このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

フライパン1つで完了!簡単に美味しいカツ丼を作る方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年4月11日

どんぶり物の中でも抜群の人気を誇っているのがカツ丼ではないだろうか?外食の際に注文する方も多いかもしれないが、自宅で手作りするカツ丼もまた乙なものである。そこで今回は、フライパンを使って、カツ丼を簡単に、しかも美味しく作る方法をいくつかご紹介しよう。

1. 自宅で揚げたトンカツで、カツ丼を簡単にフライパンで作る方法

自宅でカツ丼を作る場合、やはりトンカツを揚げることからスタートするのは、正直ハードルが高くなるかもしれない。しかし、自宅で揚げたてのトンカツを使うと、やはりその分、カツ丼をより美味しくすることが可能だ。

自宅でトンカツを揚げるというプロセスを、なるべく簡単にするためには、フライパンで揚げ焼きにするという方法がおすすめできる。揚げ焼きなら、使用する油も少量で済むし、揚げた後もささっと片付けられるので、同じフライパンで、トンカツとカツ丼の両方を作ることができる。材料と作り方の手順は以下の通りだ。

■材料(2人分)

豚肉(ロースとんかつ用)120g 2枚
玉ねぎ 1/2個
薄力粉 大さじ1
卵 1/2個
パン粉 40g
サラダ油 適量

割り下用
しょうゆ、みりん、酒 各大さじ1
砂糖 小さじ2

水 160ml
卵 2個
ごはん 400g(丼2杯分)

■作り方

1. 玉ねぎを薄切りにする。
2. 豚肉の筋を包丁で切ってから軽く叩いて柔らかくする。
3. 豚肉を薄力粉→卵→パン粉の順にくぐらせ、衣をつける。
4. フライパンの底面を覆う程度の油をしき、衣をつけた豚肉を入れ、中火で2分程度揚げ焼きにし、ひっくり返して、また2分程度揚げ焼きにする。
5. フライパンから出して、キッチンぺーパーを敷いた器に載せ、4~5切れ程度に切り分けておく
6. フライパンを洗い、水と玉ねぎを入れ、しょうゆ、みりん、酒、砂糖を加え、煮立たせる。 
7. 玉ねぎに火が通ったら、切り分けたトンカツを加え、卵をごく軽くとき、その半分を回しかけ、軽く煮立ったら残りの半分をかける。卵が半熟状になったら、すぐに火を止める。

2. 市販のトンカツでカツ丼を作る方法

市販のトンカツでカツ丼を作ると、トンカツを揚げるプロセスが省略できる分、さらに調理が簡単になる。もちろん、自宅でトンカツを作った際に、余ったトンカツでカツ丼を作る場合も同様だ。

ただし、用意したトンカツをいかにして温めるか、その温め方が、美味しく作るためのポイントになる。用意したトンカツは、アルミホイルに包みグリルで温める、あるいは、オーブントースターにアルミホイルを敷きその上に載せて温める、という方法を試してみよう。温めずにそのまま入れて煮込むという方法もあるが、より美味しくするコツとしてぜひ押さえておいていただきたい。

温めたら4~5枚に切り分けておこう。あとは、上記のカツ丼の作り方とまったく同じ要領で作れば、それで美味しいカツ丼を作ることができる。

3. 市販のトンカツとめんつゆでカツ丼を作る方法

この方法は、割り下を作るプロセスを省けるため、さらにカツ丼を簡単に作ることができる。市販されているめんつゆには、すでに、醤油やだし、みりん、砂糖などが入っている。

ただ、めんつゆを使用する場合に気を付けたいのは、めんつゆは商品によって、4倍濃縮、3倍濃縮、2倍濃縮などと水で薄める濃度が異なっている。ラベルを確認し、加える水の量を確認しよう。

また、めんつゆは、カツ丼の割り下としては、若干甘味が足りない。そのため、めんつゆを使用する場合は、砂糖を小さじ2程度加えるようにすると、美味しく作ることができる。

結論

カツ丼をフライパンで、簡単で美味しく作る方法をご紹介した。ちなみに底の浅いフライパンは、カツ丼を作るのにとても適しているようだ。これを機にぜひ自宅で、フライパンを使ったカツ丼作りにチャレンジしていただきたい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ