このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クレープシュゼットを自宅で楽しむならカロリーも調整しよう

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年4月 5日

クレープシュゼットという名前を聞くと、おしゃれなフレンチレストランのコース料理で最後を飾るというイメージを思い浮かべる人も多いかもしれない。一流のパティシエが織りなす芸術的なクレープシュゼットにも憧れるが、手作りのクレープシュゼットには手作りなりの美味しさがある。同時に、手作りすれば、カロリーについて意識することができるようになるかもしれない。というわけで、「家庭仕様」のクレープシュゼットはどうあるべきかについて探ってみることにしよう。

1. クレープシュゼットのカロリーは?

クレープとガレットの違いは?

クレープとよく間違えられるものに、ガレットというものがある。クレープとガレットの共通点は、フランス発祥で、薄く焼き上げられた生地からなるという点。それも当然で、ガレットから派生してクレープが作られたのだ。ガレットは、小麦があまり育たないブルターニュ地方の郷土食としてそば粉から作られていた。それが宮廷に取り入れられ、贅沢化・繊細化・高カロリー化したものがクレープのようだ。

クレープのカロリーは?

そば粉から作られるガレットは塩味で、卵・チーズ・野菜などを添えて供される軽食的な意味合いが強いが、クレープとなると完全にお菓子で、生地にもバター・卵・砂糖がたっぷり加えられ、より高カロリーとなった。生地だけならガレットは100g当たり約171kcal、クレープは190kcalだ。クレープでアイスクリームを巻けば100g当たりのカロリーは264kcal、バナナとホイップクリームを巻いてチョコソースをかけたものなら278kcalというようにカロリーは上がっていく。クレープシュゼットのカロリーは作り方によってかなり変わるが、アイスクリームやホイップクリームを添えなければ、それほど高くはならないだろう。

そば粉を混ぜたクレープシュゼットもおすすめ

時には目先を変えて、小麦粉のうちの何割かをそば粉に替えてクレープシュゼットを作るのもよいのではないだろうか。小麦粉とそば粉のカロリーに大差はないが、タンパク質やミネラルの含有量では、そば粉の方がやや上回っている。栄養価を比べてどちらが勝っているかという視点だけでなく、さまざまな種類の食品を摂取するべきという観点からも、たまにはそば粉を使ったクレープを作ってみるのもよいだろう。ただし、そば粉を混ぜたクレープシュゼットとオレンジの薄切りの飾りは少し合わない。そば粉の茶色っぽさと色の取り合わせはそれほどよくないからだ。

2. クレープシュゼットにはマーマレードが合う!

クレープシュゼットにマーマレードを使ってみよう

本格的なクレープシュゼットは、グランマニエやコアントローといったオレンジリキュールを使って、最後にフランベで仕上げるが、家庭で作る場合は、この仕上げを省略してよい。同様に、家庭版レシピとしては、オレンジのしぼり汁は市販のオレンジジュースに替えてもよいだろう。千切りにしたオレンジの皮が用意できなければ、瓶詰めのマーマレードが役に立つ。

マーマレードのカロリーは?

しかし、ここで気を付けるべきはマーマレードのカロリーである。トーストにバターとマーマレードをたっぷりつけるだけでも、カロリーが心配になるものだ。マーマレードのカロリーは糖度によって差があるが、100gあたりおよそ193~255kcalだ。トーストに塗る場合よりもクレープシュゼットに使う方が量は多くなりそうなので、十分気をつけよう。

3. クレープシュゼットのカロリーを抑えるにはアイスクリームはNG?

アイスクリームとホイップクリームのカロリーは?

せっかく作ったクレープシュゼットに甘みが足りないと感じる場合は、脇にアイスクリームやホイップクリームなどを添えたくなる。ホイップクリーム100g当たりのカロリーは約430kcal、高脂肪のアイスクリームなら100gあたり、約212kcalだ。低脂肪のラクトアイスなら108kcalと、さらにその半分ほどに抑えられる。クレープシュゼットにプラスしてそれらを使うときは、カロリーも考えて選ぶようにしよう。

全体の味とカロリーのバランスを考えて作ろう

初めからおもてなしのデザートとしてクレープシュゼットを用意する場合はよいとして、できあがったクレープシュゼットの甘みが不十分だからアイスクリームなどを添えるというのは、あまり感心しない。それならば、本体のクレープシュゼットを砂糖たっぷりで作り、添え物はナシという方が、全体のカロリーは抑えられる。お菓子作りには、砂糖やバターをたっぷり使う勇気と、使ったら使っただけきちんと計算し、全体のカロリーバランスを取る冷静さの両方が必要だ。

結論

クレープシュゼットを自宅で作って楽しむ場合には、甘さやカロリーのバランスをよく考えて作ろう。酸味を多く含むオレンジが主体となるお菓子なので、甘みが足りないと美味しくない。思い切って生地の砂糖の配合を多くするのか、マーマレードを利用して甘さを補うのか。または、できあがったクレープシュゼットにアイスクリームやホイップクリームを添えて甘みを出すのか。いくつかの選択肢から最適なレシピを見つけ出そう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ