このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

かりんとうは冷凍保存も可!手作りかりんとうを長く楽しもう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月19日

かりんとうは日本人に馴染み深いお菓子である。スーパーなどで購入するのが一般的ではあるが、小麦粉や砂糖を使って、他のお菓子と同様手作りすることも可能だ。ここではかりんとうの作り方や、保存方法などについて見ていきたい。

1. かりんとうの作り方と正しい保存方法

かりんとうは店で買うものと思っている人も多いが、家で手作りすることもできるお菓子だ。クッキーやケーキを作るときのように、休みの日に子供と一緒にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

かりんとう作りに必要な材料は、薄力粉、グラニュー糖、牛乳、ベーキングパウダーである。全ての材料を手でまとめて、生地を休ませたあと麺棒で伸ばして切り分ける。それを180度の油で揚げたあと、黒砂糖を溶かして作ったアメを絡めて完成だ。

生地を作って伸ばすという作業はクッキー作りに通ずるものがある。バターや油は生地に使ってはいないが、油で揚げて甘いアメで絡めるというところからもかりんとうは高カロリーなお菓子ということが推測できるだろう。

かりんとうの生地は、冷蔵庫で2日ほど保管できる。少しずつ揚げたてを食べたいというときは、生地を小分けにして冷蔵しておくと便利だろう。また、作ったかりんとうは冷めてから保存容器に入れて2週間ほど保存が可能だ。添加物が入っていなくても日持ちがするので、一度作っておけば長く楽しめる。家庭にある簡単な材料で作れるので、子供のおやつにも重宝するだろう。

2. かりんとうを長持ちさせる?冷蔵保存の効果

かりんとうを含め、お菓子全般は封を開けたらなるべく早く食べきるのが理想である。しかし、なかにはお菓子は少しずつ楽しみたいという人もいて、「楽しみにとっておいたのに湿気ってしまった」という失敗談もある。ここではお菓子を湿気らせずに保存する方法について紹介していきたい。

お菓子が湿気ってしまうのは、空気中の水分を吸収してしまうことが原因だ。開封したらなるべく輪ゴムやクリップで止めるというのが基本的な方法となっている。しかし、この方法でも隙間から空気が入ってしまい、完全に防げるというわけではないので注意だ。

冷蔵庫は食べ物を冷やすものと考えられがちだが、乾燥もしているので余計な水分を吸収させない。そのため、食材や料理の保存と同じように、お菓子を冷蔵庫で保管することで湿気を防ぐことが可能である。また、少し湿気ってしまったお菓子でも、冷蔵庫に入れておくことで復活させることもできるのだ。

手作りのかりんとうでもすぐに食べ切らないというときには、冷蔵庫への保管がおすすめだ。できたてのかりんとうをすぐ食べたいというときは生地を小分けにして保存しておくとよいだろう。

3. さらに長持ち!?かりんとうは冷凍保存可能なのか

冷蔵保存よりもさらに長持ちさせたいというときは、冷凍保存という方法もある。冷凍に向いているお菓子はケーキやクッキー、パイ、生クリームなどさまざまなものがあるが、チョコレートやカスタードクリームは脂肪分が分離してしまうためおすすめではない。

かりんとうは冷凍保存が可能ではあるが、もともと水分が少ないものなのでそれほど腐りやすいものではない。常温でも2週間以上の保存が可能なので、それ以上先まで時間をかけて食べたいという場合は試してみてもよいだろう。

かりんとうは長期保存のために冷凍するというよりも、冷たさやザクッとした食感が好きだからという理由で冷凍する人もいるようだ。ただし、かりんとうは油で揚げているため、長期の保存で油焼けをしたり、匂い移りをしてしまう可能性がある。冷凍保存といっても安心しすぎず、なるべく1ヶ月以内には食べきった方がよいだろう。

結論

手作りのかりんとうは、できたてで食べるのがおすすめだ。しかし、生地をそのまま保存することができたり、作ってから常温での保存期間が長かったりとちょっとずつ楽しむこともできるというメリットもある。冷蔵保存や冷凍保存を上手に活用して、おいしいかりんとうを長く楽しもう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ