵が配され、その上にエビや絹さや、桜でんぶなどの具材が乗っているものがポピュラー。ご飯には、煮穴子や焼いたサワラなど、味のついた魚が混ざっていることが多い。トッピングのバランスは、お店によって個性が出る。

美味しさの要

蒸し寿司の美味しさは、そこはかとなく香る優しさにある。ふかふかとした錦糸卵の甘さと、温かいご飯の相性はバツグン。温かくなることで酢飯の角が取れ、ちらし寿司よりもずっとまろやかな味わいが楽しめる。今までに食べたことのない寿司体験ができること請け合いである。

2. 蒸し寿司は手作りできる?

手作りも実は簡単!?

蒸し寿司は、握り寿司よりもちらし寿司に近いので、自宅で作ることも可能だ。握る手間がなく、生の食材を多く用意せずに済むので、思い立ったらすぐに作ることもできる。店で食べる味とは少々異なるが、温かな寿司は老若男女どんな人にも喜ばれる味わいであり、いつものちらし寿司の代用としても活躍してくれそうだ。

市販品でも◎

煮穴子はなかなか手に入らないので、うなぎの蒲焼きなどを買い求めるとよいだろう。あとはこれを酢飯に混ぜて、丼に盛り付け、表面を覆うようにたっぷりと錦糸卵をトッピングするだけ。もちろん、エビや桜でんぶ、煮た椎茸などをトッピングしてもよい。あとは湯気が立ち上った蒸し器に入れるだけ。15分くらい蒸すとよい。

3. 蒸し寿司とバッテラと箱寿司

京都の寿司

京都の食文化は、独自性が高く、ほかのどの都道府県ともあまり似ていない。この寿司も然り。京都では寿司と言うと握りだけでなく、蒸し寿司、バッテラ、箱寿司とさまざまなバリエーションが存在する。仕出し文化が発展してきたこともあり、持ち運びに便利で、生の魚よりは日持ちする寿司が好まれ、さらに発展したのかもしれない。

バッテラとは

京都で冬の寿司と言えば、バッテラも有名。こちらは今や、すっかりメジャーになった感すらある。これはシメサバを酢飯の上に乗せて、箱型で押し固めたもので、大変人気が高い。作りたてよりも、数時間経ったほうが慣れて旨いところも特徴的だ。

箱寿司とは

こちらは大阪生まれの寿司で、酢飯にエビや穴子、鯛などの魚を乗せて箱型で押し固め、四角い形に整えたものである。見た目にも華やかで美しいのが特徴で、大阪寿司と呼ばれることもある。ご飯の間に昆布や椎茸、海苔などが挟んであることも多い。

結論

蒸し寿司は、京都の冬の風物詩。温かみ溢れるその味わいは、今までの寿司とはまるで違い、優しくホッとさせてくれる。一度食べると病みつきになるという人も多い。京都以外では食べられる店は少ないが、京都以南では、蒸し寿司が食べられる地域もあるようだ。手軽に作ることもできるので、ぜひ一度食べてみてほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ