このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

栄養たっぷり!シャキシャキで美味しい大根サラダの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年5月10日

多くの人に愛される大根。秋から冬にかけて旬を迎えるが、市場には1年中出回っておりいつでも食べられるありがたい食材でもある。栄養価も高いので積極的に取り入れるといいだろう。おでんの大根のように煮て食べることがポピュラーだが、生でサラダにして食べるのも手軽に作れて美味しいのでおすすめだ。美味しい大根サラダを作るために知っておきたい下ごしらえや作り方のポイントを紹介しよう。

1. 大根サラダと相性のよい食材の選び方は?

切ってドレッシングをかけるだけで手軽に作れる大根サラダだが、見ためが白だけなのも味気ない。大根サラダに合う食材の選び方は、色のある野菜を選ぶことだ。彩りを付けると見ためも華やかになり、ほかの野菜を入れることによって栄養価も上がりもっと美味しくヘルシーになる。紫玉ねぎ、トマト、コーンなどを使うと彩りが豊かになり、子どももきっと喜ぶだろう。

野菜が苦手な人にはツナ、鰹節、刻み海苔などが食べやすくておすすめだ。大根サラダはクセがないので食材の選び方は基本的に好きなものを入れて大丈夫。美味しい大根とドレッシングさえあれば食材の選び方は自由なので好きにアレンジできるのも大根サラダの強みといえよう。

2. 大根サラダの下ごしらえのポイント

大根サラダを美味しく食べるには下ごしらえも重要だ。大根の皮をむいて、繊維にそってできるだけ細めに千切りにしよう。細いほど調味料と馴染んで美味しい大根サラダになる。包丁が苦手な人はスライサーを使おう。

大根を切ったら冷水につけて5分おき、ザルで水気をしっかり切る。シャキシャキ感を増したいなら氷水につけることもおすすめだ。氷がないときには水気を切ったあとにラップをして冷蔵庫で冷やそう。

大根サラダの醍醐味といえるシャキシャキ感を出すには下ごしらえを充分にすることが重要だ。歯ごたえもしっかりとした美味しい大根サラダを作るために手間を惜しまず下ごしらえをしよう。大根は水分が出やすいので、ドレッシングをかけるのは食べる直前にすることも美味しく食べるポイントだ。

3. 美味しい大根サラダを作るコツ

美味しい大根サラダを作るには、2つのコツがある。最初のコツは大根の選び方だ。美味しい大根を見分けるコツは葉っぱが瑞々しく、放射線状に広がっているものを選ぶことだ。カットされた大根を購入する場合は切り口を見よう。水気がしっかりとあり、ハリとツヤのあるものを選ぶと甘みのある美味しい大根の可能性が高い。

大根サラダに使う部位は葉元を選ぶとよいだろう。葉に近い部分は食感も固めで甘みがあるのでシャキシャキとした食感になり、サラダに適している。逆に大根の下の部分は苦みがあるので大根おろしなどの薬味に使うとよい。

美味しい大根サラダを作るもうひとつのコツは美味しいドレッシングを選ぶことだ。もちろんレシピサイトなどを見て自分で作ってもいいが、手間なく手軽に食べるには市販のドレッシングを使おう。中にはドレッシング目当てでサラダを作る人もいるくらい、美味しいドレッシングが市場にたくさんあるので開拓してみるのもよいだろう。苦手な野菜が入っていても好みのドレッシングを使えば食べられるかもしれない。好きな具材とドレッシングを使えば最高の大根サラダが作れるだろう。

結論

大根サラダの作り方を紹介したが、料理の腕に自信がなくても下ごしらえさえちゃんとすれば誰でも美味しく作れるので料理初心者にもおすすめだ。栄養も手軽にとれるので野菜不足が気になる人は積極的取り入れたい。わざわざ食材を用意しなくても自宅にあるもので簡単に作れるのも魅力的だ。好きな具材にドレッシングを合わせれば美味しく食べられるだろう。ちなみに大根の葉の部分もビタミンAたっぷりで栄養価が高いので、捨てるにはもったいない。炒め物などに使って無駄なく食べ尽くすといいだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ