このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無理なく作り置きおかずに挑戦!メリットやデメリットも確認しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年4月30日

平日は仕事で忙しいという人にとって、作り置きおかずは便利なもの。まとめて作るということから手間がかかるようにも思えるかもしれないが、作り置きおかずにはいくつか種類があり、それぞれでどのレベルまで調理を進めるのかが異なる。自分に合った方法を選ぶことで、無理なく作り置きおかずが作れるだろう。そこでこの記事では、作り置きおかずのメリット・デメリットにもふれながら、その調理法について紹介しよう。

1. 知っておきたい作り置きおかずのメリットとデメリット

作り置きおかずは便利なものだが、いくつか注意すべきポイントもある。挑戦する前に確認しておくことで、自分に向いているかをある程度把握できるだろう。

■作り置きおかずのメリット

作り置きおかずのメリットとして最も大きいのは、やはり日々の料理の手間を省けるということだろう。平日忙しい人にとって、毎日料理をするのは少なくない負担だ。休日にまとめて調理しておくことで、そうした日々の負担を軽減できるだろう。
また、あらかじめメニューを決めてから買い物をするため、計画的に購入できるというのもメリットのひとつだ。まとめて購入することで食材を余らせる心配がなく、結果的に食費を抑えられることにもつながるだろう。費用面では、まとめて調理することから光熱費の節約になることも考えられる。

■作り置きおかずのデメリット

一方で、作り置きおかずは保存期間が気になる。作り置きおかずは基本的に、冷蔵で2~3日、冷凍で2~3週間程度が保存の目安だ。場合によってはこれ以上に長持ちすることもあるが、日が経てば劣化していくことは間違いない。そうした品質の低下は、作り置きおかずの気になるポイントだろう。
また、休日にまとまった時間が必要になることをデメリットに感じることはあるだろう。家族の人数によっても変わるが、1週間分の作り置きおかずを作るのはなかなか時間がかかる。1日を潰すことはないと思うが、時間の使い方はある程度制限されるだろう。

2. 作り置きおかずの2つの調理法

作り置きおかずは文字通り調理して保存しておくものだが、その調理の度合いによって大きく2種類に分けられる。事前の仕込みの手間と食べる直前の手間のバランスが異なるほか、料理によって向き不向きもあるため、どちらの方法を選ぶのかはよく考えよう。

■最もオーソドックスな完成品の作り置き

最もオーソドックスなのは、完成した料理を冷蔵ないし冷凍で保存しておく作り置きだ。料理によって冷蔵が向いているものと、冷凍が向いているものがある。すぐに食べられる状態で保存しておけるため、平日の料理の手間を大きく省くことができるだろう。
さまざまな料理があるが、「きんぴら」や「にんじんしりしり」といった副菜は簡単に1品加えることができるため人気が高い。

■下準備を済ませてから冷凍する作り置き

完成品を保存するのではなく、一歩手前で保存しておく方法もある。たとえばハンバーグやつくねといった料理は、タネを1人分に整形してあとは焼くだけの状態で冷凍することで、料理の美味しさと手軽さを両立することができるだろう。豚の生姜焼きなどは、タレに漬けてから冷凍することであとは焼くだけの状態にできる。
とくにメインとなる焼き物・揚げ物のおかずには、この方法が便利だろう。

3. 「切るだけ」の作り置きおかずもおすすめ!

「作り置きおかずを用意しておきたいけど休日もあまり時間がとれない......」という人も中にはいるだろう。そんな人におすすめなのが、切るだけの作り置きだ。たとえば野菜は切って使うことが多いが、切るだけでもそれなりに時間はかかるもの。事前に切って保存しておくだけでも、十分に手間を省くことができるのだ。小分けにして冷凍しておけば、すぐに使うことができる。
野菜の場合、野菜玉を作っておくのもおすすめの方法だ。野菜玉は、お湯やレンジで加熱した野菜をラップで丸くくるんで冷凍したもの。ある程度の大きさにカットしておけば、解凍してそのまま炒飯などの具材として使うことができる。

結論

作り置きおかずは一長一短なので、一概にどちらがよいといえるものではない。とはいえ、平日の料理の手間を軽減できるのはやはり大きなメリットだといえる。いくつかの副菜だけを作り置きしておくといった方法もあるので、自分に合った方法を考えてみよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ